1214
Cast >>Zacharia Mgabi (Zachariah), Vinah Bendile (Vinah), Miriam Makeba (Miriam), Lewis Nkosi (Lewis), Bloke Modisane (Bloke), Can Themba (Can), Myrtle Berman (Myrtle) ...
Director >>Lionel Rogosin
Writer >>Lionel Rogosin, Bloke Modisane, Lewis Nkosi
Producer >>Lionel Rogosin
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"People judge us, people distinguish color easily"
1959年、町にはビルが立ち並び喧騒の南アフリカのヨハネスブルグ。アパルトヘイト政策の真っ只中であった。そんな中、ザッカリア(ザッカリア・ムガビ)は仕事を求めて、金炭鉱の町にやってきた。しかし残してきた妻や子供達が心配なので、ヨハネスブルグへ戻る事をボスに頼んだ。ボスの家で小間使いとして働く事になるが、ボスの妻はヒステリックでいつもザッカリアを怒り、夫に愚痴ばかりであった。友人たちがザッカリアに職を紹介してくれるが、いつも何かが起きる。そんな時でもヨハネスブルグの町には音楽が溢れていた..

アメリカの白人監督ライオネル・ロゴージン監督がアフリカに渡り制作した半ドキュメンタリー半ドラマの作品。出演者にはお金が払われたようだが、プロではなく素人をそのまま使い、台詞は用意されている。ロゴージン監督がアカデミー賞のドキュメンタリー部門にノミネートされた『バワリー25時』をアフリカを舞台にした作品だ。当時のアフリカはアパルトヘイト政策下。黒人はパスや許可証というものが必要だった時代。仕事もままならない。家族から離れて仕事をしていたザッカリアという男を中心に、アパルトヘイト下の黒人たちの生活が描かれている。ネルソン・マンデラも所属していたANCに居れば、白人のボス達は容赦なく首にするのだ。妻が働きに出ると言うが、それは彼女達が他の白人宅で住み込みのメイドになるので、また家族が離れ離れになるという事なのだ。ザッカリアは男としてのプライドを守るために怒る。それとは正反対に、ヨハネスブルグの町には歌やダンスが溢れている。今でいストンプやステップに近い踊りから、ブルース調な曲を歌う人にドゥーワップを歌う人々、そしてママ・アフリカのミリアム・マケバの優しい歌声... それらは全て人々の心を癒したのだった。

その鋭さがネオリアリズムを感じさせるライオネル・ロゴージンのカメラが捉えたアパルトヘイト下のアフリカの人々の真の姿。最後の叫び声とテーブルを叩く悲痛な音は、観客の心に一生残る事になるだろう。
(Reviewed >> 9/10/14:TV放映にて鑑賞)

 100本映画
7月頃にTV放映していたものをやっと観ました。もっと早く観れば良かったー!結論から言うと最高でしたね。DVDも私の生涯ナンバーワン映画であろう『Killer of Sheep / 日本未公開 (1977)』と同じマイルストーンから出ているみたいですね。欲しいー。という事で、タイトルでも分かる通りアフリカが舞台。アフリカでも南アフリカのヨハネスブルグ。アパルトヘイト政策時。最初に、これはドキュメンタリーだと出てくる。ザッカリアという金炭鉱に送られた男のドキュメント。

街には高いビルが立ち並び、サイレン等の様々な騒音が聞こえる南アフリカの都市ヨハネスブルグ。ザッカリア(ザッカリア・ムガビ)は金炭鉱所に来た。しかし仕事の保障は無いよと、先に居た男達に言われる。訓練を積んで、炭鉱に向かうザッカリア。しかし残してきた家族の事を思い、ヨハネスブルグに戻ろうと、ボスに口を利いてもらう。ボスの家の小間使いとして働く事になったが、家事の出来ないザッカリアにボスの妻はヒステリックで怒ってばかり。すぐにクビになった。その後も友人に口を利いてもらうが、全て上手くいかない。迎えに来た妻と叔母が住む町に住むことになるが、やはりすぐに仕事はクビになってしまう。しかも知り合いがタバコ屋で順番を抜かした事で喧嘩になってしまう。息子も外で喧嘩になってしまう。友人は「俺達は暴力の中で生きている。俺達と切っても切れない。人々は俺達をそのように認識するのさ。色の判断は容易く分けやすいからな」と、ザッカリアに論する。そこにやってきたのがミリアム(ミリアム・マケバ)だった。彼女は彼らのために美しい歌声を披露するのだった...

ドキュメンタリー言えども、台詞があってストーリーがある半ドラマです。ヨハネスブルグの喧騒とか、街中で見れる大道芸や歌などは本物だと思う。その絵が凄く綺麗で上品。そしてアパルトヘイト下ではヨハネスブルグで、黒人の人々がパスや許可証を常に携帯していないといけないというのも本当。もう寝ている所のベッドに警察が来るシーンとか、アメリカの公民権運動時の60年代と同じだなーなんて思いましたね。ただ仕事に関して言えば、結構友人達が口を利いてくれていて、それがすぐにOKになるのは良いですね。でも家族と離れなくてはならない場合が結構あって、それが主人公達を悩ませる。まあ第一に黒人がやれる仕事っていうのが限られているのが問題なんだけどね。

っていうのを当時に撮っていたのは凄いですよね。しかもアメリカの白人監督ライオネル・ロゴージン。彼はこの作品の手前では、アカデミー賞のドキュメンタリー部門にノミネートされた『バワリー25時』を撮っている。なんでも2人の酔っ払いを通して、NYの街が浮き彫りになっているそうだ。でもこの作品は上映してくれる劇場もなくて大変だったらしい。自分でフィルムを抱えて探しまくったらしい。後年になって再評価された作品。でもベニス映画祭では、1959年にPasinetti賞を受賞。労働者たちの問題や怒りをそのままスクリーンに映し出したロゴージン。イタリアのネオリアリズムの影響をそのままに感じる。街の喧騒の中、少年達の笛に聞き惚れる人々の顔、街の大道芸人の技をなんとなく見ている人々の顔、マリアム・マケバの美しく力強い歌に癒されている人々の顔... それもまたヨハネスブルグの現実的な一部でもあった。そして叫び声とザッカリアが叩く机の音がとても悲痛。『自転車泥棒』で最後落胆するあの男の姿を思い出してしまった。

 トリビア

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0049087/
http://en.wikipedia.org/wiki/Come_Back,_Africa
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2014-09-10
>> HOME