3402
Cast >>Michael Jai White (Case Walker), Alex Meraz (Zack), Jillian Murray (Eve), Dean Geyer (Mike), Beau Brasso (Fighter), Todd Duffee (Tim), Scott Epstein (Justin), Evan Peters (Max), Lyoto Machida ...
Director >>Michael Jai White
Writer >>Chris Hauty
Producer >>Craig Baumgarten, David Zelon
Genre >>Action
Country >>USA

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>3

 レビュー
Guys made a movie for guys, but chicks love it too for some reason
マイク(ディーン・ゲイヤー)はレスリングで有望で、新入学生として大学のキャンパスに居た。マックス(エヴァン・ピータース)というオタクに呼ばれて行ってみると、マックスはアンダーグラウンドで「ザ・ビートダウン」の試合を行っていて、マイクに参加を促すのだった。その頃、ボクサーとして有望だったザック(アレックス・メラズ)が試合で目を負傷した。ボクサーとしてはもう試合が出来ないが、総合格闘技なら出来るのではないかと、マックスを訪れた。マックスは2人に、ケイス(マイケル・ジェイ・ホワイト)が彼らをトレーニングするなら考えてもいいと答える。ケイスにはすでにティム(トッド・ダフィー)とジャスティン(スコット・エプスタイン)という生徒がいて、4人はケイスからトレーニングを受けるが、思わぬ事が起きてしまう...

アクションスターとしてだけでなく、ロマンチックコメディだってやってみせる多彩なマイケル・ジェイ・ホワイト。そのホワイトの初監督作品は、やっぱりアクション映画だった。実際の総合格闘技家を使い、アクションシーンはこれでもか!という位のアドレナリンが出る。その総合格闘家の使い方も上手い。特にダフィーの使い方は抜群。台詞は少なくてもいいキャラクターに仕上げていた。逆にアイドル歌手でもあるディーン・ゲイヤーには、ロマンチックな見所を多くしたのも面白い。俳優であるアレックス・メラズには難しい役どころを与えている。一番難しいのがジャスティンという役。総合格闘家とは思えない程にエプスタインは演じきっていたが、やはり少々難しかったのかもしれないと思う所はある。

何と言うか、総合格闘家のボーイズバンドとでも言おうか?それぞれのキャラクターを男前達が演じきっている。なので女の子でも楽しめる要素がある。しかし基本は男の為の男の映画。それをキャリアのあるマイケル・ジェイ・ホワイトが上手くまとめている。プロデューサー、もしくは仕掛け人ぽい。ただ元々の物語が幼稚。「ブラッド&ボーン」みたいにホワイトが主役で硬派な物語だったら最高だったのかも。
(Reviewed >> 9/14/11:DVDにて鑑賞)

 100本映画
記念すべき900本目は本日発売の「映画秘宝」11月号にて私がヒーロー特集で黒人部門で1位に選ばせて頂いたマイケル・ジェイ・ホワイトが初監督した「Never Back Down 2 / 日本未公開 (2011)」です!全てがタイミング良いですが、偶然です。凄い。

ジャイモン・ハーンスゥが出演しているオリジナルの「Never Back Down / ネバー・バックダウン (2008)」は未見なのですが、オリジナルより評判は良さそうです。でもオリジナルの青春アクション映画という不思議な路線はなぜか守られております。我等のマイケルはどちらかというと、ニュー・エディションで言うならモーリス・スター(知らんか?)みたいな感じ。今で言うなら、B2KとかImmatureのクリス・ストークスだね。まだ分からないか...AKB48の秋元康みたいな感じですな。総合格闘家のボーイズバンドみたいな男前達の産みの親。でもこの映画のマイケルはモーリス・スターみたいに若い子を搾取したりしてませんのよ。真面目に格闘を教えているのです。でも何かしらないけれど、秘密を抱えていて、前科者。元々は将来が期待された総合格闘家だった。写真たてを見て、ぼーっとしているので、てっきり分かれた綺麗なネエちゃんかと思えば... なるほどねという感じです。たまに必要以上にエロいシーンがあるのに、マイケルの役だけは硬派。先に書いたように青春アクション映画なんだけど、なんかエロい。男向けなのか、女向けなのか... 

若い男の子4人が主役。うち2人が本物の総合格闘家。スコット・エプスタインやトッド・ダフィーという2人。別の2人はアクションが出来るアイドル。一人は本当にアイドル。アメリカン・アイドルのオーストラリア版「オーストリア・アイドル」出身者のディーン・ゲイヤーという人。日本人の女の子にモテそうなイケメン。もう一人がイケメン映画「トワイライト」にも出演していた人。モテモテの役でしたね。でもキャラクターとしては、トッド・ダフィーが演じたティムが良い奴。家はシングルマザー一家で貧乏で、そのティムが長男。バイトしながら大学に通う男。アメリカ映画にはたまに出てくる巨大ながら良い奴キャラ。台詞が「マチューテ」のダニー・ トレホみたいに堅いのもいい。顔はドルフ・ラングレン系。スコット・エプスタインは、アニメ好きなイジメられっ子。そんな4人がイン・シンクよろしく、格闘の世界でそれぞれのキャラを生かしたアイドルしているのです。あ、忘れそうだった。もう一人、この映画の要となる「ビートダウン」という総合格闘を大学でアンダーグラウンドに運営しているのが、マックスという男。このキャラは完全に「フェイスブック」のマーク・ザッカーバーグを意識している。

アクションシーンは中々です。アクションとそうじゃない部分の比率も良い感じです。でも内容が内容だけに、ちょっと残念な感じもある。上の男前格闘家たちも頑張っていたのですが、どうせならやっぱりマイケルの硬派なアクションシーンをもっと見たかった!どうせなら「Blood and Bone / ブラッド&ボーン 真拳闘魂 (2009)」の続編とか見たかった。

所でこれ買った時にマイケルにツイートしたんです。もちろん無視されましたけど...o(;△;)o エーン でも、その時のツイートがブートレグじゃなくて...と私が書いたらですよ... マイケルがファンのみんなにという事でブートレグじゃないDVDを買ってくれた人、ありがとう...みたいに書いてるんですよ。確実に私のツイート見てくれたって事ですよね??いきなりブートレグという単語がダブらないですよね??ね?ね?ね????しかもね、私は9月14日にツイートしていて、マイケルは9月15日。マイケルのツイート見るとちゃんと「昨日」って書いてあるのよ。ね??ね??でもマイケルに言いたい、映画秘宝という素敵な映画雑誌(皆様のご購入をお待ちしております)で、貴方様を黒人版アクションヒーローの1位にして、その誉れ高い凛々しい顔がみんなより大きく載せる事に成功させたファンですぞ!いつかはメンション返しされたいものですわ。

 トリビア
アクションスターのマイケル・ジェイ・ホワイトの監督デビュー作。前作のオリジナルの作品にはホワイトは出演していない。ミックスマーシャルアーツファイターのスコット・エプスタインやトッド・ダフィーも出演。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1754264/
http://en.wikipedia.org/wiki/Never_Back_Down_2
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=340992

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-12-22
>> HOME