2649
Cast >>Letoya Luckett (Angie), Kierra 'Kiki' Sheard (Litha), Clifton Powell (Ike), Essence Atkins (Peaches), Tank (Devlin) ...
Director >>Stan Foster
Writer >>Stan Foster
Producer >>Stan Foster, Marc Bienstock, Richard J. Cook, Matthew Crouch
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
A Heartfelt Preacher's Song
21歳になるアンジー(ラトーヤ・ラケット)は牧師の父(グレゴリー・アラン・ウィリアムス)に厳しく育てられた。アンジーは教会でクワイアのリードを担当し、小さい頃からゴスペルアルバムを出す事が夢だった。教会でピアノと演奏のリーダーをしているウェイントン(シャリフ・アトキンス)は幼馴染で、アンジーに思いを寄せていた。そんな中、町にゴスペル劇団がやってきて、主役で有名なシンガーであるデブリン(タンク)に偶然会い、アンジーは気に入られてその舞台の代役として旅をする事になったが...

最近、黒人向けのゴスペル映画は星の数ほど存在するが、良い作品となるとその数はグンと減る。タイラー・ペリーから始まったこのブームは終わりを知らない。その中で出てきたのが、デスティニーズ・チャイルドを辞めさせられた(?)ラトーヤ・ラケット主演のこの作品。あのような形でグループを脱退したにも関わらず、逞しくもソロとして復活した女の子だ。その彼女がデスティニーズ・チャイルドのメンバーが出演した映画の中で、主役として一番輝いている。あのビヨンセだってこの役は無理だったと思う。多分浮く。ラトーヤの少し地味目な部分が、この映画では上手く作動したようだ。映画はゴスペル映画らしく、聖書の物語を現代風にアレンジ。少しメロドラマ調ではあるが、全然飽きさせない。そしてちゃっかりオリジナルのタイラー・ペリーの批判を入れてみたり、逆にペリーに習ってコメディカルに仕上げているので見やすい。最後のオチは最高だった。

これなら日曜学校とかに飽きを感じているティーンの子達でも最後まで釘付けで見る事になるだろう。いや、いい年した私だって釘付けになった。想像よりは面白い。そして見やすいゴスペルロマンス映画。
(Reviewed >> 7/17/10:DVDにて鑑賞)

 100本映画
予想に反して面白い映画だった。見る前まではね、「どうせいつもの」とか「またまた...」なんて思ってました。というのも最近ブラックムービー界はゴスペル映画が流行りで、そのブームに乗ったどうしようもないつまらない映画も多いのは確か。映画はどうも同じようなのが多産されると、どうしようもない作品も多産される。これまたさ、主役がデスティニーズ・チャイルドから解雇された(脱退と言い張るかもしれないけど)ラトーヤ・ラケットじゃないですか... 地味だよね、どうも。しかも相手役がR&B歌手のタンク。これまた地味だよね... 今だったらトレイ・ソングス(私の好き嫌いは置いておいて)なんじゃないの!!でもそのトレイ・ソングスはカメオ出演しております。でも断言出来るね。あのラトーヤの地味さがこの映画では作品の魅力を引き出す事となった。これがビヨンセだったら...((((;゚Д゚)))ブルブル 駄作になっただろうね。

そのラトーヤが演じたのが牧師の娘で、父の教会のクワイアシンガー。お母さんは早くに亡くなっていて、その牧師のパパと2人で生活。パパもかなり厳しいけれど、教会にやってくるお婆様方も厳しく目を光らせられている。21歳なのに夜遊びなんて出来なくて当たり前、Boris Kodjoe (ボリス・コドジョー)(台詞に彼の名前が出てくる)の映画すら見に行く事が出来ない!そんな時にたまたまやってくるのが、ゴスペル劇団。都市から南部のバイブルベルトまで隈なく周ってる。その劇団の主役スターがタンクなのです。友達と上手くセッティングして、ラトーヤは夜抜け出してクラブに行くと、そこにタンクがいたのです。初めての恋だからのめり込んでしまいます。でも... そこですよ。色々あって面白い。なんであんな男に...と思うような男にのめり込んでしまったり、間違いを起こしたり... そこでラトーヤの地味なドン臭さが生かされてると思いました。褒めてるように聞こえないかもしれないけど、褒めてるのよ。この映画で私が好きなキャラクターが、エッセンス・アトキンスが演じたピーチーズ。観客はピーチーズと同じように見守ってしまうんですよ、ラトーヤを。しかしエッセンス・アトキンスは主人公の友達を演じさせると上手い!絶妙!!あの早歩きでカメラを通り過ぎて、一言言うシーンは最高。

最後のオチとかも面白い。割りと笑えるシーンもあり、そんなに窮屈さを感じません。でもラトーヤの最後の決める歌のシーンはイマイチだったかな??しかし、タミー・タウンゼントが老けた。あんな感じの役をやるとはね。時代は流れていきますね... 女優の時代の流れも速いっす。

 トリビア
デスティニーズ・チャイルドを脱退後にソロとしても活躍中のラトーヤ・ラケットが主役の教会ミュージカル。聖書の「放蕩息子の帰郷」が元となっている。歌手のタンクやゴスペルシンガーのキキ・シェアード等が共演。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1328913/
http://en.wikipedia.org/wiki/Preacher%27s_Kid_(film)
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2009-07-13
>> HOME