3744
Cast >>Timothy Hutton (Samuel Leibowitz), David Strathairn (Judge James Horton), Leelee Sobieski (Victoria Price), Anthony Mackie (William Lee) ...
Director >>Terry Green
Writer >>Terry Green
Producer >>Anna Marie Crovetti, Wade W. Danielson, Gloria Pryor
Genre >>Crime
Country >>USA

 総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
Why justice couldn't be done without heavens fall?
1933年、ニューヨークで大きな裁判には負けたことの無かった有名弁護士サミュエル・リーボイッツ(ティモシー・ハットン)が、共産系の団体ILDから依頼を受けて、1931年に2人の白人女性をレイプした罪で死刑を言い渡されていたスコッツボロ・ボーイズの弁護を頼まれた。その事を知ったシカゴの記者ウィリアム(アンソニー・マッキー)はアラバマに向かい、記者として裁判を傍聴できるようにジェームス・ホートン判事に願い出た。スコッツボロボーイズ達は、リーボイッツの弁護により再び裁かれる事になったが...

このスコッツボロ事件に関わった人々の中には、その後の人生を大きく変えている人達が多い。事件の渦中に居た、スコッツボロボーイズの1人でありこの映画でも裁判で取り上げられたヘイウッド・パターソンは、その後も別の事件に関わったりし、性格も大きく変わり果ててしまった。この映画の主役リーボイッツも大都会ニューヨークで成功し、一躍有名弁護士として持て囃されていたが、この裁判では初めての南部で大きな負けを経験した。そのリーボイッツを演じたティモシー・ハットンが、時たまトム・ハンクスがこのリーボイッツを演じているかのような演技を見せる。アンソニー・マッキーが演じたウィリアムは余りこの映画に関係ないようにも思え、この映画から黒人の存在が不思議と消えているようにも思えた。

映画の中で事件は史実通りに描かれている部分と、大きく演出されている部分がアンバランスにあり、この事件の一番難しい部分は曖昧になっているために、どのようにこの映画と向き合っていいのか混乱してしまう。
(Reviewed >> 11/24/10:DVDにて鑑賞)

 100本映画
これもまたスコッツボロボーイズについての映画です。と言っても、主役はニューヨークからやってきた弁護士サミュエル・リーボイッツ。という時点で、勘の良い人にはどんな感じか分かってしまいますね。でも、Anthony Mackie (アンソニー・マッキー)が出てるのでどうしても見たかった。マッキーはシカゴから来た記者を演じている。マッキーが演じた役ウィリアムは実際に居たかどうかは分からないが、実際の裁判では2人の黒人記者が傍聴を認められている。

スコッツボロボーイズについては大体知っている方が多いと思うが、いちようサラっと。1931年にテネシーの東端から西端をアラバマを通っていく列車の中で、アラバマに入った頃に黒人少年ヘイウッド・パターソンの手を白人青年が踏んだとの事で白人の群集と黒人の群集が喧嘩となった。喧嘩で騒然となっている所に白人のヴィクトリア・プライスとルビー・ベイツが現れ、喧嘩に参加していた9人の黒人少年達にレイプされたと告白。9人は逮捕され、アラバマのスコッツボロ裁判所で当時9歳だったロイ・ライト以外は死刑を言い渡された。

というのがこの映画に入るまでのまとめ。この映画はそれ以降の1933年から描かれている。裁判ではヴィクトリア・プライスとルビー・ベイツの2人はおそらく虚偽の発言をしていたと思われてはいたが、なにせそれを確信させる証拠もない為に、無実かもしれない9人の黒人少年達が冤罪で刑務所に入っていたかもしれないというのが、この事件。しかし真実は分からない。というのも時代によって事件は複雑になってしまうのです。最初はこの事件に黒人団体のNAACPも関わっていたが、途中からは共産系団体のILD(国際労働弁護団)がスコッツボロボーイズ側の弁護の舵を取る。そのILDから依頼されたのが、ニューヨークでは負けなしの最強弁護士サミュエル・リーボイッツだった。今で言うセレブ弁護士。演じたのが、ティモシー・ハットン。80年代の映画好きなので、この名前を聞いただけで私は涙出るね。いい俳優なんだよねー。ドラマ作品でも「普通の人々」とか「ロングウェイホーム」とか。ラブロマンスなら「メイド・イン・ヘブン」とか。あー、涙出てきた。今で言うとライアン・ゴズリングかな?ジェイク・ジレンホールかな?でもこの映画ではたまにトム・ハンクスがドラマ作品で演じている時の癖が、このティモシー・ハットンにものり移った感じ?たまにトム・ハンクスに見えてくる。2人共に好きだけど、チョイ気持ち悪い。

この事件を難しくしたのは、ルビー・ベイツ。彼女はサミュエル・リーボイッツが弁護人になってから、今までの発言を覆して「レイプはされていない」と裁判で証言した。それまではつなぎで南部を渡り歩いていたベイツが、その発言をした時にはニューヨークでも最先端のファッションに着飾っていた。確実にお金を詰まれた姿を丸出しにしていたのである。リーボイッツは勝ち負けに固執するが為に真相は藪の中へ... 私はここが一番重要だと思うんだけど、映画の中のルビーはそっくりなんだけど、服装は地味。リーボイッツとジェームス・ホートン判事の賞賛にだけ力を注いでいるんですわ、この映画。事件の真相を突く訳でもなく... だから事件を知ってる人には「なんじゃーーーい!」と感じてしまいます。事件を知らない人には、まあまあだと思います。一番ムカつくのは、アンソニー・マッキーの役が要らないという事。なんじゃーーーい!DVDで見たんですが、面白かったのはボーナス映像ね。撮影中にハリケーンが直撃。デビッド・ストラザーンが大工の手伝いしているのはビックリ。監督は「俺がハマーだ!」そっくりだね。途中でバズーカで裁判所をぶっ飛ばすか、マギーで撃つんでしょ!と妄想。その方が面白かったのに... とさえ...

 トリビア
1931年のスコッツボロ・ボーイズを題材にした作品。主役はニューヨークから弁護に来たユダヤ人の弁護士サミュエル・リーボイッツを演じたティモシー・ハットン。アンソニー・マッキーが共演。

撮影中の現場にハリケーン・アイバンが直撃するとの事で撮影が3-4日程中断。俳優のデヴィッド・ストラザーン等もセットを守る為に手助けしている。その様子はDVDのボーナス映像に含まれている。

タイトルはジェームス・ホートン判事の家訓であり、この裁判の後に彼が引用したラテンの格言「Let justice be done though the heavens fall」から。

 その他

 受賞歴
* Birmingham Sidewalk Moving Picture Festival
2006 Won Audience Choice Award Best Feature : Terry Green

* Hollywood Film Festival
2006 Won Hollywood Discovery Award Best Feature Film : Terry Green

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0425094/
http://en.wikipedia.org/wiki/Heavens_Fall
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-11-16
>> HOME