3256
Cast >>Don Cheadle (Samir Horn), Guy Pearce (Roy Clayton), Said Taghmaoui (Omar), Jeff Daniels (Carter), Neal McDonough (Max Archer) ...
Director >>Jeffrey Nachmanoff
Writer >>Steve Martin (story), Jeffrey Nachmanoff
Producer >>Don Cheadle, Steve Martin, Chris McGurk ...
Genre >>Drama
Country >>USA
Release (US) >>08 / 27 / 2008

 総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Sweet Revenge
サミア・ホーン(ドン・チードル)は幼い頃にスーダン人の父がテロにより目の前で殺された。父の影響でモスリムとして育ち、敬虔なモスリム信者となった。成人し、イエメンでテロリスト集団に武器を売ろうとした所、アンブッシュに遭い今はイエメンの刑務所に居た。その時にアメリカのFBIに目をつけられた。刑務所ではアラブ人のオマー(サイード・タグマウイ)と出会い、彼のテロリスト組織に導かれた...

イラク戦争の中、アラブが題材となった映画が今現在数多く存在する。殆どの作品でアラブは敵と描かれる中、この映画は面白いアプローチをしている。一対一の人となった時に起こる人間関係。戦争では一対一になる事はまず無いし、甘いかもしれないがやっぱり話し合いというのが一番の良案なのかもしれないという可能性を感じさせてくれる。
今回の作品ではドン・チードル演じたサミア・ホーンという男が最後まで謎めいている。でも所々にその謎を解く鍵がある。テロリストが非暴力で戦ったマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の「命をかけて戦える何かを見つけてない人は、生きていけない」という言葉を引用したりする。最後も中々上手く驚く仕掛けもあったりして、ドキドキする。またラストのサミアの気持ちが、イラク戦争で戦ったアメリカの軍人達と似ているのも考え深い。

甘い考えなのは分かっている。でも作り手の希望や理想が見えて可能性を感じるので、主人公の行動にハラハラドキドキする。
(Reviewed >> 12/23/08:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
ドン・チードルの最新作。プロデュースも担当している。監督は「デイ・アフター・トゥモロー」の脚本家ジェフリー・ナックマノフ。

作品のアイデアは喜劇俳優のスティーブ・マーティンが「Bringing Down the House / 女神が家にやってきた (2003)」を撮影中にストーリーが浮かんだと言う。

日本では2010年12月3日よりDVD発売開始。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0988047/
http://en.wikipedia.org/wiki/Traitor_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=338080

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2008-08-07
>> HOME