2540
Cast >>Idris Elba (Malcolm Gray), Eamonn Walker (Darnell Gray Jr), Monique Gabriela Curnen (Valentina Gray), Clarke Peters (Ola Adenuga), Richard Brake (Scott O'Keefe) ...
Director >>Thomas Ikimi
Writer >>Thomas Ikimi
Producer >>Thomas Ikimi, Idris Elba, Arabella Page Croft, Kieran Parker
Genre >>Thriller
Country >>Nigeria

 総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Building the "Lagacy"
マルコム・グレイ(イドリス・エルバ)はテロ防止の秘密工作員だった。しかし、ヨーロッパでの作戦を失敗させ、酷く拷問された。病院を抜け出し、アメリカに戻りブルックリンの古いアパートに閉じこもった。両親が居ないマルコムは小さい頃に兄ダーネル(イーモン・ウォーカー)に育てられた。そして現在、兄はニューヨークで活躍する政治家になっていたが、マルコムはそれを疑問視していた。マルコムは酷いパラノイアを持ち苦しみながら、過去と向き合い、兄と直面するが...

個性あるスリラー作品。途中からはブルックリンのアパートでの密室劇になる。最後のイーモン・ウォーカーとの一騎打ちは見ごたえがある。もうどこまでが現実でどこまでがマルコムの空想なのか分からない不思議な面白さ。マルコム自体が本当は存在していなかったのではないか?とすら思えてくる。だからこそマルコムはビデオに録画していく。観客の想像力を搔き立て蝕んでいく。ただ密室劇になってからは台詞が主になっていくので、少し辛い部分もある。

派手さはないが、中々パンチのある演出と演技が見られるスリラー映画。ハリウッドには出来ない遺産だ。
(Reviewed >> 1/9/11:DVDにて鑑賞)

 100本映画
昔からそうではあったけれど、でもここ最近のイギリス映画の台頭は凄まじい物があると思う。ブラックムービーに於いてもそれは一緒。キウェテル・イジョフォー、イドリス・エルバ、ソフィ・オコネドー、イーモン・ウォーカー、タンディ・ニュートン、ナオミ・ハリス、アドウェール・アキノエ=アグバエ等の俳優はハリウッドでも第一線で活躍する。その中で以前とは確実に違う動きを見せているのが、イギリスをベースに活動している黒人の映像作家達。最近では「Hunger / ハンガー (2008)」のスティーブ・マックイーンがカンヌ映画祭でも受賞するなど、すばらしい活躍を見せている。そしてもう一人が、この映画の監督トーマス・イキミ。彼は両親がナイジェリアからの移民で、彼自身はイギリス生まれ。それは俳優のキウェテル・イジョフォーと同じである。そのイキミとシエラレオネとガーナからの移民の両親を持つイギリス生まれのイドリス・エルバと、グレナダとトリニダード出身の両親を持つイーモン・ウォーカーが共演するサイコスリラー映画。イギリスで撮影&制作されているけれど、資金が集まらなかったので、イキミの故郷であるナイジェリアからの出資も受けて映画は完成。カレイドスコープというナイジェリアのプロダクション会社がちゃんとクレジットされている。本当にナイジェリア映画産業はすこぶる元気が良いんだなーと感じましたね。アメリカでのDVD権を獲得したのは、アメリカ黒人が代表を務めるコードブラックという会社(最近オープニングタイトルを変えてカッコ良くなってる!)。でも主な舞台となっているのは、ニューヨークのブルックリン。不思議な映画でしょ?

主役のイドリス・エルバが演じるのがマルコムという軍人で秘密工作員。今回はヨーロッパのどこかでテロ撲滅の任務を遂行していたが、その時に敵に捕まり激しい拷問にあう。その次の瞬間、マルコムはブルックリンの古い汚いアパートの一室に居る。そこからかなりの密室劇。同じ任務についていた仲間や上司がそのアパートに訪れてビールを飲んだと思ったら、兄と結婚してしまった元恋人がそのアパートに訪れたりする。マルコムの兄役がイーモン・ウォーカーが演じるダーネル。彼はニューヨークでかなり活躍している政治家で、大統領選に出馬か?と言われている位に注目されている。しかしマルコムとは恋人の事などで確執があるのか、ダーネルのスキャンダルをマスコミにばらそうとしている。アパートには電話がひっきりなしに鳴るが、マルコムは答えようとしない。何か普通のサイコスリラーぽいですか?いやいや... 実はマルコムはかなり酷いパラノイアに襲われていたのです。だから、この映画の冒頭から最後まで、どこからどこまでが、本当なのか?さっぱり分らない不思議な面白さがあるのです。最近のイギリス人俳優の中でも一番の活躍をみせているのが、先日のゴールデン・グローブ賞にもノミネートされたイドリス・エルバだと思う。この映画は迫真の演技を見せてます。なにせ殆どが密室劇なので、演技に頼るしかないですからね。凄いです。

スティーブ・マックイーンといい、この映画のトーマス・イキミといい、映像がとにかく芸術的。グロテスクな色使いで黒とか茶色を使うのが綺麗。このイキミの場合は、オープニングの演出もかっこいい。イギリス映画から目が離せません!そしてナイジェリア映画資本もね。

 トリビア
イギリス人俳優イドリス・エルバが主演・製作にも携わった作品。基本的にはイギリス映画だが、イギリスで資本金を集められなかったのでナイジェリアに渡り、資金を用意した作品。やはりナイジェリアからの移民でイギリス人俳優のイーモン・ウォーカーが共演している。監督は本作が2作目となるナイジェリア出身のイギリス監督のトーマス・イキミ。

アメリカでは2010年4月にトライベッカ映画祭で上映される予定。

 その他

 受賞歴
* American Black Film Festival
2010 Won Grand Jury Prize Best Narrative Feature : Thomas Ikimi

* British Independent Film Awards
2010 Nominated Raindance Award

* Raindance Film Festival
2010 Nominated Jury Prize UK Feature : Thomas Ikimi

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1436034/
http://en.wikipedia.org/wiki/Legacy_(2010_film)
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-04-06
>> HOME