4022
Cast >>Michael B. Jordan (Adonis Johnson Creed), Sylvester Stallone (Rocky Balboa), Tessa Thompson (Bianca), Tony Bellew ("Pretty" Ricky Conlan), Graham McTavish (Tommy Holiday), Phylicia Rashad (Mary Anne Creed) ...
Director >>Ryan Coogler
Writer >>Ryan Coogler, Aaron Covington
Producer >>Irwin Winkler, Robert Chartoff, Sylvester Stallone, Kevin King Templeton
Genre >>Drama
Country >>USA
Release (US) >>11 / 25 / 2015
Release (JP) >>12 / 23 / 2015

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"If I fight, you fight"
1998年ロサンジェルス、まだ小さい少年アドニスは少年刑務所で喧嘩に明け暮れていた。そこに訪れたのがメアリー・アン(フィリシア・ラシャド)だった。お母さんは早くに亡くなり、お父さんは居ないと信じ込んでいたアドニス。メアリー・アンが彼の父の存在を明らかにする... 月日は経ち、2015年、アドニスはメキシコのリングにいた。勝って帰ってきて、父がいた昔のジムでデュークの跡を継いだリトル・デューク(ウッド・ハリス)にトレーニングを依頼するも断られる。そしてメアリー・アンからは猛反対されたが、それでもリングの上に立ちたいと思ったアドニスは、フィラデルフィアに向かった。父の対戦相手で親友のロッキー(シルベスター・スタローン)にトレーナーをお願いするのだった。しかしロッキーは頑なに断る。しかしアドニスは諦めなかった...

あのボクシングの不朽の名作『ロッキー』から、ちょうど39年を経てスピンオフされた作品である。満を持したとはこの事を言う。あの『ロッキー』を超えるボクシング映画は中々出てこない。あのストーリー、そしてあの音楽。ちょっと思い出した位でも涙がこぼれる程だ。そんな名作を大切にそして愛を込めて作り直すと、またこんな良い作品になるのだ!と思わせてくれた。
何しろマイケル・B・ジョーダンが最高だ。ロッキーに惚れさす程のチャーミングな魅力、なのにファイターとしての熱い眼も持っている。そしてライアン・ク―グラーの脚本も見事だ。ここまで見事な脚本には中々お目に掛かれない程の見事さだ。『ロッキー』ファンの魂を絶対に熱くさせる台詞の数々にシチュエーション。『ロッキー』ファンならやっぱり!となる部分、いや違うんかい!という部分のチョイスが上手い!!今、映画を思い出して書いているだけで涙が止まらないし、なんかやたらと私も熱いのだ。

この映画はあの『ロッキー』であるが、それともまた違う独特の『クリード』も持ち合わせている。でも、やっぱりあの『ロッキー』なのだ!こんな完璧なスピンオフという名のオマージュ映画に、私は未だかつて出会た事がなかった。とにかく今、猛烈に私の魂は熱い!
(Reviewed >> 11/27/15:劇場にて鑑賞)

 100本映画
とある人々は『ロッキー』(ノω・、) ウゥ・・・って名前を聞いただけで泣ける。私もその一人だ。壮絶な戦いの中、そして裏で、『ロッキー』には様々な死があった。思い出しても泣けるのは、やっぱりミッキーの死であったが、その次はアポロ・クリードである。ジェームス・ブラウンの曲で華々しいスター性を感じる登場で、ロッキーを圧倒していたアポロ・クリード。ロッキーの最大の敵であり、最高の親友であった。アポロのスター性はロッキーをよりアンダードッグなヒーローにした。今回はそのアポロの隠し子(アポロが生きていたら隠すつもりは無かっただろうけど)が活躍するスピンオフ的な作品。『ロッキー』の1作目から39年目に公開。インディペンデンスながら大絶賛された『Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)』の主役を演じたマイケル・B・ジョーダンが、アポロの息子アドニス・クリードを演じ、同作品監督のライアン・ク―グラーが監督。そして『ロッキー』と言えば、やっぱり音楽もですよねー。

1998年ロサンジェルスの青少年矯正施設で喧嘩が起きた。まだあどけない少年アドニスは馬乗りになって、別の少年を叩き続けた。アドニスに会いに来たのが、メアリー・アン(フィリシア・ラシャド)。アドニスはその女性をソーシャルワーカーだと思ったが、メアリー・アンはアドニスの情報を良く知っているようだった。アドニスの母が若くして亡くなってしまった事など。アドニスはメアリー・アンに「俺には父さんはいない」と告げた。そうすると、メアリー・アンはアドニスに信じられない事を告げた。「居るのよ。私はその貴方の父の妻だったから」と。名前は?と尋ねるアドニス。そして時は経ち、2015年。アドニス・”ドニー”・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)は、アメリカとの国境近くのメキシコのティファナのリングに居た。難なく勝って勝負強さを見せていた。しかしその12時間後にはちゃんとしたオフィスでアドニスは真面目に働き昇進も打診された。しかし何かアドニスの中で燃え滾るものがあった。母代わりとして育ててくれたメアリー・アンにボクシングをしたいと告げるも、メアリー・アンはアポロをリングで喪った事があり猛反対されてしまう。かつてのアポロのトレーナーであるデュークの息子(ウッド・ハリス)が継いでいるジムにお願いしに行くが、やはり猛反対され拒否される。アドニスは、ロサンジェルスを離れ、フィラデルフィアに旅立つ。かつての父のライバルであり親友のロッキー(シルベスター・スタローン)を訪ねるが...

もうヤバいでしょ?みんなに反対されるけれど...の展開なんて、もうロッキーでしょ?ところで、『フルートベール駅で』の主演と監督コンビなので、その映画が評価されたから、『クリード』に抜擢!だと思っていたのですが、2人の色々なインタビューを読んでいたら、それは違うらしい。『フルートベール』を撮っている時には、ライアン・ク―グラーの頭にこのアイデアがあって、ジョーダンに話していたので、ジョーダンはその頃から本格的にボクシングのトレーニングを始めたとの事。そしてク―グラー監督のお父さんが『ロッキー』の大ファン。監督のお父さんは大柄なんだけど、『ロッキー』を観る度に泣いてしまうらしい。という事で、監督のお父さんは私たちと同じ「とある人々」に属する。そして監督自身も学生時代にフットボールをする前に自分を鼓舞する為に『ロッキー』を何度も観たという。そんな2世代の『ロッキー』オタクの愛が詰まっている作品である。先に書いたように、これはもうロッキーなんですよ!でも、これはクリード家の物語であり、その個性は半端ない。アポロ父さんのような圧倒的なカリスマ性とスター性、それだけじゃなくて昔よりも頑固になったロッキーに惚れられるだけの魅力をアドニスは持っている。ロッキーを「Unk(オヤジ、叔父貴)」と呼んで怒られないのは、アドニスだけでしょう!家にも押しかけたりと、アドニスによるロッキーの巻き込み方がとてもチャーミング。というのが、ロッキーとは違う魅力かなーと。いや、ロッキーもチャーミ...

そして個性と言えば、さりげなくアンダーグラウンドな黒人文化を入れてきた所も個性。さりげなーくね。例えば、アドニスとバイカ―たちが追走するシーン。黒人のオフロードバイクは『12 O’Clock Boys / 日本未公開 (2013)』などでも知られる最近の流行り。『12...』は、ボルチモアだったけど、ボルチモアとフィラデルフィア(フィリー)は近いから、フィリーでも流行っているのでしょう!

トレーニングの仕方がアナログな所がロッキーぽい!と思ったり、色々とロッキーじゃん!と思うんだけど、全然違う所もある。ネタバレになるのでこことここがとか細かく書けないけれど、あのロッキーとは同じ所とそうじゃない所の部分のチョイスが上手い。さすがロッキーオタクだなと思わせてくれる。上手いなと思ったのが、アポロと言えばジェームス・ブラウン!(あのシーンは絶対にアメリカの強さと派手さを表現した最高のシーン!)という事で、あの曲がリミックスされたのが登場曲かな?と思ったら、そうじゃない!2パックなのだ!最高にピッタリでカッコいい。そういう外し方が上手いんだ、この映画。でもロッキーのいい場面でロッキーぽい曲のアレンジだったりと、これまた入れ方が上手い。やっぱり音楽でもヤラレる。ロッキーなんだなっとしみじみ。

という訳で、いろんなネタがあり全部書きたい所ですが... この辺で。とにかくあの『ロッキー』ではある事は間違いない!だって観たら絶対に熱くなるもの!最後ずっと泣きますもの!!!

 トリビア
『ロッキー』シリーズのロッキー・バルボアの対戦相手であり親友だったアポロ・クリード(カール・ウェザース)の息子をスピンオフして制作。アポロ・クリードの息子アドニス・クリード役には『クロニクル』や『フルートベル駅で』のマイケル・B・ジョーダン。シルベスター・スタローンもロッキー役で登場!監督はジョーダンとは『フルートベル駅で』で組んだライアン・クーグラーが抜擢された。相手役には注目を集めるテッサ・トンプソン。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2015 映画秘宝 私が選んだベスト10 2015年度1位
2015 映画秘宝 私が選んだベストガイ : マイケル・B・ジョーダン

 サウンドトラック


Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt3076658/
https://en.wikipedia.org/wiki/Creed_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=354167

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
from Amazon.com
Book
Not Available
Soundtrack
from Amazon.com
from Amazon.co.jp
from Amazon.co.jp
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2015-08-18
>> HOME