1366
Cast >>Samuel L. Jackson (Lieutenant Karl Aker), India Eisley (Sawa), Callan McAuliffe (Oburi), Carl Beukes (Vic Thornhill), Tanielle Powell (Knock-Out Girl), Deon Lotz (Detective Prinsloo) ...
Director >>Ralph Ziman
Writer >>Yasuomi Umetsu (based on the film by), Brian Cox (screenplay)
Producer >>James Were, Anant Singh, Brian Cox, Moises Cosio
Genre >>Action
Country >>USA
Release (JP) >>04 / 11 / 2015

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
"I create a Monster, beautiful Monster"
経済が破綻した街で、既にセキュリティも破綻していた。男とエレベーターでいちゃついていたピンクの髪の女(インディア・アイズリー)。エレベーターに乗り合わせたお婆ちゃんが露骨に嫌味を言う。怒り出し、お婆ちゃんに暴力を振るう男。すると女は突然変異し、その男に銃弾をこめた。銃弾は地雷であり、時間差で爆発するのだった。その事件現場に着いたのが、カール・エイカー警部補(サミュエル・L・ジャクソン)だった。その特殊な銃弾はスペシャル・フォースにしか与えられていない兵器であった。先ほどのピンク毛の女はサワという名で、両親を殺した男エミールのあとを追っていたのだった...

梅津泰臣のアニメ「A KITE」を映画化。撮影に関しては予定していた監督が急死するなど紆余曲折があったが、サミュエル・L・ジャクソンはずっとプロジェクトから離れずに参加した。撮影は楽しかったと語るジャクソン。その感じは、ジャクソンがのびのびと演技をしている点で受け取れる。このような感じの映画は、ジャクソンのお得意ですし。女の子が銃や暴力で活躍する映画が好きな人たちにはたまらない映画である。主人公のサワ役の女優も過去をひきずっている感じが出ていて良かった。

こういう映画が好きな人にはたまらないだろう。でも先はちょっと読めちゃうかな?
(Reviewed >> 12/4/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
サミュエル・L・ジャクソンと日本のアニメが原作という融合。その化学反応の素晴らしさは『アフロサムライ』にて証明済み!という事で、撮影前?中?に監督が突然死で亡くなってしまうという紆余曲折がありましたが、忙しい筈のサミュエル・L・ジャクソンはそのまま残り完成。余りツイッターで自分の映画の宣伝をしないジャクソンのオジキですが、これに関しては「みんなとの撮影が楽しかったので見てねー(わざとこんなオジキぽくない口調で訳してやったぜ!)」とツイートしてましたよね。という訳で、梅津泰臣のアニメ「A KITE」を実写版映画化。

既に経済破綻した後の街。安全面でも破綻しており、人種売買が横行しカルテルが出来上がっていた。そんな中、ピンク毛の女性がエレベーターで男をいちゃついていた。その姿を見て頭を振るお婆ちゃん。頭に来た男がお婆ちゃんに手を挙げた。その瞬間、ピンク毛の女はその男の頭に銃弾を一発撃つ。しかもその銃弾は時間差で爆発するのだった。逃げるピンク毛の女性。目撃されたお婆ちゃんを殺すことは出来なかった。そしてその事件現場に到着したのが、カール・エイカー警部補(サミュエル・L・ジャクソン)だった。ピンク毛の女が使った地雷銃弾は、スペシャルフォースのみに配られているもので、一般人は絶対に手に入らないものであった。そのピンク毛の女の名前はサワ(インディア・アイズリー)で、警察官だった父と、そして母を失い、両親を殺したエミールへの復讐を誓い、追っていたのだった...

という事で、サミュエルが演じた役は...って原作アニメを読んだ人なら分かっちゃうよね。でもその種明かしがこの映画の山場なんで書けないよ!ってか、原作アニメを知らない私でも途中で分かっちゃったかなー。あと原作では主人公とあの人の関係がかなりエグイみたいですが、そこは映画では描かれませんでしたね。でもアクションはエグかったです!思わず、うぉ!と叫んだ所も。という訳で、クロエ・グレース・モレッツが確立した「まだあどけなさが残る可愛い少女がこてんぱんに悪い大人をキック・アス!」というジャンルが好きな人の映画であって、それを楽しむのが正解なんだと思います。主演の女性もモレッツちゃんに寄せてる?のか、似ていたし!18歳の役なのに、18には見えない!15歳位?という、アメリカでは珍しく童顔。ってオリビア・ハッセーの娘なのか!!なるほど。ああー君は変わったぁあああ~♪(まあそこはイジるよね)

1時間半、割りとあっという間に過ぎてしまいますね。でも...アメリカで凧揚げ見た事ないっす。特に都会では... LAでは電線にスニーカーは引っかかっていても、凧はないかなー。日本でも今、凧揚げしている人を見ると懐かしい!って思ってしまいますよね。今じゃ、電線に凧なんて風景もまったく見ないですよね。昭和の時代にはありましたね...と、最後感傷的になるわ。

 トリビア

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt2044801/
http://en.wikipedia.org/wiki/Kite_(2014_film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=351630

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
from Amazon.co.jp
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2014-12-04
>> HOME