1900
Cast >>Mitch Mullany (Derrick King), Carl Anthony Payne II (Chris), Loretta Devine (Floria), Lamont Bentley (Darryl), George Clinton (Himself), Darius McCrary (Shaquan), E-40 (Judge), Art Evans, Paula Jai Parker (Ann), Gary Payton (Man Quizzing Derek in Prison), Clifton Powell (Cosmo), Reynaldo Rey (Uncle Deion), Xzibit (Jamal) ....
Director >>Eric Meza
Writer >>Mitch Mullany
Producer >>Terry Spazek ....
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >>2 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
勘違いが生んだ、無駄遣い。
最初は、随分と人種をテーマに、馬鹿にしているなぁと思っていた。けど、私も馬鹿だなぁと思いながらも、不思議とあの主人公の白人の男の子に魅力を感じてしまった。その主人公を演じた男の子が脚本も手がけている。監督は「ハウスパーティ3」も制作していた。そんな懐かしい「ハウスパーティ」のただ明るい感じを残し、「フォレストガンプ」的主人公の魅力があり、「ゼブラヘッド」的内容であり、「Don't Be A Menace...」的パロディあり....いろんな映画がごちゃまぜな感じもする。ジョージ・クリントンが出てくるあたりは、嬉しいんだけど、クリントンの使い方が、余計に白人が制作したなって印象を受ける。「Funk」は授かるモノじゃないって、ブラックの人々や、ファンクマニアには良く分かるはず。
ジョージ・クリントンの無駄遣い。
(Reviewed >> 1/24/02)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
「Zebrahead/ゼブラヘッド」のような内容だが、こちらはコメディ。主演を助けていた男性が「The Cosby Show/コスビー・ショー」で長男のセオの友達、コックローチを演じていたアンソニー・ペイン2世。 「Kingdom Come/カモン・ヘブン!」のダリアス・マックラリーや、「Waiting to Exhale/ため息つかせて」のロレッタ・ディバイン等も出演し、ゲスト出演でPファンクミュージシャンのジョージ・クリントン、NBA選手のゲイリー・ペイトンも登場。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0181322/
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Breaks
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2005-01-18
>> HOME