1860
Cast >>Aaron Taylor-Johnson (David Lizewski / Kick-Ass), Christopher Mintz-Plasse (Chris D'Amico / The Motherfucker), Chloe Grace Moretz (Mindy Macready / Hit-Girl), Clark Duke (Marty / Battle Guy), Morris Chestnut (Detective Marcus Williams), Donald Faison (Doctor Gravity), John Leguizamo (Javier), Jim Carrey (Sal Bertolinni / Colonel Stars and Stripes) ...
Director >>Jeff Wadlow
Writer >>Jeff Wadlow (screenplay), Mark Millar (comic book), John Romita Jr. (comic book)
Producer >>Adam Bohling, Tarquin Pack, Matthew Vaughn, Brad Pitt, David Reid
Genre >>Action
Country >>UK
Release (JP) >>02 / 22 / 2014

 総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
"It's taking that pain and turning it into something good. Something right."
デイブ(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、キックアスとして本物のスーパーヒーローとなったが、今は普通の退屈な高校生をしていた。同じ高校に入学していたヒットガール事ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)も父を失い、父のパートーナーだったマーカス(モリス・チェストナット)が父親代わりとなり、「普通の高校生」を堪能しなさいといわれていた。デイブの誘いでミンディは一緒にトレーニングを始めた。その頃、キックアスに父を殺されたレッドミスト事クリス(クリストファー・ミンツ=プラッセ)は、復讐に燃えていたが、外から出れない状態だった。そんな3人が...

前作が評判となった「キック・アス」。しかし続編はなぜかアメリカでは興行的に失敗。批評家達も口を揃えたかのように「前作のユーモアと驚きが無い」を言っている。確かに前作ほどの面白さは無いけれど、それでも十分に面白い!だって前作が150点だったからね。その半分だって75点。十分です。ヒットガールのキレの良さと、可愛さが見れただけで十分。「キック・アス」はそういう映画でしょ?ヒットガールが学校に通っていて、それでいじめっ子達が悪役になるというのは、まあありがちでオリジナリティは無いのは残念ではある。でも、町でスーパーヒーロー達が集まっていくのは面白かった!つい最近「Superheroes」というドキュメンタリーを見たせいかもしれない。あの人たちの夢がこの映画には詰まっている!!

ヒットガールあっての「キックアス」。ミンディちゃんが悩み傷つきながらも体を張ってくれるのに、貴方達は何をもっと求めるのか?あ、〆る前にもう一つ。悪役が最悪で最高だった!なんだ、あのマザーロシアは!女ドラゴ!!
(Reviewed >> 2/11/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
いやー、面白かったよー。アメリカではなぜか興行成績もこけて、評判も良く無かったけど、私は十分に楽しめた!そりゃ、オリジナルの前作と比べると、面白さは落ちるかもだけど、それでも十分!というか、ヒット・ガールがカッコよくて可愛いければ、良いじゃんか!という事で、今回はヒットガールのお父さんの元相棒マーカス・ウィリアムスが、なぜかモリス・チェスナットに変更しているけれど、スーパーヒーローの一人にドナルド・フェイゾンが登場。そしてニコラス・ケイジは前作で殉職で、今回はジム・キャリーが登場!ジム・キャリーってガリガリなイメージだったけど、この映画はムキムキで最強!「大佐(Colonel)」っていうのが、意外と合っていた!!

と、言う訳で、今回はデイブ(アーロン・テイラー=ジョンソン)は前回キック・アスとして悪者をやっつけたけど、キック・アスをまたやる事を父親に反対されているのもあって、平凡な「普通」の?高校生活を退屈に過ごしていた。今年からは、ヒット・ガール事ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)も同じ高校に入学していたが、中々学校で見かける事はなかった。ミンディは父親代わりの父の元相棒マーカス(モリス・チェスナット)の元で生活しており、マーカスはミンディの失われた学生生活を取り戻して、「普通」に過ごして欲しいと願っていた。しかしそんな願いとは裏腹に、ミンディはヒット・ガールとしての訓練を毎日し、学校をサボっていたのだった。デイブはまたヒット・ガールと共にスーパーヒーローとして活躍したい!と、ミンディに一緒に訓練してくれるように頼む。その一方で、前回キック・アスに父親を殺されたレッド・ミスト事クリス(クリストファー・ミンツ=プラッセ)もまた母親に外に出ないように、学校も止めされてホームスクールで、しかも監視員ハビエル(ジョン・レグイザモ)を付けられていたのだが...

今回は「普通」を願う親たちと、「普通」を嫌う若者達の葛藤。親たちは子供に「普通」さを求めるあまり、子供たちの才能を閉じ込めてしまう時もある。でも親なら当然のように一番の心配は子供の安否である。子供を守る事が親の最大の愛の印。しかしその間で、子供たちは葛藤していき、成長していく。だからか、私はあの刑務所のシーンで思わず涙が出てしまった。

そして、私はつい最近偶然にも「Superheroes / 日本未公開 (2011) (TV)」を見たのも影響しているかもしれない。このドキュメンタリーに出ていた一般人でスーパーヒーローに憧れている人たちの夢を実現させているのが、この映画だ。絶対に今回の脚本と監督のジェフ・ワドロウはこのドキュメンタリーを見ていて、何かを感じている筈。なぜなら「ジャスティス・フォーエバー」の面々がコスチュームを付けてボランティアしているシーンや夜に町を徘徊しているシーンは、まさにあのドキュメンタリーと被るのだ。もうラストは、そんな彼等の夢が実現されている。

私が気に入ったのは悪役。クリストファー・ミンツ=プラッセが演じるクリス、そして今回はザ・マザー・ファッカーに絶望感があっていい。絶望ゆえのいい加減さ。死ぬ気の男は、細かい事なんてどうでもいいのだ。だから、最強の「悪役商会」を結成する時に、個々につける愛称が適当でいい。しかもザ・マザー・ファッカーは差別的。悪くてなんぼの世界じゃ!しかし、マザー・ロシアが良い!久々に最強な悪役見た!!って感じ。ロボット的で、絶対に勝てそうもない雰囲気が最高だ!女ドラゴなのだ。

 トリビア
人気の「キック・アス」の続編。マーカス・ウィリアムス役が前作のオマリ・ハードウィックから、モリス・チェストナットに変更。更にはスーパーヒーローの一人で、「ドクター・グラヴィティ」役にドナルド・フェイゾン。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1650554/
http://en.wikipedia.org/wiki/Kick-Ass_2_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=346695

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2014-02-12
>> HOME