4105
Cast >>Denzel Washington (Doug Carlin), James Caviezel (Oerstadt), Paula Patton (Claire Kuchever), Val Kilmer (Agent Pryzwarra) ....
Director >>Tony Scott
Writer >>Terry Rossio, Bill Marsilii
Producer >>Jerry Bruckheimer
Genre >>Action
Country >>USA
Release (US) >>11 / 22 / 2006
Release (JP) >>03 / / 2007

 総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Have you seen a movie like this?
ニューオリンズの沖合いでアメリカ海軍の軍人やその家族が300人以上も犠牲となった事件が起きた。ATF捜査官のダグ(デンゼル・ワシントン)は、独自に捜査を開始して、FBIもまだ掴んでいない情報を手に入れた。ダグは、最新設備が整った捜査チームに任命されて...

あまり見たことのない新しい感覚の映画だと思う。現実とテクノロジーが交差して、現実なのか何なのか分からなくなる。タイムマシーンという物が本当に出来た時の大きなテーマになりますよね。「バックトゥザフューチャー」は、それが大きなテーマだった。この映画も「バックトゥ...」も、結果的に将来が良くなら運命とかを変えても良い... まだ「バックトゥ...」の頃は夢のあるテーマだったと思うのだけど、今回の映画の場合、ひょっとしたらあんな事が実際に行われているのかも?なんて思える程に、私達はテクノロジーに麻痺されているような気がした。
ドラマとしても凝っている。今まで結婚もしていない主人公のダグ。あまり人の間に入るのが好きじゃない人ような印象を受ける。所が、その最新テクノロジーのせいで、クレアという女性の生活やら間に入り込んでしまい、運命を変えていく。最後のシーンで、以前ダグがクレアに尋ねた事を、今度はクレアがダグに尋ねる。その時の「ノー」の答えの時のデンゼル・ワシントンの表情が覚えているような覚えてないような、実に意地悪な表情をするのが魅力的だ。

ラストも冒頭で見た筈なのに、どうなるのだろう?と物凄くドキドキする。しかも、今までの謎の部分がどんどん解けていくと、余計にドキドキする。この映画前に見たっけ?という最近良くありがちな「デジャヴ」映画では決して無い、新感覚。
(Reviewed >> 7/23/07:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
デンゼル・ワシントンが、再び「マイ・ボディガード/Man On Fire」のトニー・スコットと組んだ作品。共演には、「パッション/Passion」ジム・カヴィーゼルや「Idlewild」のポーラ・パットン、ヴァル・キルマー等。

 その他

 受賞歴
>> Academy of Science Fiction, Fantasy & Horror Films, USA
2007 Nominated Best Science Fiction Film

>> Black Reel Awards
2007 Nominated Best Breakthrough Performance : Paula Patton

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://imdb.com/title/tt0453467/
http://en.wikipedia.org/wiki/D%C3%A9j%C3%A0_Vu_%28film%29
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=325438

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2006-09-13
>> HOME