1049
Cast >>Shanon Harper (Shannon / Abu), Ernest Bastien (Friends #1), Mark Anthony Hackett (Marcus) ...
Director >>Keith Miller
Writer >>Keith Miller
Producer >>Keith Miller, Elisabeth Holm
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>3

 レビュー
"You want to leave something here in this world"
アブ(シャノン・ハーパー)はブルックリンで1人寂しく暮らしていた。車の保険会社で、事故処理のリポートを聞く仕事をしていた。オフィスにも誰よりも先に来ていた。しかし最近は体調が悪く、病院で検査した。いい仕事をしている割には、あまり裕福でなく、しかも夜にはバーの用心棒の仕事もしていた。訳があった。アブは以前に麻薬取引で捕まっていて、それで借金があったのだ。検査結果が出た。アブは肉腫の癌だったのだ。余命もあとわずかだと言われるも、誰にもそのことを言わずに淡々と日々をすごした。そしてある日、アブはNYの町を離れて、バスにて自然が溢れるパイン・ヒルへと向かったのだった...

インディペンデンス作品。インディ系のアワードを受賞。私が知ったのはスラムダンス・アワードにて。そのアワードで大賞を受賞。最初から最後まで淡々としている作品。アブはいい奴である。でも環境が悪かったんだろうなーとは思った。保険の仕事は本当に一生懸命。借金もちゃんと返そうとしている。これが借りた人がまた嫌な奴。お母さんからも借りているんだけど、お母さんもあまり母性を感じない、生きていくのに精一杯な人。まあたまにいるタイプのお母さん。なのでお母さんのシーンはイライラする。もう1人借金していた男も友達ぶりながら嫌な奴である。別の友達もアブを使うだけでイライラする。アブからは、孤独感しか感じなかった。地元に戻って友達と話すんだけど、友達みんなアブの事情は知らないからイライラした。特に50過ぎてグダグダと説教的な事を話す男は無神経過ぎた。いやみんな分からないから仕方ないんだけど。そこで思わず涙してしまうアブが可哀想過ぎた。

本当は悪い奴じゃなくてピュアな男のリデンプションソング。アブはこの世に何を残していくのだろうか?
(Reviewed >> 2/25/15:ストリーミングにて鑑賞)

 100本映画
続いてインディペンデンス映画です。日本じゃ絶対に見れないよー!っていうような作品ばかりでごめんなさい。だからこそ紹介したいというのもあります。いい映画だけが映画館で上演されている訳じゃないんです!ブロックバスター系のお金掛けた映画だけがいい映画じゃないんです!!(M-1で優勝した後の熱い芸人スピーチ風に読んでね。うふ)

夜中、いやまだ明けぬ朝?とにかくまだ暗い時間、アブ(シャノン・ハーパー)は玄関のポーチで座っていた。そこに通りかかるのが、犬を連れた白人男性。アブはその男性を引き止めた。それは俺の犬だと。ここ(ポーチ)に置いていたら、誰かに取られたんだと主張した。白人男性も犬は拾った、迷い犬だと思ったと言い返す。アブはとにかく俺の犬なんだから返せ!と言うも、白人男性はもう自分の犬として飼っているので居なくなるのは寂しい、どうにかならないか?とアブに相談する。アブは仕方なくその犬を買った250ドルを払えば納得すると話した。そして開けた朝。アブはオフィスに居た。アブが一番に着いたらしく、自分のコンピューターに電源を入れ、そして他のオフィスの電気を付けて回った。アブは保険会社に勤めており、交通事故の状況を顧客に聞く仕事をしていた。しかし最近、体調が悪かったので病院で検査した。そしてオフィスに友人が来た。昔からの仲間らしい。預かって欲しいと、レンガの大きさの物を預かった。麻薬だ。アブは以前に麻薬売買で捕まり刑務所に居たこともあったのだ。だが今は足を洗って、保険会社で真面目に働いている。借金があって、それを返すので必死だ。夜にはバーの用心棒の仕事もしている。そして検査結果が出た。アブは肉腫の癌という珍しい病気にかかっていた。余命も後わずかだと言い渡される。アブは借金を母や知り合いに返した後、バスに乗り、郊外のパイン・ヒルへ向かう...

アブ、絶対にいい奴!だって、部屋に綺麗な森のポスターを貼っているんだけど、ブルース・リーのポスターも貼っている!ブルース好きに悪い人なんて居ないでしょ!!!しかも日本刀も飾っている。そういうのが好きなんだろうねー。アブって名前だから、てっきりまたNYの移民の話なのかと思ったんだけど、本当はシャノンっていう名前らしく(ややっこしいが演じているのもシャノンだけど、役名もシャノン。スペルがnが一個多い)、ブルックリンだったかクイーンズ出身(どっちか忘れた)。今はブルックリンに住んでいるのは確か。

アブはいい奴なんだけど、他がクズばっかり。それがちょっとというか、かなりイライラしましたねー。みんないい奴系のドラマが好きなので。アブのお母さんもイライラする。でもああいうお母さんも居るもんね。しかも物々とうるさい系。子供への愛情が感じられないんだよねー。ブツを預ける友達も、そんな厄介な事を頼むなんて、自分の事しか考えてない奴。バーで絡む男は問題外!友達の振りしてお金貸していた奴も嫌な奴。友達たちと話す場面に出てくる男たちも嫌な奴。無神経な人ばかり。嗚呼、イライラする奴ばかりー!!そりゃ出て行くわ!という訳で、パイン・ヒルに向かうアブ。私にはNYの土地勘がないので、パインヒルってどこよ?と調べたら、ニュージャージー州にあるらしい。樹木が生い茂った所。

静かに淡々とアブの状況が描かれている、最近良くあるタイプのインディペンデンス映画です。スラムダンス映画祭という、サンダンスでも漏れた超インディペンデンス系の映画祭で大賞を受賞しております。と、いうことで、良い映画は沢山インディペンデンスでも眠っておりますよ!『The Retrieval / 日本未公開 (2013)』を見るといい!って、こっちじゃないんかーい!実は面白いことに両方共に白人監督。こちらはね、アブ君以外の黒人像が割りとステレオタイプ的なんですよね。そして如何にも批評家受けするような詩的リズムで撮っているのが、私には鼻についた。いや『The Retrieval』も超詩的リズムで撮られているんだけど、こちらは全然気にならないんだよねー。むしろ心地いいリズムであった。なんだろうね、この違い。でも悪い映画じゃないよ。アブのいい奴ぷりを見るのは面白かった。でも薦めるのは『The Retrieval』の方!

 トリビア
数々のインディペンデンス系の映画祭を賑わせている作品。大賞も多く受賞。

 その他

 受賞歴
* Atlanta Film Festival
2012 Won Grand Jury Award
2012 Won Narrative Feature : Keith Miller

* Nashville Film Festival
2012 Won Honorable Mention
2012 Won New Directors Competition

* Sarasota Film Festival
2012 Won Special Jury Prize
2012 Won Breakthrough Performer : Shanon Harper

* Seattle International Film Festival
2012 Won New American Cinema Award
2012 Won Grand Jury Prix : Keith Miller

* Slamdance Film Festival
2012 Won Grand Jury Prize
2012 Won Best Narrative Feature : Keith Miller
2012 Won Narrative Feature Film Competition

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt2099788/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
Not Available
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2012-09-22
>> HOME