3436
Cast >>Chiwetel Ejiofor (Odenigbo), Thandie Newton (Olanna), Anika Noni Rose (Kainene), Joseph Mawle (Richard), John Boyega (Ugwu) ...
Director >>Biyi Bandele
Writer >>Chimamanda Ngozi Adichie (novel), Biyi Bandele (screenplay)
Producer >>Andrea Calderwood, Gail Egan
Genre >>Drama
Country >>Nigeria

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
"No one knows tomorrow in the land of the rising sun"
1960年、ナイジェリアのラゴスが独立で歓喜で沸く中、双子の姉妹のオランナ(タンディ・ニュートン)とカイネネ(アニカ・ノニ・ローズ)がロンドンから帰ってきていた。その後2人は全く別の道を歩む。オランナは恋人で数学の教授をしていて活動家としての顔も持つ野心家オボニデ(キウェテル・イジョフォー)との生活を選んだ。しかし平坦な道ではなかった。オボニデの母に反対し、しかも彼女の策略でオランナには悲劇が待っていた。そんな2人を見守るのが、オボニデに雇われたハウスボーイ(小間使い)のウグウ(ジョン・ボーイエガ)であった。そしてカイネネはキャリアウーマンとして成功し、リチャード(ジョゼフ・マウル)と結ばれた。しかしビアフラ戦争が勃発。オランナとカイネネは、ウグウと共にナイジェリアを逃げ回る事になった...

ナイジェリアが独立してから、7年後に起きたビアフラ戦争を舞台にした男女の愛憎物語。原作がオレンジ賞を受賞したり、オスカー候補となったキウェテル・イジョフォーが主演という事もあり、話題に上ったが、アメリカでは映画祭が殆どで、ビデオ・オン・デマンドで一般開始という寂しい上映となった。キウェテル・イジョフォーとは昔からの知り合いというビイ・バンデレ監督の作品。バンデレがチママンダ・アディーチェの原作を脚本にした。原作は残念ながら読んでいないが、多分ざっくり切ってしまっただろうなーは、見ていて感じた。映画を見ているだけで、上手くまとめられていないのは伝わる。俳優達は体当たりで、この物語を伝えようとする熱は感じた。特に、情熱的なオランナを演じたタンディ・ニュートンは、体当たりであった。全てを見守るウグウの優しさと底力を演じたジョン・ボーイエガも光っていた。

ビアフラ戦争は、飢餓を生んだ過酷な戦争だったと聞いている。そんな状況が映画からはイマイチ半分くらいしか伝わってこなかったのが残念である。
(Reviewed >> 8/10/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
凄い楽しみにしていた作品!なんてたってキウェテル・イジョフォー様ですからね!最近は似ているゾーイ・サルダーニャにお株を奪われておりますが、タンディ・ニュートンも好きな女優の1人だし、アニカ・ノニ・ローズも大好き!そしてデンゼル・ワシントンの若い頃にそっくりなジョン・ボーイエガはもっと見たいじゃないですか!だって次期『スター・ウォーズ』に出る時の人でもありますし!という事で、正に役者が揃ったとは、この事。しかも原作がアフリカの女流作家で最年少で賞まで取っているチママンダ・アディーチェ。これは、もう!!でしょ?でも、一般劇場公開はされないし、いつの間にかビデオ・オン・デマンドで公開して、1週間後にDVDになって発売... これはヤバイパターン。そんな筈はない!!と見ましたよ。

1960年10月1日、ナイジェリアの都市ラゴスでは独立で湧き上がっていた。そこにロンドンから戻ってきたのが、裕福な家庭で育ったイボ人のオランナ(タンディ・ニュートン)とカイネネ(アニカ・ノニ・ローズ)という双子の姉妹(似てないけど)。2人は両親との食事もそこそこに済ませて、パーティに行く。そこには、イギリスからやってきたリチャード(ジョゼフ・マウル)が居た。カイネネはリチャードと会話をするが、わざとそっけない態度をとるカイネネ。そんなカイネネが気になるリチャードは、翌日に電話をして、デートする事になった。一方、オランナは大学の数学教授で活動家でもあるオボニデ(キウェテル・イジョフォー)の傍に移り生活を始める。しかし結婚は先送りにしていた。その事もあり、オボニデの母親はオランナが気に食わなかった。そんなオボニデの母の策略にハマってしまうオランナ。しかもナイジェリアは、クーデターが勃発しイボ人が殺戮にあい、内政が不安定となっていたのだ。オランナとオボニデも安定した生活を捨て逃亡しないとならなかった。命を守る為に。一方、カイネネは無事にリチャードと結ばれ、自分のキャリアウーマンとして成功していた。そんなオランナとカイネネの愛の軌跡を見届けていたのが、オボニデに雇われたハウスボーイのウグウ(ジョン・ボーイエガ)であった。彼はオボニデとオランナと共に戦火を逃れ、ずっと支えていたのだった...

ぜっーーーたいに面白い筈なんですがねー。なんだろう?昼ドラぽかった。日本の昼ドラでもあるよね、戦争時を舞台にした愛憎劇。あんな感じしたね。原作の方が面白い筈。上手くまとめられてないのかもね。戦争も姉妹の愛憎劇も話途中で終わった感じが強いね。舞台になったビアフラ戦争は、とても過酷で、アフリカで飢饉にあえぐガリガリの体なのに、おなかだけぽっこり出た子供のイメージはこの戦争からだった。それくらい、ビアフラの人々は過酷な状況下に居たのだけど、それは全く感じなかったかな。まあ非道だったのは、空港のシーンくらいかな?あとは、昼ドラぽかった。爆発ばかりでしたね。

まあ、タンディ・ニュートンは脱ぎっぷりがいい!こういう情熱的な役をやらせると良いんだよね、タンディは。でも一番印象に残ったのは、ジョン・ボーイエガ君かなー。『Glory / グローリー (1989)』の頃のデンゼル・ワシントンにしか見えない!っていうのもあるけれど、ボーナス映像で撮影風景が見れるんだけど、そこでずっーーとキウェテル・イジョフォーの一歩後ろにいて、観察していたのが印象的!虎視眈々の狙っている感じがしますね、彼のあの真っ直ぐな目からは!!という事で、また彼への期待度がアップした!

 トリビア
「2012」のキウェテル・イジョフォーとタンディ・ニュートン、「ドリーム・ガールズ」のアニカ・ノニ・ローズが出演のドラマ。チママンダ・アディーチェが書いたナイジェリアのビアフラ戦争が舞台の同タイトル小説「半分のぼった黄色い太陽」が原作。「アタック・ザ・ブロック」で一躍人気者になった、イギリス出身のジョン・ボーイエガも出演。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt2215077/
http://en.wikipedia.org/wiki/Half_of_a_Yellow_Sun_(film)
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
from Amazon.com
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
from Amazon.co.jpNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2013-07-24
>> HOME