4654
Cast >>Shameik Moore (Malcolm), Tony Revolori (Jib), Kiersey Clemons (Diggy), Blake Anderson (Will), Zoe Kravitz (Nakia), A$AP Rocky, Forest Whitaker (Narrator), Keith Stanfield (Bug), Rick Fox (Councilman Blackmon), Kimberly Elise (Lisa Hayes), Chanel Iman (Lily), Roger Guenveur Smith (Austin Jacoby), De'aundre Bonds (Stacey) ...
Director >>Rick Famuyiwa
Writer >>Rick Famuyiwa
Producer >>Forest Whitaker, Nina Yang Bongiovi
Genre >>Comedy
Country >>USA
Release (US) >>06 / 19 / 2015
Release (JP) >>07 / 30 / 2016

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"If I was white would you even have to ask me that question?"
マルコム(シャミーク・ムーア)は、イングルウッドに住むイケテないグループに属する90年代ヒップホップオタクな高校生。勉強は出来るのでハーバードを目指しているが、校長にはイングルウッドから無理!と言われてしまう。仲間のディギー(キアシー・クレモンズ)はレズビアンで男勝り、ジブ(トニー・レヴォロリ)は祖先が分かるサイトによれば14%黒人でインド系。3人はパンクバンド「オレオ」もやっているが、いつもチャリ。学校ではイケテるグループのバグ(キース・スタンフィールド)にスニーカーをいつも取られそうになる。マルコムは近所に住む年上のナキア(ゾーイ・クラビッツ)に憧れているが話す事すら出来ない。そんな時、近所で麻薬売りをしているドム(A$SPロッキー)に話掛けられ、代わりにナキアに話しかけてこいと言われ、ドキドキしながら話に行った。ドムの誕生日パーティがクラブであるので来てほしいと伝えると、ナキアはマルコムが行くならと答えた。そのパーティでマルコムの人生が変わってしまう...かもしれない...

監督のリック・ファムュイワによるLAゲトーの甘酸っぱい青春映画第2弾。最初の『ソウルメイト』は、ノスタルジックな青春映画だったが、今回はノスタルジックさもあるが、何よりもドープ。今風であり、90年代のヒップホップの良い所どりでもある。90年代のヒップホップが好きなら絶対にこの映画を好きになる。それだけヒップホップがテンコ盛りなのだ。PEのファイト・ザ・パワーは89年だし、ジェイーZのブループリントは2000年、90年代じゃねーよ!っていう台詞もこれまた最高である。しかもA$APロッキーがそれを言っている。ゾーイ・クラビッツはチャーミングだけど、こういう映画でヒロインか?と思ったけれど、物凄いキュートでカッコいいヒロインだった!今までで一番可愛い。そしてモデルのシャネル・イマンが超脱ぎっぷりは良いわ、ハチャメチャだわ、とにかく最高だった!あそこまでやる必要なんてない人なのに!そしてこの監督らしく主人公が3人ともそれぞれがキュートで魅力的。映画館出る頃には、確実に3人を好きになっている。

苦しい事も辛い事もやるせない事も沢山あるけど、自分の人生だから自分で変える。超ギーグでジーンズは超ダサいし、たまに嫌な発言もしちゃうけど、でも超キュートで超ヒップホップで超ドープ(イケテいる)!
(Reviewed >> 6/19/15:劇場にて鑑賞)

 100本映画
( *´艸`)ふふふ、もう我慢出来ない!言いたい!早く言いたい!!なんていうか、最近のヒップホップ映画が最高だよね。『Big Words / 日本未公開 (2013)』もそうだった!!90年代ヒップホップを扱うと絶対に映画が良くなる。いやー、この映画本当に最高でした!!

マルコム(シャミーク・ムーア)は、所謂ギーク。友達のディギー(キアシー・クレモンズ)もジブ(トニー・レヴォロリ)もギーク。3人は悪名高いロサンジェルスのイングルウッドに住み、毎日チャリで学校に通っている。マルコムは成績優秀で、ハーバード大学を狙っている。大学入試のパーソナルエッセーは「アイス・キューブの”イット・ワズ・ア・グッド・ディ”の重要性について」で、曲を分析してみせたほど90年代のヒップホップに心酔していた。けれど校長には「なにこのエッセー?ふざけてるの??それにイングルウッドからハーバードなんて無理に決まってるじゃん!」と一蹴。しかし近々、推薦してもらえる人に会って面接する予定。校長は「無理だと思うけどね」と、一枚の名刺をマルコムに渡す。ディギーはレズビアンで完全なる男の子、ジブはインド系だがancestry.comによると14%は黒人らしい。3人はパンクバンド「オレオ」を結成している。マルコムはバス運転手のママと暮らし、父親の事は知らない。どうやらナイジェリアに逃げたらしく、いつの日か『Super Fly / スーパーフライ (1972)』のビデオテープと絵葉書を送ってきた事だけが父との記憶。学校ではジョックやチョイ悪系に属するバグ(キース・スタンフィールド)にイジメられ、スニーカーを取られる事もあった。そんなマルコムの憧れは近所に住むナキア(ゾーイ・クラビッツ)。しかし話す事すら出来ない。ある日、近所のドラックディーラーであるドム(A$APロッキー)に、代わりにナキアに話してきて欲しいとパシリにされ、ドキドキしながらナキアに話しかけた。クラブで開催されるドムの誕生日パーティに誘ったのだった。ナキアはドキドキするマルコムに「貴方が行くなら行くわ」と答えた。これはチャンスとマルコムは仲間と共にクラブに行くが、ケミカルウォッシュのジーンズのダサい奴等はもちろん門前払い。しかしドムが話しをつけてくれて中に入るが...

って、ここからの展開が凄いんですよ。カーダシアン一家の未成年の女と付き合っているタイガ(Tyga)が...もうゲラゲラ笑った!A$APロッキーにMOORSやっているキース・スタンフィールドに、新世代のラッパーが出演。スタンフィールドは俳優が本業だから当たり前だけど、演技力が心配されたA$APロッキーが中々良い!!悪すぎもせず、だからと言って不良性が全然無いとも言えず、いい塩梅でしたね。この世代のラッパーは演技も上手いねー、ロッキーといい、YGといい!!まあ彼等が俳優として出ているという事もあるんですが、この映画はヒップホップがもう一つの主役でしたねー。主人公が90年代ヒップホップが大好きなので、その年代のヒップホップが一杯掛かる!エリックB&ラキムの「Juice」とか、Nasの「The World Is Yours」とか、ア・トライヴ・コールド・クエストとか、ノーティ・バイ・ネイチャーとか、ディガブル・プラネッツとか!!!!音楽を担当したのがファレル・ウィリアムス。でもヒップホップだけじゃなくて、ギル・スコット・ヘロンとかも”効果的”に掛かるんだよ!最高でしょ!

この映画のヒップホップも最高だけど、女優も最高だった!マドンナ役のゾーイ・クラビッツは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に続いてだけど、今回はまた全然違っていて可愛い。立派な憧れマドンナでしたよ!なんていうか頭のいいギークが惚れるに等しい「綺麗なお姉さん」でしたよ。仲間の一人であるディギー役のキアシー・クレモンズがこれまたチャーミング!!男ぽいんだけど、いや男よりも男で男らしい!!「私たちも行きたいって言ったんだし、同罪」という時は本当にカッコ良くて惚れた!そしてモデルであるシャネル・イマンね!ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルだったと泣く子も黙る経歴をもちながら、あそこまでやるかー!!という衝撃ね。もうただただビックリ。あそこまでやるとカッコいいね。彼女の場合、やる必要なんて無いからね!!完全にファンになったわ!って、元彼のA$APロッキーと共演しているんだよね。

って、この映画のリック・ファムュイワ監督って、LA撮るのが上手いね!スパイク・リーのニューヨークと同じものを感じるよ。『The Wood / ソウル・メイト (1999)』に続いてのイングルウッドもの2作目。ナイジェリアの移民としてLAのイングルウッドで育ったファムュイワ監督の絵が、LA観光しているみたいで面白かった!

台詞とかもいちいち面白い!「白人もの(White Sh*t)リスト」にDonald Glover / ドナルド・グローバーが入ってたのが笑ったわ!もちろん主役のマルコム役のシャミーク・ムーアも可愛すぎる!ファムュイワ監督って、この年代の男の子を撮るのが本当に上手い!『ソウル・メイト』のショーン・ネルソンも最高だったもんね。主人公くらいの年の頃は苦労してナンボ!苦労とか失敗とかが、自分の糧になる。だからこそ主人公が自分で考え、自分の人生を変えた所に物凄く共感出来るんだよね。この映画の持っているメッセージ性も最高だよ。

そして今回はディアンドレ・ボンズが完全復活!口論の末におじさんを殺してしまって、ずっと刑務所に入っていた俳優。『Get on the Bus / ゲット・オン・ザ・バス (1996)』にも出ていたことがある。今回は学校の警備員役で、いい感じですよ!

と、我慢できずに先にこの作品を紹介しちゃいました。観た日が前後しちゃうけど、ごめんねー。また長々と...これでも半分に抑えましたから!!まだまだ話したいネタは一杯!って位、この映画には一杯ネタが詰まってます。

 トリビア
『The Wood / ソウル・メイト (1999)』などで知られるリック・ファムュイワ監督の最新作。俳優のフォレスト・ウィッテカーが制作とナレーターを担当。ロサンジェルスのイングルウッドが舞台の青春映画。A$APロッキーやタイガ等のラッパー達も登場。サンダンス映画祭にて上映。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2015 映画秘宝 私が選んだベスト10 2015年度4位
2015 映画秘宝 私が選んだベストガール : シャネル・イマン
2015 映画秘宝 私が選んだベストシーン : シャネル・イマンの全シーンとラストで主人公が踊るシーン

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt3850214/
http://en.wikipedia.org/wiki/Dope_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=356672

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
from Amazon.com
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2015-02-01
>> HOME