3076
Cast >>Max Gail (Harold), Adam Baldwin (Albert Hockenberry), Mr. T (Samson), Charlie Barnett (Tyrone), Gary Busey (Dell), Paul Rodriguez (Xavier), Whitman Mayo (Mr. Rhythm), Irene Cara (Irene Cara) ....
Director >>Joel Schumacher
Writer >>Joel Schumacher, Topper Carew
Producer >>Topper Carew
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
Feel good, happy-go-lucky, energetic, happyending and Irene Cara! ... good ol' 80's!!
ハロルド(マックス・ゲイル)が経営するD.C.キャブは、夢のある明るい若者達がドライバーをしていたが、車はオンボロで接客も大雑把で、しかも監査官が必要以上に彼等に付きまとい、経営は傾いていた。そんな中、ハロルドの戦友の息子アルバート(アダム・ボールドウィン)が、訪ねてやってきて、タクシードライバーになりたいと言った。そんな中、高価なバイオリンをタクシーに置き忘れ、その報酬でD.C.キャブは大金を手にするが、ハロルドの妻が独り占めしてしまう。更には、勤務中のアルバートと大使の子供たちが誘拐されてしまう...

「カーウォッシュ」の80年代版とも言える、アンサンブルコメディ。「カーウォッシュ」のジョエル・シュマッカーが監督。群像劇を描くのが巧いシュマッカーらしい作品で、それぞれのキャラクターを巧く生かしている。このタクシー会社もミスターTをはじめ、個性の集まり。日本ではあまり知られていないチャーリー・バーネットの使い方も見事。これまた日本では全然知られていないホイットマン・メイヨの使い方が絶妙である。あの「サンフォード&サン」の時と同じだ。
内容も80年代らしさが全開で、決して観客を暗い気分にはさせない明るい内容。はっきり言えば、バカ全開。

エンディングではアイリーン・キャラがまた明るい希望のある歌詞を歌う。これ以上に80年代を象徴する事はない。明るさだけが取り柄だった80年代が、この映画の中で活き活きとしている。
(Reviewed >> 3/3/12:DVDにて鑑賞)

 100本映画
ポスターの感じから、ミスターTが1人タクシーで大暴れしているアクション映画だと勝手に想像したんですが、完全に「Car Wash / カー・ウォッシュ (1976)」をワシントンDCのタクシー会社に舞台を移したした作品ですね。でもこれはこれで最高に笑った。ジョエル・シュマッカーお得意の群像劇。この人、本当に群像劇が巧い。まあその真骨頂が「セント・エルモス・ファイアー」ね。この映画は「カー・ウォッシュ」と同じくコメディアンを集めて作ったコメディ。黒人のコメディアンも随分と興味深い人ばかりが出ている。チャーリー・バーネットにホイットマン・メイヨにジム・ムーディにマーシャ・ワーフィールド。まあ全員、日本人には馴染みが全くないですよねー。マーシャ・ワーフィールドは80年代にTVシリーズで有名な人で、当時はウーピー・ゴールドバーグかマーシャか?とまで言われていた人。ホイットマン・メイヨは、レッド・フォックスの「サンフォード&サン」というシットコムで第3のキャラのグラディとして活躍。レッド・フォックスが病で出れない時には、大活躍していた人です。そして、ジム・ムーディーは....なんと「Dance Flick / 最強絶叫ダンス計画 (2009)」で、マーロン・ウェイアンズが演じていたミスター・ムーディのモデルとなった人なりよ!マーロンがNYの芸術学校時代に、演技の先生をしていたのがジム・ムーディ。あのマーロンが演じていたバーコード頭でこの映画にも出てますよ。そして、チャーリー・バーネット。この人はスーパースターになっていたかもしれないコメディアン。「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーに決まりかけていた。しかし最後の最後でエディ・マーフィが現れ、彼にレギュラーを奪われた人物。デイブ・シャペルは、このチャーリー・バーネットにくっついていた時期があった。スタイルは全く違う二人だが、デイブはこのチャーリー・バーネットに多大なる影響を受けているのです。彼のスタンダップライブ「Killin' Them Softly」は、このチャーリー・バーネットに捧げられています。で、なんで我々はチャーリー・バーネットを知らないか?ですよね。それは1996年に41歳という若さで他界しているからです。この映画で、そのチャーリー・バーネットは最高に輝いております。ピッタリな役で実に活き活きと演じております。この映画に出ている人みんなそれぞれが、本当にピッタリな役なんです。それがジョエル・シュマッカーの巧さ。ミスターTも、やたらと近所の子供たちを思う正義のヒーローバカで最高!そのミスターTが、みんなを説得させるために演説していたのが、後で引きで見るとリンカーン記念館。最高!

もうとにかく明るい。最悪な状況でも明るい。ベトナム戦争も明るく描写。もうとにかく80年代!最後にはアイリーン・キャラの歌。やたらと軽快。でも、私はこんな感じのアメリカを10代の頃に見ていたから、アメリカ好きなんだよねーと思い出しました。ザ・80年代。最高ー!!

 トリビア
「特攻野郎Aチーム」でお馴染みのミスターTが主演のアクション映画。共演には、ゲイリー・ビジー等...また監督を勤めたのが、「カー・ウォッシュ」で脚本を、そして、「バットマン」で監督を勤めたジョエル・シューマカー。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. "The Dream" - Irene Cara
2. "Single Heart" - DeBarge
3. "Party Me Tonight" - Stephanie Mills
4. "Knock Me On My Feet" - Champaign
5. "One More Time Around The Block Ophelia" - Gary U.S. Bonds
6. "D.C. Cab" - Peabo Bryson
7. "Deadline U.S.A." - Shalamar
8. "World Champion" - Leon Sylvers III
9. "Squeeze Play" - Karen Kamon
10. "Knock Me On My Feet (Instrumental)" - Giorgio Moroder
11. "Vietnam" - Jimmy Cliff
12. "Why Baby Why" - Gary Busey

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0085387/
http://en.wikipedia.org/wiki/D.C._Cab
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14986

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2007-07-12
>> HOME