1282
Cast >>Chip Fields (Osa Lee), Louis Gossett Jr. (Rex), Paulene Myers (Teresa), Richard Ward (Ned), Dick Anthony Williams (Freeman) ...
Director >>Lloyd Richards
Writer >>Phillip Hayes Dean (play)
Producer >>Barbara Schultz
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
The another American story
フリーマン(ディック・アンソニー・ウィリアムス)は身重の妻(チップ・フィールズ)が居たが、自分の両親ネッド(リチャード・ワード)とテレサ(ポーリン・メイヤーズ)の元に住んでいた。中々ちゃんと定職を持たないフリーマンに、家族は不満を抱えていた。そんな時にレックス(ルー・ゴセット・ジュニア)がやってくる。彼は成功した医者で、母が亡くなってからこの家族が面倒を見てきた。フリーマンとは兄弟のような関係だった。フリーマンは街のコミッショナーへ立候補するが、レックスはなぜかそれを止めるが...

有名な黒人演出家ロイド・リチャーズが監督。「The Sty of the Blind Pig / 日本未公開 (1974) (TV)」のフィリップ・ヘイズ・ディーンが劇作家。「The Sty...」と同じく聖書が関係している。今回のは聖書の話と現代的な物語がミックスされている。兄弟のように育ったフリーマンとレックスの話は聖書のエサウとヤコブやケインとアベルのようだし、どことなく有名な劇作「セールスマンの死」をも思わせる。悲劇的な話を見事に黒人独特の経験に組み込ませているので、引き込まれる。フリーマンという名前を持った男の厳しい人生の描き方が見事だ。

悲しすぎる位に現実的で、厳しすぎる位に忠実。これもまたアメリカンドリームの裏側にあるアメリカの物語なのだ。
(Reviewed >> 6/10/11:DVDにて鑑賞)

 100本映画
ずっと読んでいただいている方には何となくご想像がつくかもしれませんが、PBSが放送しDVD化された舞台の映像を見るという小さなマイブームがやってきております。そういえばタイラー・ペリーで映画化された「For Colored Girls Who Have Considered Suicide/When the Rainbow Is Enuf / 日本未公開 (1982)」も同じシリーズでしたね。理屈無しに面白い。とにかく面白い。物語が面白すぎるし、演技が凄すぎる。このシリーズの凄さはオリジナルキャストで映像として残されている所でしょうかねー。

この劇では、有名な黒人演出家のロイド・リチャーズが監督を担当。劇作は「The Sty of the Blind Pig / 日本未公開 (1974)」のフィリップ・ヘイズ・ディーン。こちらの作品はニグロ・アンサンブル劇団ではありません。しかし「The Sty of the Blind Pig / 日本未公開 (1974)」では盲目ジョーダンを演じていたリチャード・ワード、そして「愛と青春の旅立ち」にてアカデミー賞助演男優賞を受賞したルー・ゴセット・ジュニアが出演してます。主役を演じたのが最近では「Blood and Bone / ブラッド&ボーン 真拳闘魂 (2009)」にも出ていたディック・アンソニー・ウィリアムス。この3人の男達が良い。リチャード・ワードが家長で父を演じていて、ルー・ゴセット・ジュニアがその家でお世話になって今は医者として成功した男を演じている。主役のディック・アンソニー・ウィリアムスはタイトルにもなっているフリーマン役で、彼は家の長男。お父さんが優しい。でもなあなあ主義。選挙で納得いかない形で負けた息子に対して「誰かが負けなきゃならねぇ」と諦めさせる。ルー・ゴセットが演じた役も非常に難しい。一見では嫌な男。でも家族というものに嫉妬しながら生きてきたのも分かるんですね。フリーマンは名前通りに自由な男。でも大人になりきれていない部分があったりする。お父さんに甘やかされた部分もある。でもそういう甘えが彼を本当の意味での「フリーマン」にはしていなかったのです。もう最後は悲しすぎる位の現実が待ってます。心打ち砕かれましたね。リチャード・ワードの優しいお父さんが涙を誘う訳ですよ。ロイド・リチャーズの演出が上手いですね。

ちなみに今回親子を演じたリチャード・ワードとディック・アンソニー・ウィリアムスは、スティーブ・マーティンが主役の「The Jerk」という作品で2人はまた親子でスティーブ・マーティンの家族を演じてます。ふふふ。家族よ。





ちなみにIMDBのクレジットにはなぜか脚本にコメディアンのポール・ムーニーがクレジットされている。映像のオープニングクレジットもエンディングクレジットにも彼の名前は確認されなかった。ポール・ムーニーの自伝も読み返してみたけれど、見つからない。たんなる間違いだと思われます。

 トリビア
ブロードウェイで上演された舞台劇の映像。TVにて放映された。ルー・ゴセット・ジュニアが出演。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0272095/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2011-06-04
>> HOME