128
Cast >>Colman Domingo (Bayard Rustin), Aml Ameen (Martin Luther King Jr.), Glynn Turman (A. Philip Randolph), Chris Rock (Roy Wilkins), Gus Halper (Tom), Johnny Ramey (Elias Taylor), CCH Pounder (Dr. Anna Hedgeman), Michael Potts (Cleveland Robinson), Audra McDonald (Ella Baker), Jeffrey Wright (Rep. Adam Clayton Powell Jr.) ...
Director >>George C. Wolfe
Writer >>Julian Breece, Dustin Lance Black
Producer >>Bruce Cohen, Tonia Davis, George C. Wolfe, Barack Obama (executive producer), Michelle Obama (executive producer) ...
Genre >>Biography
Country >>USA
Release (US) >>11 / 17 / 2023
Release (JP) >>11 / 17 / 2023

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー

(Reviewed >> 11/18/23)

 100本映画
"A two-day event will make it clear that we will not back down or back away."

ベイヤード・ラスティン(バイヤード・ラスティン表記が定着しているかもだが、キング牧師書籍の翻訳でも知られる猿谷要氏のベイヤードの方が私にはしっくりくる)。キング牧師に「非暴力」を叩きこんだ先輩運動家。だがその名はキング牧師のようには知られていない。キング牧師の前には、鉄道ポーターたちの労働組合を設立したA・フィリップ・ランドルフも知られた活動家で、そのランドルフとキング牧師の橋渡し役がラスティン。ラスティンをキング牧師に紹介したのはリリアン・スミスという『奇妙な果実』を書いた作家。となっているが、実はその前に2人は対面しており、そしてキング牧師の妻コレッタは、学生時代にラスティンの授業を取っていた。そしてラスティンは公民権運動だけでなく、あらゆる差別と闘っていた。ラスティンは同性愛者であり、その偏見とも闘っていたのである。今回、ラスティン役に抜擢されたのが、『Ma Rainey's Black Bottom / マ・レイニーのブラックボトム (2020)』や『Zola / Zola ゾラ (2021)』のコールマン・ドミンゴ。監督は、有名舞台演出家で現在は映画『マ・レイニーのブラックボトム』や『Lackawanna Blues / ブルース・イン・ニューヨーク (2005)』などでも活躍するジョージ・C・ウルフ。

1954年、アメリカ最高裁にて「ブラウン対教育委員会」の人種分離した学校は違反との判決が下り、1957年にはリトル・ロック・ナインというセントラル高校での人種分離騒動、1960年には小学生のルビー・ブリッジスによる人種融合運動などが始まり、時代のうねりが押し寄せていた。そんな中、1955年のバスボイコットを率いたキング牧師(アメル・アミーン)は、ロサンジェルスでの運動を先導することを依頼するが断ってしまう。だがベイヤード・ラスティン(コールマン・ドミンゴ)は諦めずに、かつてから構想していたワシントン大行進を成功しようと躍起になるが、同性愛者ということで拒絶されていく...

ワシントン大行進までのベイヤード・ラスティンがギュっと詰まっており、ラスティンという活動家がどういう活動し、成功させたのか、とても上手くまとめて詰め込まれていると感じた。何よりも、コールマン・ドミンゴがベイヤード・ラスティンそのものである。『Zola/ゾラ』であんなに胡散臭い悪い人を演じていたのが今となっては嘘のよう。ラスティンの聡明さ、人を惹きつけるパワー、頭の回転の良さ、面白さ、カリスマ性... そう言った良い部分はもちろんのこと、人間らしい共感できる弱さをも兼ね備えていた。完璧なベイヤード・ラスティンと言っても過言ではないだろう。もうこの先、彼以外にはラスティン役を演じて欲しくないほど。そしてジェフリー・ライトが演じたアダム・クレイトン・パウエル・Jrの太々しさもイメージ通りで最高だし、クリス・ロックが演じたキング牧師に嫉妬しているかのような小賢しいロイ・ウィルキンスは最近出版されたキング牧師の本の中で読んだウィルキンスの印象通りであった。マイケル・ポッツが演じたクリーブ・ロビンソンの登場シーンなどは軽快で明るくなり、今や重鎮グリン・ターマン演じたA・フィリップ・ランドルフの存在の偉大さや暖かさもイメージ通りである。この手の自伝映画だと簡単に2時間を超えてしまいそうだが、1時間40分程度でまとめおり、テンポも良く、そして流れや物語に緩急をうまくつけており、観ていて全くダレることなく飽きない。ニューヨークの街並み、そしてブランフォード・マルサリスのジャズは、まるでスパイク・リーのニューヨーク描写のようで素晴らしい。

こういう観やすい・分かりやすい・とにかく面白い、こんな公民権運動映画を私は待っていた。何よりベイヤード・ラスティンという名前が忘れがたくなる。そして最後はとにかく切ない。胸が締め付けられるが、妙に清々しい。ビタースウィート。彼の人生は甘くも苦い。これこそベイヤード・ラスティンではないだろうか。

 トリビア
キング牧師が登場する前から活躍していた公民権運動家でLGBT活動家バイヤード・ラスティン自伝映画。『Zora ゾラ』や『キャンディマン』のコールマン・ドミンゴがラスティン役。バラク&ミシェル・オバマ前大統領夫妻の製作会社が製作で、2人ともに製作総指揮としてクレジットされている。『マ・レイニーのブラックボトム』のジョージ・C・ウルフが監督。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
https://www.imdb.com/title/tt14160834/
https://en.wikipedia.org/wiki/Rustin_(film)
https://www.allcinema.net/cinema/392109

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
Not Available
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available

ネットフリックス
ネットフリックス USネットフリックス JP

Last Modified: 2023-11-18
>> HOME