2202
Cast >>Nick Cannon (Tracy Stokes), Roselyn Sanchez (Karen Lopez), Shawn Ashmore (Rob Donovan), Angelo Spizzirri (David Boscoe), Kelly Hu (Lisa Brooks), Cheech Marin (Captain Victor Delgado) ....
Director >>Marcos Siega
Writer >>Nick Cannon ....
Producer >>Peter Abrams, Nick Cannon ....
Genre >>Comedy
Country >>USA
Release (US) >>01 / 07 / 2005

 総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
ニック・キャノンの味

トレ(ニック・キャノン)は、LAPD(ロスアンジェルス警察)に務める刑事だが、まだ新米で一番若い。トレの家族は、3代に渡る刑事一家。所が、トレはいつもヘマばかりしてしまうのだった。所長は、トレの父の元同僚。なのでトレの面倒を見ている。トレの管轄内で、高校がターゲットになっている車盗難事件が発生した。アンダーカバーに、一番若いトレが抜擢され、トレは高校に侵入するが...

いきなり冒頭から「ビバリーヒルズ・コップ」と同じシチュエーションで始まる。主演のニック・キャノンは、エディ・マーフィが憧れだそうで、納得のシーンとなっている。キャノンの味を生かして、マーフィをコピっている。マーフィが万人に受けたように、キャノンも若手の中でも、唯一万人受けする俳優として活躍している。

けれど映画の内容からか、未だ「ニケロディオン」的子供&ティーンの物語から抜け出せていないのが残念。でも、それは逆に言えば、今の彼の魅力でもある。この物語のシチュエーションだと、キャノンか同じニケロディオン出身のキーナン・トンプソンかケリ・ミッチェル辺りしか出来ない物語だ。けれど、そろそろ大人の彼が見てみたい。ウィル・スミスが「Fresh Prince of Bel Air」を経て、ブロックバスター俳優になったように、キャノンが大人の役を演じるようになった時には、必ずブロックバスター俳優になっているに違いない筈だ。なぜなら、こんなに若くして主役を演じられる黒人俳優が、未だに少ないからだ。

誰かのコピーじゃなくって、キャノンらしい味のある大人になってもらいたいと感じた作品。
(Reviewed >> 1/19/06:DVDにて観賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
「ドラムライン」のニック・キャノンが主演と原案を担当した、アクション・コメディ作。映画に出演する前は、自分で主演も製作もしていたキャノンが、24歳の刑事に扮する。共演は、「ファイトマネー」のチーチ・マーティン、「ラッシュアワー2」のロゼリン・サンチェス、「スコーピオン・キング」のケリー・フー。
公開が去年から伸びに伸びている。2004/12→2005/1/07→2005/8/05→2005/9/02

日本では劇場公開されずにDVDにて2009年11月から発売。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0373416/
http://en.wikipedia.org/wiki/Underclassman
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=335251

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2005-09-15
>> HOME