5617
Cast >>Keegan-Michael Key (Clarence Goobril / Smoke Dresden), Jordan Peele (Clarence Goobril / Smoke Dresden), Jason Mitchell (Bud), Luis Guzman (Bacon) Will Forte (Hulka), Nia Long (Hannah), Method Man (Cheddar), Tiffany Haddish (Hi-C), Darrell Britt-Gibson (Trunk), Jamar Malachi Neighbors (Stitches) ...
Director >>Peter Atencio
Writer >>Jordan Peele, Alex Rubens
Producer >>Keegan-Michael Key, Jordan Peele, Peter Principato, Paul Young, Joel Zadak
Genre >>Comedy
Country >>USA
Release (US) >>04 / 29 / 2016

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"Everything happens for a reason"
麻薬売買のアジトとなっていた教会で全員が殺された。後に「教会大虐殺」と呼ばれ、LAのギャングたちが恐れた。犯人はオールタウン・ボーイズと呼ばれるドレスデン兄弟(ジョーダン・ピール&キーガン=マイケル・キー)の2人。しかし現場で発見したのは、子猫。彼らはその可愛さに心奪われる。しかし警察が到着して捕まった。ドレスデン兄弟から逃げた子猫はLAの街を走り回った。一方で恋人と別れ気力の無いレル(ジョーダン・ピール)は、従兄弟のクラレンス(キーガン=マイケル・キー)から励まされていた。そんな時にレルの玄関には子猫が居た。子猫にキアヌという名前を付け、レルはキアヌを可愛がった。しかし2週間後、アパートに戻るとキアヌが誘拐されていた。レルとクラレンスのキアヌ探しが始まるが...

とにかくカワ(・∀・)イイ!!ネコが登場するたまらないコメディだ。映画にはまだ余り出ていないので、日本では知名度がイマイチないジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キーだが、アメリカではコメディセントラル・チャンネルの番組でそこそこ顔が知られた2人だ。その2人による初主演映画。気合いが入る。とにかくカワ(・∀・)イイ!!ネコが主役ではあるが、ちゃんとそのピールとキーのお得意であるちょっとナードで斜めなジョークが随所一杯あって、2人の見どころも満載である。何しろアメリカでデュオでコメディをやるのは珍しいので、その2人の息の合った掛け合いも見物なのだ。彼らを支えた共演者も面白かったし、ゲスト出演も最高だったし、何しろジョージ・マイケルの曲がナイスアシストであった!そしてとにかくカワ(・∀・)イイ!!ネコも素晴らしいアクションや切ない表情を見せてくれた、とんでもない役者である。

キー&ピールに大笑い、ネコにウットリ。とにかく顔は緩みぱなしだ!実はネコ派でも犬派でもなく、パンダ派の私ですけど、それでもこのネコに可愛さにやられた!
(Reviewed >> 5/1/16:劇場にて鑑賞)

 100本映画
んもう、とにかくカワ(・∀・)イイ!!ニャンコ先生😹!ひょんな事から、振られたばかりで落ち込んでいた男の前に現れ、キアヌ(ハワイの言葉で涼しい風。もちろんあの!)と名づけられたニャンコ先生。その男をとにかく癒した。が、部屋に強盗が入り、なぜかキアヌだけが奪われた!という事で、落ち込む男を心配している従兄弟と共にキアヌ探しに疾走。キアヌは町のギャングになぜか飼われていた。2人は別のギャングを装い、ギャングに侵入してキアヌを探すが...っていうコメディ。キアヌは可愛いだけじゃなくて、アクションも 人 猫一倍頑張る!凄いキレがあったので、ウェズリー・スナイプスかよ!と思う位。このキアヌが猫一番の役者だね。こちらもとても癒される。そのキアヌと同じ位、映画のいいアシストをしていたのが、ジョージ・マイケルの曲。ギャングの人たちがジョージ・マイケルを知らなくて、どんどん好きになっていくのが笑った。黒人の間にも色々なギャップや違いがあって、それを笑っているのが心地いい。主役は、ジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キー。と書いた所で日本では無名。アメリカではコメディセントラルにて『キー&ピール』というコント番組で有名になった2人。アメリカのコメディアンはスタンダップコメディと呼ばれる、所謂一人でやる漫談が主流。ほぼ99%が一人漫談。だけど、たまーーに、本当にごくたまーーーーーーーにコンビが居る。コメディ創世記のバート・ウィリアムスとジョージ・ウォーカーもコンビだったし、80年代にはティム・リードが白人とコンビを組んでいた。デフ・コメディ・ジャム時代にも居た(名前失念)。でもキー&ピールは、コンビである事にこだわっていないと思う。たまたま2人で番組始めただけで、これからはコンビで出るのは少なくなるかも?元々一人ずつだったし。という訳ですが、コンビで初主演がこの作品になりました。特別ゲストも最高に笑えるよ!良い人達だなーって。とにかく劇場でゲラゲラ笑いました!

 トリビア
コメディショー『Key & Peele』のコンビであるキーガン・マイケル・キーとジョーダン・ピールが2人そろって初主演となるコメディ映画。ピールが脚本。他にも『ストレイト・アウタ・コンプトン』のイージーE役で好評のジェイソン・ミッチェル、ウータン・クランのラッパーであるメソッドマン、ベテラン女優となったニア・ロングなどが出演。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2016 映画秘宝 私が選んだベスト10 2016年度9位
2015 映画秘宝 私が選んだベストガール: キアヌを演じた子猫7匹(オス猫もいましたが)
2016 Won Best Movie of the Year (Comedy/Musical)
2016 Won Best Female Supporting Performance of the Year : Tiffany Haddish / ティファニー・ハディッシュ

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt4139124/
https://en.wikipedia.org/wiki/Keanu_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=359447

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
from Amazon.com
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
from Amazon.co.jp
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2016-01-22
>> HOME