2004
Cast >>Shanice Williams (Dorothy Gale), Elijah Kelley (the Scarecrow), Ne-Yo (the Tin Man), David Alan Grier (the Cowardly Lion), Queen Latifah (the Wiz), Mary J. Blige (Evilene, the Wicked Witch of the West), Uzo Aduba (Glinda, the Good Witch of the South), Amber Riley (Addaperle, the Good Witch of the North), Stephanie Mills (Aunt Em), Common (the Bouncer) ...
Director >>Kenny Leon
Writer >>
Producer >>
Genre >>Musical
Country >>USA
Release (US) >>12 / 03 / 2015

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
“Y’all Got It!"
ドロシー(シャニース・ウィリアムス)は両親を亡くし、母の姉であるエム伯母(ステファニー・ミルズ)さんと犬のトト共にカンザスに暮らしていた。しかし故郷に帰りたくて、その思いは募るばかり。家出をしようとしていた。そこに嵐がやってくる。ドロシーが気が付くと、そこには小人たちが居た。そしてアダパール(アンバー・ライリー)が登場。ドロシーが東の悪い魔女を殺した事で、人々が解放されたと告げる。そしてアダパールはドロシーに黄色のレンガ通りを進むと、「ウィズ」に会える。ウィズならドロシーの望みをなんでも叶えてくれるだろうと話した。そして、東の魔女の靴をドロシーに与えた。「何があっても脱いではいけない」と言われる。そして黄色のレンガ道を進んでいく...

『オズの魔法使い』の黒人キャスト版『ウィズ』。ブロードウェイ版がオリジナル、そして1978年には歌手のダイアナ・ロスとマイケル・ジャクソン、そしてニプシー・ラッセルとリチャード・プライヤーというコメディアンを起用して映画化。豪華キャスティングであった。なぜか興行的に失敗したが、黒人ならば誰もが触れている作品である。今回も豪華キャスティングの路線をそのままにライブでTV放送。NBCが数年前からクリスマス前に目玉としている特別番組である。
さすがに歌に圧倒される。アンバー・ライリーの肺活量は尋常ではない。Ne-Yoやメアリー・J・ブライジなどの歌手が本業組はさすがに歌に感動させられる。長年デビット・アラン・グリアを見続けてきたが、彼があんなに歌が上手いとは知らなかった。ウゾ・アドゥバも歌える事を知らなかったので、驚きだ。そんな中、新人のシャニース・ウィリアムスが主役のドロシーを演じた。さすがに大勢の中から選ばれただけあって、迫力や魅力が半端なかった。そしてオリジナルのブロードウェイでドロシーを演じたステファニー・ミルズが、エム伯母さんを演じた。さすがにこの人の『ウィズ』の理解度は誰にも敵わない。冒頭なのが勿体ない位の表現力であった。
しかしやはりTVの限界を感じた。長い。そしてCMのせいで余計に長く感じた。CMの無いHBOとかで放送だったらなーと思ってしまった。お客が居ない中なので、ライブの必要性を感じなかったのが、一番の問題点かもしれない。

その場で見ているお客さんの反応という臨場感がなかった。しかし、これだけの豪華なキャスティングで忙しい人達にいきなりライブでミュージカルをやらせても出来ちゃうアメリカの芸能界ってやっぱり凄いわ!という感動が一番に来る。勝てないわ、これは!
(Reviewed >> 12/3/15:DVDにて鑑賞)

 100本映画
The Wiz / ウィズ (1978)』は、興行的・批評的にも失敗したなんて言われているけれど、アメリカの黒人ならば絶対に観ているであろう作品だ。なぜからマイケル・ジャクソンとダイアナ・ロスが出ているからである。劇場までは足を運ばないでも、TV放映などで見ているのだ。その証拠にブロードウェイのオリジナルは知らないけれど、映画版がオリジナルだと思っている人が多数なのだ。マイケルとダイアナが出ているが、それ以外も半端ない豪華さだった。リチャード・プライヤーがタイトルのウィズを演じた。リチャード・プライヤーはスタンダップコメディアンとして人気・実力ともにナンバーワンであった。そしてレナ・ホーン。レッド・フォックスの人気TVシリーズ『サンフォード・アンド・サン』では、レッド・フォックスが演じる主役の憧れがレナ・ホーン。何かとその番組で語られ、そして特別ゲストとして出演したことまであった。ブリキ男を演じたニプシー・ラッセルは、黒人コメディの十八番ともいえる女装コメディのオリジナル。70年代には自分のショー番組を持っていた程の人気コメディアン。そして今回は、ドロシーこそはオーディションで新人が選ばれたが、ウィズにクイーン・ラティファ、ブリキ男にNe-Yo、臆病ライオンにデビット・アラン・グリア、カカシにイライジャ・ケリー、魔女にはメアリー・J・ブライジにウゾ・アドゥバにアンバー・ライリーが配役。イライジャ・ケリー以外は説明不要の人々だ。イライジャ・ケリーは『Hairspray / ヘアスプレー (2007)』に『Red Tails / 日本未公開 (2012)』に出演していた注目を集める若手俳優。歌手としても活躍中。と、映画版と同じく豪華キャスティングなのだ。それをライブで放送!放送したNBCは毎年この時期に人気ミュージカルをライブ放送している。何年か前から。

カンザスの田舎の畑。ドロシー(シャニース・ウィリアムス)はエム伯母さん(ステファニー・ミルズ)と一緒に住んでいた。ドロシーの両親は事故で亡くなり、エム伯母さんが引き取った。しかしドロシーは故郷であるネブラスカ州オマハへの思いが強くなっており、家出しようとしていた。しかし嵐がやってくる。風が強くなってきて、ドロシーも逃げ遅れて飛ばされてしまう... 気が付くと家の残骸が散乱していた。そしてカラフルな恰好をした小人たちが回りに居た。そこにアダパール(アンバー・ライリー)が登場。彼女は北の良い魔女だと言う。彼女の話だと、ドロシーが嵐の中で東の悪い魔女を殺したので、小人たちが自由となったのだという。そのお礼は、ウィズが何でもドロシーの願いを叶えてくれる筈だと言われる。黄色のレンガ道をたどればウィズに会える、そして東の悪い魔女の靴を履いている間は魔法が続いて守られるので、絶対に脱がない事と言われ、ドロシーは黄色のレンガ道を歩き始めるが...

いや、本当にアメリカのエンタテイメント界って凄いよね。舞台経験が無くても、こんな風に出来ちゃうんだから!なんでも出来るよ、彼ら。その才能の凄さに圧倒されたわ!本業が俳優ならば歌の方が心配だし、本業が歌手ならば演技の方が心配。しかしそんな心配はご無用。無駄な心配。みんな歌えるし演技が出来る!そして踊れる!何なんだ!彼ら!!!しかも忙しい人達なのに、凄いわー。映画でもレコーディングでも良い所を取るという編集が出来る。でも舞台は違う。しかもライブとなると緊張感が全然違う。でもそういう緊張感が(コモン以外)無いのが凄い!みんなナチュラル。私ならガチガチになるわ!凄いわー、やっぱり一線で活躍する人たちは凄いわーーーー!!という感動ね。半端無かった。ウゾ・アドゥバがあんなに歌えるとは知らなかったよ!アンバー・ライリーの肺活量と声量は、あれどうなっているの??私たちと同じ人間なの??

でもやっぱり歌うシーンになると、歌手はやっぱり圧倒しますね。メアリー・J・ブライジ姉さんは迫力あった。悪い魔女役が最高でしたね。良い役をやらされる事が多いけれど、実は姉さんは悪役の方がハマるのかも!という新境地を開拓したよね。もっと見たかったわー。スピンオフしても良いくらい。Ne-Yoもソロがやっぱり素晴らしかった。大好きなBlackfilm.comのウィルソンさんが、その時に「どこかのTV局でNe-Yoに1時間特別番組やらせてあげてくれないかな」と書いていたが、100回位頷いた。あとオリジナルの舞台でドロシーを演じたステファニー・ミルズは、やはりこの舞台に掛ける思いが違いますね!今回は年齢的にエム伯母さんになってましたが、この舞台の理解度が完全にみんなとはレベルが違う!冒頭で泣かすな!って位素晴らしかった。

所で、私が映画版で一番好きなのがマイケルとダイアナが歌う「Ease On Down The Road」、そしてテッド・ロスの臆病ライオン。彼の演技とパフォーマンスは本当に素晴らしく、本当に臆病で、でも本当は頼れる王者!今回は『Blankman / ブランクマン・フォーエバー (1994)』でデーモン・ウェイアンズ爺の兄ケビンであり、アザーマンを演じたデビット・アラン・グリア。『ブランクマン』でもそうだったように、デーモン爺とは名コンビの人で、『In Living Color』での2人の「Men on Film」は人気キャラクターであった。コメディ畑の人かと思われるかもだけど、実はイエール大のドラマ科卒(アンジェラ・バセットと同じ!)というインテリ俳優なのだ。しかも『ストリーマーズ』というロバート・アルトマン作品では、他の共演者ともにベニス映画祭で金獅子賞を受賞した本格派なのだ!だから、演技は出来る事はよーーーく知っていたけれど、まさか歌まで歌えるとは!!デビット・アラン・グリアは本当に驚きの人。こういう人の事を多才って言うんだろうね。今まで「多才」という言葉を軽々しく使ってきた事を後悔・反省した!テッド・ロスの時と同じく、本当に臆病で、でも本当は頼れる王者!でも、途中でDAG(グリアのファンは彼の頭文字をとってこう呼ぶ)らしく「BAM!」とか挟んできて面白かった。

けど、やっぱりお客さんの反応とか無いので、あれをライブでやる必要があったのか?は謎。やっぱりカメラとかも難しそうで、ズームアップばかりでしたね。ズームでも良い所で別のキャストの頭が邪魔になっちゃったり。舞台の醍醐味はやっぱりお客の反応とハプニング!っていうのがよーーく分かりました。これ観たら、「ああ、ジェームス・ブラウンのLive at the Apolloはやっぱり最高だったんだわ!」と思いました。観客の熱狂の反応とハプニングを上手く取り入れた「ライブ感」満載のライブアルバム。舞台はそうやって作られるもの。

 トリビア
『オズの魔法使い』がオールブラックキャストでリメイクされたあのマイケル・ジャクソンが出ていた事でも知られる名作『ウィズ』がリメイク!年末にNBCにてテレビ放映されるスペシャル番組。主役のドロシーにはオーディションで抜擢された新人シャニース・ウィリアムスが、本作にてプロデビューを飾る。舞台で評価を受けているイライジャ・ケリーが、マイケル・ジャクソンがかつて演じたかかし男を、そして歌手のニーヨがブリキ男、コメディ映画でも知られる舞台俳優デビット・アラン・グリアが臆病ライオン男、オリジナルではリチャード・プライヤーが演じていたウィズをクイーン・ラティファが演じと最強の布陣で挑む。その他、舞台版ではドロシー役で出演していたステファニー・ミルズや、歌手のメアリー・J・ブライジ、そしてエミー賞受賞のウゾ・アドゥバ等話題性十分の助演にも恵まれている。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Prologue - Orchestra
2. The Feeling We Once Had - Stephanie Mills
3. Tornado - Orchestra
4. He's the Wizard - Amber Riley, Shanice Williams
5. Soon As I Get Home - Shanice Williams
6. You Can't Win - Elijah Kelley
7. Ease on Down the Road - Shanice Williams, Elijah Kelley, David Alan Grier, Ne-Yo
8. Slide Some Oil to Me - Ne-Yo
9. Mean Ole Lion - David Alan Grier
10. Be a Lion - Shanice Williams, David Alan Grier
11. So You Wanted to See the Wizard - Queen Latifah
12. What Would I Do if I Could Feel - Shanice Williams, Elijah Kelley, David Alan Grier, Ne-Yo
13. We Got It - Shanice Williams, Elijah Kelley, David Alan Grier, Ne-Yo
14. Don't Nobody Bring Me No Bad News - Mary J. Blige
15. A Brand New Day - Shanice Williams, Elijah Kelley, David Alan Grier, Ne-Yo
16. Y'all Got It - Queen Latifah
17. Believe in Yourself - Uzo Aduba
18. Home - Shanice Williams

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt4718770/
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Wiz_Live!
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
from Amazon.com
Not Available
Not Available
Not Available
Not Availablefrom Amazon.co.jp
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2015-11-19
>> HOME