1089
Cast >>Tao Ruspoli (T-Rod / Tao), Jeremy Fels (J-Rod / Jeremy), Phoenix Orion (Phoenix), Cody Lucich (Cody), Darkzeied (Darkzeied), Olivia Wilde (Sista Strada Cast), Myca 9, Medusa ...
Director >>Julian Dahl
Writer >>Julian Dahl, Linnea Dahl
Producer >>Julian Dahl
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
"HollyHOOD, we jacked it!"
ロサンジェルスのゲトーで白人男性が2人。映画を撮ろうとしていた。そこに現れたのが、黒人の3人組。彼らは何もしていないが、なぜか白人2人が怯えて、カメラを置いて逃げてしまった。カメラをチェックすると先に撮っていた映像が残っていた。しかも編集作業が出来るトラックも鍵をつけたまま残されていた。3人は「じゃ、俺たちがこのLAのヒップホップ文化を撮ってやろうか!」と、LAの有名なヒップホップアーティスト達に話しを聞いたり、ゲトーの様子をそのまま撮り始めた。しかし途中で警察に見つかり、カメラをそのまま置いて逃げた。そのカメラは白人男性たちに戻ったが...

モキュメンタリー作品。しかも途中でその撮る人たちが入れ替わってしまうという面白い試み。いかにもありがちに描かれるハリウッドの汚さをステレオタイプを盛りに盛って白人監督達を毒を持って風刺している。しかも本当は黒人が撮った物をまるで自分たちが撮ったように振舞う白人監督達。しかもそれが好評を受けるという皮肉も面白い。そこでLAのアンダーグラウンドなラッパー達が沢山登場する面白さもある。ただ残念なのが、ごちゃごちゃしていて、やはりインディペンデントなので安く見えちゃう所である。

ハリウッドの馬鹿馬鹿しい一面を一生懸命バカにしようとしているのが面白い。そこに本物のLAのヒップホップ文化を盛った面白さ。もうちょっとまとまっていたら最高だったかもしれないね。
(Reviewed >> 10/17/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
所謂モキュメンタリーのコメディ。撮影してますよっていうのを撮って映画にしているアレね。なんで見たのか分からないけど、多分Netflixでススメられたのかな。多分そうでしょう。

白人男性2人がゲトーを思われる所で撮影していた。彼らはギリシャ神話をゲトーを舞台にして描く!という野望があった。しかしそこにたまたま通りかかった黒人3人組。別に2人を脅すわけでもなんでもなく、撮影の邪魔になるからどいてと言われたけど、そのまま歩いていただけなのに、白人男性が怯えて「いいよ、カメラ持っていけよ!」と逃げてしまった。「え?」となった3人だったが、くれるなら貰おうと思った。しかも2人は編集できる機材も積んだトラックまで鍵をつけたまま逃げてしまったのだ!なら、俺たちで何か撮ろうか?と、彼らは俺たちLAのヒップホップ文化を撮ろうぜ!と、彼らの彼女たちも混ぜて撮る事にした。なら「Project Blowed」だろ!と、彼らはMyca 9やMedusaに2Mexなどから話しを聞いて撮っていった。しかし途中で警察に捕まりそうになり、カメラを置いて彼らは逃走。カメラやフィルムが最初の白人たちに戻るが...

という訳で、モキュメンタリーなんだけど、途中でその撮る人たちが変わっちゃうという面白いテーマ。そこにはハリウッドに蔓延る偏見や差別に馬鹿馬鹿しさ、そしてステレオタイプなどが描かれている。って書くと面白そうだよね。でもそこまで面白い訳じゃないんだな。何かごちゃごちゃしている。流されている映像、つまり私達観客が見る映像は、黒人たちが作っている映像が見れる訳で、その編集工程をナレーション風に聞きながら見る事になるの。それがね、なんかごちゃごちゃしている。でも面白いのが、LAのアンダーグラウンドなヒップホップが垣間見れる所ですね!Myca 9とかMedusaとかは、エヴァ・デュヴァネイが制作の『This Is the Life / 日本未公開 (2008)』でも見れた人たち。グラフィティとかブレイクダンスとかもちょこっと出てきます。後は映画を撮る事になる3人の何気ない生活っていうのも面白いですね。彼女との喧嘩とかね。

でも人種ステレオタイプはちょっと過激に描き過ぎかな?なんていうか、白人側を徹底的に悪く描いている。ゲトー&黒人に怯えすぎで、成功したらコカイン漬けで、寿司の女体盛りパーティとかまでやっちゃって... とは言え、黒人側も女性たちが話し方も考え方もゲトー過ぎるし、短絡過ぎるかなー。

タイトルは「カメラを盗む者たち」という意味合い。でも、この物語ではカメラは盗まれたんじゃなくて、置いていかれたって感じだよね。なんていうか、カメラというよりフィルムが白人監督達に盗まれたって感じじゃない?かと。

LAのアンダーグラウンドなヒップホップが大好き!!というよっぽどというか、そんなマニアな貴方にはおススメです!あと、オリビア・ワイルド好きな人ね!彼女がチョイ役で出演しております。ってか、よくここのこんな役からあそこまで出世したものだと感心するレベル!酷い役だったよ。ってこの週は2回もオリヴィア・ワイルドに映画で遭遇したわ!

 トリビア
LAのアンダーグラウンドなラッパー達が多数出演のインディペンデンスコメディ。有名になる前のオリビア・ワイルドがチョイ役にて出演。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0498332/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2013-05-27
>> HOME