2113
Cast >>Roy Jefferson, Le Tari, Haskell Anderson, Mike Bass (Capt. Quinn), Jim Bradley, Barbara Cherry ...
Director >>Bill Berry
Writer >>
Producer >>Ronald K. Goldman
Genre >>Action
Country >>USA

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>3

 レビュー
Do or Die
レイモンド(ロイ・ジェファーソン)とネッド(ル・タリ)とジュニア(ハスケル・アンダーソン)の3人は南部の町に住む若者だったが、すぐにベトナム戦争に行く事になっていた。ベトナムでの厳しい訓練と激しい戦闘にも耐えて無事に町に戻ってきた3人をバーのエース(マイケル・ホッジ)が迎えた。しかしすぐに町で黒人女性が白人男性にレイプされる事件が起きたが、誰も逮捕されなかった。怒った黒人が犯人を襲った。そして町のKKKはまた激しく動き出し...

思った以上に面白い作品だ。ベトナムへ行く前にも白人とのいざこざがあったが、その時には主人公の3人が逃げている。そしてベトナムから帰ってきた3人は鍛えられていて、自信にも繋がっている。ブラックスプロイテーションなのに取りあえず銃を置いて、町の人々の気持ちを揺さぶって投票登録を呼びかけていくシーンが清々しい。そして町の人々は3人に協力していく姿も面白い。彼等は白人の家でメイド等をしているので、いつもはネガティブに描かれている事をそれを逆手にとってそれをポジティブにしているのだ。

やるかやられるか...最後はブラックスプロイテーションらしく緊迫したアクションを見せてくれる。そして最後にはKKKの看板を映し出す。中々挑戦的である。
(Reviewed >> 6/15/09:DVDにて鑑賞)

 100本映画
クエンティン・タランティーノ映画の熱烈なファンじゃないし、どちらかと言えばそんなに好きじゃないんだけど、タランティーノが好きな映画は好きみたい。割りと好きなものが被るので趣味が似てるのかも??この映画は、そのタランティーノが主催していた映画祭でも公開された作品。そのお陰なのか、すごく保存も良いようで画像とかも良かった。でも、途中までは死ぬほどつまらない。特定の地域が舞台ではないんですが、南部のどこかが舞台。台詞でもモントゴメリーに行くなんて言っていたので、アラバマ辺りなんでしょうか??その南部の牧歌的な風景とは全く似合わないアップテンポなソウルがオープニングには流れます。本当に音楽と風景が全く似合わないんですわ。更には農業している黒人達を見ながら、Nワードやらの連続。この映画最低だわね。と思いつつ、事件勃発。黒人の若者(主役)達に向かって、どう見ても冴えない白人男性が「お前等、白人女性が車に乗っているのが見えないのか!!」と叫びます。はぁ??な台詞に大笑い。そんなこんなで、いきなり主役の若者達がベトナムのジャングルの中。黒人の上官に様々なトレーニングを受けています。もういきなりな感じで、映像をどこからか持ってきて繋いだ感じが丸出しです。でも、そのベトナムから主役の3人が帰って来てからが、断然に面白くなります。ブラックスプロイテーション映画なんだから、銃を乱射していてもおかしくないんですが、取りあえず牧師さんと組んで町の人に投票を呼びかけるビラを配ったりと、非暴力で献身的。しかし、そんな3人を見て町のクー・クラックス・クランのメンバーが暴力で対抗してくるのです。しかもそのKKKの主力メンバーが... と色々あって面白いのです。この映画の前半と後半は丸で違う映画のようです。台詞も上に書いたような面白いものが多かったです。ミリタリーのユニフォームをモンキースーツと呼んでしまったり。キャストも元NFLというのが売りなんですが、主役の一人のレイモンド役のロイ・ジェファーソンがワシントン・レッドスキンズに居た選手。とは言え、スーパースターという感じではありません。もちろんフットボール好きには知られている名前ですけど。他にも何人かレッドスキンズの選手が出ています。

最後に映る「The KKKK Welcomes You to Smithfield」というKKKの看板は実際にあったものを使用したそうです(看板のKが一個多いのは Knights of the Ku Klux Klanなので)。ノースカロライナのスミスフィールドという所らしいです。もちろん今は無いみたいです。でもこの映画を撮影した1976年前後には確実にあった訳で...このスミスフィールドという町は調べてみたら、今現在で30%以上の黒人が住んでいます。割りと多い。その当時はどの位住んでいたか分かりませんが、今とそんなに変わらない位は居たんじゃないかな?って思います。その人達があの看板をどのように見ていたんだろう?と考えると、この映画のラストは感傷深いものになります。

この映画に出てくるバーテンダーのエースを演じていた人が中々。IMDBにもクレジットされていないのですが、マイケル・ホッジという俳優。色んな映画にちょこちょこと出ていて「Malcolm X / マルコムX (1992)」にまで出ていたらしいです。「Boycott / ボイコット/キング牧師の闘い (2001)」ではキング牧師のお父さん役。ほほぉー。このおじさんが、主役の若者3人に負けない位がんばるのよ。

 トリビア
元NFL選手が出演しているブラックスプロイテーション映画。クエンティン・タランティーノ監督のお気に入り作品で、彼の主催する映画祭でも上映されている。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0207359/
http://en.wikipedia.org/wiki/Brotherhood_of_Death
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2005-02-22
>> HOME