2914
Cast >>Will Ferrell (James King), Kevin Hart (Darnell Lewis), Alison Brie (Alissa Barrow), Edwina Findley (Rita Lewis), Craig T. Nelson (Martin Barrow), T.I. (Russell) ...
Director >>Etan Cohen
Writer >>Jay Martel, Ian Roberts
Producer >>Will Ferrell, Adam McKay
Genre >>Comedy
Country >>USA
Release (US) >>03 / 27 / 2015

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
"Google 'I Have a Dream' speech a-holes!"
ジェームス・キング(ウィル・フェレル)は、ハーバード出でヘッジファンドで働く男。会社の上司マーティン(クレイグ・T・ネルソン)の娘アリッサ(アリソン・ブリー)との結婚も決まっていたやり手。一方ダーネル(ケビン・ハート)は洗車会社の小さな会社を持っているが、小学校なのに金属探知器のある環境の悪い学校に通う娘の為に早く良い所に引っ越したいと思っているがローンが認められずにいた。ダーネルは2年もずっと洗車しているキングに投資を申し込むも、話がかみ合わずに終わった。1ヵ月後、キングは詐欺と横領罪で逮捕されてしまう。マーティンは助けるが、悪名高いサンクェンティン刑務所での10年の禁固刑が言い渡された。絶望的なキングは、ダーネルに刑務所内での心得を教えてもらう事にするが...

ウィル・フェレルとケビン・ハートという今活躍中の人気コメディアン2人の共演なのに、公開後には批評家からは散々の評価を受けたコメディ。まあ批評家は嫌いでしょうねというこき下ろすのに丁度良いコメディ。確かにいい映画でもないし、いいコメディでもない。でも笑ってしまうコメディ映画だ。ウィル・フェレルはいつもの調子で飄々とハーバード出の無垢で世間知らずな男を演じる。ケビン・ハートもいつもの調子で本当はいい奴で頑張っているキャラを演じる。確かに刑務所のステレオタイプを笑っているコメディではあるが、まだ今の状況はこんな感じだし、時代は変わっていないのだからこうなった。

もちろん、ウィル・フェレルとケビン・ハートのベストと言っている訳ではない。けど目くじら立てて最低だと罵るほどでもない。そんな事していると、ジョジョの中々の台詞を聞き逃してしまうぞ。
(Reviewed >> 8/2/15:DVDにて鑑賞)

 100本映画
去年中頃までは物凄い勢いだったが、今年に入ってからケビン・ハートの調子が悪い。理由は今年に入ってからなのか、フィアンセと婚約してからなのか分からないが、とにかく当たってない印象。とは言え、1位じゃないってだけなんだけど、今までがずっと1位だったからね。そして更にはソニーピクチャーズの重役にこっそりディスられていたりと散々だ。そんなケビンがウィル・フェレルと共演のダブル主演!

という事でこの映画もややヒット。毎回、興行成績は初登場1位!だったケビン・ハートも、アニメに敗れて2位。批評家からは散々な批評を受けている。人種的&同性愛者へのジョークがキツイというのがその理由。まあ確かに同性愛者へのジョークはキツイかなとは思うけれど、人種的なものはそこまで目くじら立てるかな?という程度。なんていうか、逆に白人側が抱えている偏見を笑っているようにも思えましたけどね。ウィル・ファレル演じるジェームス・キングはハーバード出で白人以外の世界を全く知らずに育ってきたような人。ジェームス自身「White or miscellaneous(白人か、寄せ集め)」と平気で言っちゃう男。でも超真面目。ハーバードに入る位だから勉強家。黒人のカルチャーを知った時には、真剣に学んでしまうのが面白かった。まあでもこういう人居るよねーと。刑務所について知った時もそうだね。Shanks(刑務所内で寄せ集めで作るナイフ)を10本くらい作っちゃう。そういう奴なんだって分かった後だから、ジェームスとケビン・ハートが演じたダーネルは友情を育める。まあなんでも差別的!って思ってしまうのは良くないですよね。まあ確かに要らないシーンもあったけど。

でも!T.I.がクレンショー(LAの黒人移住区)のギャングのリーダーっていうのは如何なものか!T.I.はやっぱりサウスのキングだよね。あの役はザ・ゲームかY.G.辺りにやって欲しかったかなー。訛りがキツイとかじゃないんだけど、やっぱり雰囲気がサウスだよね、T.I.は!下手とかじゃないんだ、醸しだされる雰囲気なのよ。でもそんなT.I.演じるギャングのリーダーのラッセルに向かって、ジェームスが「ラッセルは雰囲気がもう自然的なリーダー!若い頃のロナルド・レーガンだねー」と言って、みんなが???になっちゃうのが面白い。ジェームスと周りのギャップが最高に面白い。

ジェームスが出来ない事の一つが「Fit in(適応する)」という事。空気を読んだりするのが苦手な人っている。ダーネルは逆でいつも空気を読んでしまう。甘んじてしまう。という事でお互いが埋めていくわけですね。

ウィル・フェレルの独特な「何もしりませんよ、私は」といういつものアレがわざとらしくて最高だよね。確信犯的にやっているあの表情。いつも通り!!だからこの映画面白い。ケビン・ハートもいつものように心は真っ直ぐ一生懸命!2人の良さが上手く絡んでいたとは思うけれど、まあちょっとだけ脚本がよくなかったよね。でも、ギャングの1人が良いこと言ってたりするよ。

それにしても2パックの「Changes」良い曲だよねー。惚れ惚れする!!

 トリビア
ウィル・フェレルとケビン・ハート初共演のコメディ作品!ウィル・フェレルがいつものようにアダム・マッケイとプロデュース。監督は脚本家として『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』に参加しているイータン・コーエンの長編監督デビュー作。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt2561572/
http://en.wikipedia.org/wiki/Get_Hard
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=355256

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
from Amazon.com
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
from Amazon.co.jp
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2015-02-04
>> HOME