2024
Cast >>Jerry Mitchell, Bennie Thompson, Lawrence Guyot, William Winter, Ralph Eubanks, Bob Moses, Rick Bowers ...
Director >>Dawn Porter
Writer >>Rick Bowers (book)
Producer >>Dawn Porter, Risa Morimoto
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>N/A 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
"Mississippi Way of Life"
1954年、公民権運動の弾みとなった「ブラウン対教育委員会裁判」。その2年後の1956年に深南部のミシシッピー州にて設立されたのが「ミシシッピー主権コミッション」。ミシシッピー州の主権を守る為という表向きだが、実際にはミシシッピーを公民権法から守る為の委員会だった。彼等は極秘で黒人スパイを使い、NAACPなどの活動を監視していたのだった...

アメリカの州で最低&貧乏ランキングみたいな物で、いつも上位になってしまうのがミシシッピー。しかし南北戦争前には、コットンの生産量で全米一、それこそ経済的にも豊かな州だった。それ故か、一時期ミシシッピーのマジョリティは黒人だったという。コットン畑での労働力のためだろう。そして時代は公民権運動時、ミシシッピーは過酷というのが一般常識だった。そんなミシシッピーでクライド・ケナードという青年がミシシッピーにある大学入学の申請をした。彼は朝鮮戦争に軍人として従事し、北部のシカゴ大学を卒業後に、故郷ミシシッピーの大学でマスターを取りたかったのだ。しかし、「ミシシッピー主権コミッション」によって、25ドルの鶏のえさを盗んだという濡れ衣で逮捕され、7年間も悪名高いミシシッピーの刑務所パーチマンに入れられた。そこで癌となり、死ぬ直後にようやく出所できたのだった。たった大学に申請しただけで... そしてしかも彼等は黒人スパイを雇う事を考える。普通黒人同士はそんな事はしないし、したがる人もいない。しかし彼等はいい所に目をつける。黒人の保守派で、NAACPを良く思わない人々もいた。彼等は積極的にNAACPの集会などに参加し、主権コミッションに情報を流していた。NAACP側も白人の人々には警戒していたが、まさか同じ黒人にスパイが居るとは思わなかったと、当時の活動家達も語っている。

短い時間ながら、核心に迫る重いドキュメンタリー。知らなかった事が、目の前に突きつけられた。とんでもない政治グループの真相を、メッキをぺりぺりと剥がしていくように明らかになっていく面白さがあった。
(Reviewed >> 2/27/14:TV放映したものをDVDに落として鑑賞)

 100本映画
2月になると(もう3月ですけど)、黒人歴史月間なのでアメリカのTV局ではそれ向けの番組が少なからず放送されます。PBSもその一つ。多分ここが一番多いかもしれない。という訳で、2月になった時に調べてメモって、DVRの予約を...と力んでいたのですが、結局録画したのは最初のこれだけ...という残念な私。とても残念。という訳で、ようやく観ました!

タイトルは「ミシシッピーのスパイ」。ミシシッピーは今でこそ「最低・最悪・貧乏・肥満」の州として、悪名高い州となってしまいましたが、南北戦争前はコットンの生産が全米一で経済的にも豊かな州だった(というのは特にこのドキュメンタリーでは触れておりませんが...、いちようミシシッピーの汚名返上しておきます)。そのコットン生産の故に、働き手の奴隷が必要で、一時期は黒人の方が人口的にも多かった時期がある程。しかしだからといって黒人に優しい州という訳ではなく、もっとも厳しい州の一つとしても知られている(もう一つはアラバマ州)。まあ南部なんてどこも同じかもしれない。働き手の黒人奴隷を搾取してナンボだった訳ですから。その扱いの厳しさは、南北戦争を経てジム・クロウ法などでも明らかになっている。しかし公民権運動時には危機感を感じていたのは確かだった。彼等は学校を人種によって分離するのは差別だという判決が下った「ブラウン対教育委員会裁判」後にその危機感を一層強めていく。ならば食い止める為に何か作ろうと言って出来たのが「ミシシッピー主権コミッション」だった。ミシシッピー州の法律を守る為という表向きだったが、実際には「○ガー達の暴走を食い止めろ!ボス(主権)はいつだって白人だ!」っていうのが本音。しかもクー・クラックス・クランみたいに同じ思想を持つ個人の集まりではなく、政府が集めた優秀人物の団体。そんな時に、ミシシッピー出身の黒人クライド・ケナードがミシシッピー南部大学(現南部ミシシッピー大学)にマスター取得の為に入学申請をする。ケナードは朝鮮戦争に従事した軍人で、その後には北部のシカゴ大学に入学し3年目の時に、義父が動けなくなったので鶏舎の世話の為にミシシッピーに戻ってきていた。知事からお金を用意され、別の州の大学に行ってくれと懇願されるケナード、しかし鶏舎の事もあるので3年も断り続け、「ブラウン対教育委員会裁判」の事もあった。ミシシッピー主権コミッション(以下MSC)は黒人大学の偉い人に、ミシシッピー南部大学への申請を取りやめるように説得させたが、ケナードは応じなかった。そこでMSCの逆鱗に触れた。MSCはケナード潰しにやっきになった。ケナードに冤罪を被せる事に成功。それがなんと25ドルの鶏の餌を盗んだという罪だった。彼はそれだけで、ミシシッピーの悪名高い刑務所パーチマン(その酷さはブルースの曲でお馴染みだ!)で7年も過ごす事になったのだった。本来ならもっと長い筈だった。ケナードは末期の癌に苛まれていたのだ。酷いでしょ?って、まだ肝心の「スパイ」が出て来てないね。

っていうのを受けて激化していく公民権運動。NAACPの事務所もミシシッピーに出来た。MSCはそのNAACPを脅威に感じていた。NAACPのミーティング等に集まる人々の写真や車のナンバーを控えたりしていたが、そのうちにそのミーティングの内容を把握していくようになる。彼等は黒人の「スパイ」を使っていたのだった!!で、当時の公民権運動の活動家達も、このドキュメンタリーの中で「まさか黒人がスパイだったとは思わなかった」と述べている。ごみ収集の作業員の白人を警戒する事はあっても、黒人を警戒する事はなかったと。黒人は他の人たちが思っている以上に黒人同士の結束は固い。今は薄れたというけど、私からしてみたらまだまだ固い。で、そうやって黒人スパイを見つけたか?ですよね。これがMSCの頭のいい所。黒人同士でも、もちろんイザコザはある。その中でも保守派の黒人は、NAACPの事に対して好意的ではなかった。何ていうか、ミシシッピーの中でも割と裕福な職業についていた黒人たちは、変わる事によって職を失うのでは?という恐怖も抱えていた。そんな人々にMSCは目をつけ、スパイする報酬としてお金も用意していたのだった。この映画では、そのスパイだと疑われている黒人男性一人がインタビューを受けていて「スパイじゃなかったよ」と話している。まあ認める事は出来ないよね。

そして1963年にはNAACPのメドガー・エバースが暗殺され、1964年には黒人に投票を呼びかけていたNAACPの3人(うち2人は白人)が無残に殺された。その3人の殺人事件では、MSCも調査している。彼等の死体は44日後に発見されたが、MSCはそれよりも随分前に遺体の放棄場所を知っていたと言われている。

と重厚なドキュメンタリー作品。でもこれ、たったの60分なんだよ。でもここまで私に書かせたよ。印象的なのが白黒の昔の映像で、ゴリラのマスクを被った人が「Separation or Death(差別か死か)」というプラカードを持ってデモしていた事。怖い。あ、ミシシッピーといえば、つい最近もあったね。「Ole Miss(古きミシシッピー)」の愛称で知られるミシシッピー大学で、まずはジェームス・メレディス(同大学の初の黒人生徒)の銅像の首に縄が掛けられ南部旗も付けられ荒らされていた。そして、大学内のホールで成績優秀でその功績が称えられいた黒人女生徒に向けて、アルコールの瓶が投げ込まれて、侮辱するNワードが浴びせられた。酷い。超酷い。上の頃とそんなに変わってないじゃないか!!

 トリビア
PBSの「インディペンデント・レンズ」で放送。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt2691786/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
from Amazon.com
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2014-02-28
>> HOME