1172
Cast >>Rudy Ray Moore, Jimmy Lynch
Director >>Donald H. Randell
Writer >>
Producer >>Rudy Ray Moore, Donald H. Randell
Genre >>Stand-Up
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>3 音楽 >>5

 レビュー
Rudy, That's why I'm your fool
2000年に有名なロックのライブハウスであるウェットランズで行われたルディ・レイ・ムーアのライブ映像。

このライブが行われた2000年、ルディ・レイ・ムーアは73歳になっていた。その年齢を思わせない素晴らしいエネルギーが漲るライブを見せてくれている。そりゃあもちろんルディ・レイ・ムーア流に成人向けで。ブルース調の聞かせる歌からノリの良い明るいパーティ曲から、どーしようもない下ネタ話まで豊富。一番前の目の前に居た女性客は、彼にとっての恰好の餌食。でも途中にはそのお客さんといいコンビになって、ルディ特製の孫の手で大事な部分を触らせる。いや、それはルディが仕向けた事でもなんでもないのだが、そういう雰囲気にルディが上手くさせたのかもしれない。舞台やスクリーンで50年も活躍してきたルディだからこそなせる技。そして1部はドールマイトのキャラクターで、休憩とサイン会を挟んだ2部からはピティー・ウィートストローのキャラクターで進行する。その舞台運びが上手い。やっぱり長年のキャリアがそうさせるんだと思う。あっという間。

ルディ・レイ・ムーアは唯一無二の存在。あのキャラクターは彼の中にしみついたエンタテイナー魂。あのどうしようもないけど憎めないあのキャラと、彼の上手い訳じゃないけれど味のあるあの歌声は似ていて、どうも我々は魅せられてしまうんだな。
(Reviewed >> 9/8/10:DVDにて鑑賞)

 100本映画
全身ちん○男(彼への褒め言葉でこれ以上の言葉ある?)ルディ・レイ・ムーア!ドールマイトと言った方が分かるかも?その男のライブ映像。ルディは残念ながら2008年の10月に他界。多分天国で今でも多くの人をギョッとさせ笑わせている事と思う。やっぱりこういうライブ映像は大好きです。ライブハウスという狭い空間で感じられるライブ感は味わえなくても、それでもこうやって遠く離れた別の国でも、そして天国に行ってしまってもう会えなくても、こうやってその人の存在を感じる事が出来るから。

しかしこのライブ映像は想像とは違っていた。ルディのエロネタ満載かと思えば、確かにエロネタは他の人の1000倍は多いけれど、それ以上にちゃんと普通に歌ってる。しかもこの会場ウェットランズというのは、ロックの聖地みたいなライブハウス。2001年には閉鎖してしまったみたいだが、それ以前には多くのロックミュージシャンがNYに行った時にお披露目として演奏する場が、このウェットランズだったみたい。パールジャムとか、オアシスやサブライムとかもそうだったらしい。そんな場所で行う全身ち○ち○男の熱いライブ。その時なんと73歳ですよ!!腰は怪しく振るわ、ブルース歌うかと思えば、ノリノリの曲歌ったりと、お盛ん。笑ったのが「Scratch My Back(背中かいて)」という曲の為にあるのが、ルディ・レイ・ムーア特製の孫の手!会場でも売ってたらしい。それをステージに持ってきて、客席の一番前に居た女性に渡して、ルディの背中をかいてもらう。その女性がこれまたルディが始まった時からずっとちょっかいを出していたので、もうその頃には打ち解けていたのか、渡されて最初は普通にかいてたのだけど、突然ルディの股間を攻撃。これには大笑いしてしまったわ。ルディがルディなら、客も客なんですわ。ま、こういう所にルディの凄さを見ましたよ。実は客席の一番前にはもう1人別の女性が居たのだけど、見てすぐに分かったんでしょうね。ルディはその女性に向かって「このライブがどんな風になるか分からなかったから、今びっくりしてるんでしょ?」って。で、もう1人の女性の方がノリが良いと分かったから、孫の手を渡したんでしょうね。そういうハプニングは、もうルディの頭で操作されている感じがしましたよ。さすがのベテラン。

そして面白かったのが、第1部がドールマイトのキャラで、第2部がピティー・ウィートストローのキャラ。ドールマイトも好きだけど、ピティーも好きなので嬉しかった。彼の映画でも御馴染みのサイドキックキャラのジミー・リンチとの絶妙のコンビも見せてくれる。ザ・タイムのモリス・デイとジェローム・ベントンみたいな... ジェームス・ブラウンとボビー・バードみたいな... この2人が良い感じ。

歌については全然触れなかったけど... なんていうか歌も絶品に上手いわけじゃないんだけど、ルディにしか出せない絶妙な魅力がありました。

こんなショーをするのはドールマイトだけでしょうね。あんなエロネタを73歳でやっても説得力があるのが凄い!73歳だからって下手にバイアグラネタなんてしませんよ!!!生涯現役です。さすがですよ。

Rest in peace, Mr. Moore. I know you entertain people wherever you are. And I know you are still POPPING THEM in there!!!

 トリビア
全身お下品男(褒め言葉です)ルディ・レイ・ムーアのスタンダップライブ映像。
ニューヨークのライブハウス「ウェットランズ」はパール・ジャムやオアシスも演奏していた有名なロック系のライブハウス。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Put Me in the Mix
2. Hully Gully Papa
3. Don't Go No Farther
4. Ready, Willing and Able
5. Angeles on Earth
6. Scratch My Back
7. Baby That's Why I'm Your Fool
8. Hully Gully Fever
9. Do You Call That a Buddys
10. The Signifying Monkey
11. Hip Shakin' Papa
12. Hurts me to My Heart

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0361848/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-09-03
>> HOME