334
Cast >>John Boyega (Lance Corporal Brian Brown-Easley), Michael Kenneth Williams (Eli Bernard), Nicole Beharie (Estel Valerie), Selenis Leyva (Rosa Diaz), Connie Britton (Lisa Larson), Jeffrey Donovan (Major Riddick), Robb Derringer (Chief Jack Quail), Olivia Washington (Cassandra Easley), London Covington (Kiah Brown-Easley) ...
Director >>Abi Damaris Corbin
Writer >>Abi Damaris Corbin, Kwame Kwei-Armah,
Producer >>Salman Al-Rashid, Sam Frohman, Mackenzie Fargo, Ashley Levinson, Kevin Turen
Genre >>Crime
Country >>USA
Release (US) >>08 / 26 / 2022

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
"I'm gonna die because of that human error"
(Reviewed >> 9/12/2022)

 100本映画
「ベテラン」。日本語での「玄人、熟練者」みたいな意味でなく、アメリカ英語では「アメリカ軍を経験した人=退役軍人」と意味がある。本作でも当たり前のように使われている「VA」は、ベテランズ・アフェアズのこと。つまり退役軍人に関する事柄を取り扱う省。我が家にもこのベテランがいるので、VAにはしょっちゅう行くし、街中でよく「Thank you for your service(国のために御勤めありがとうございました)」などと声を掛けられる。だが家族にとっては、「別に好き好んでその仕事を選んだ訳じゃないけどね」などと思ってしまうこともある。そんな私にとって、この作品は憐み、怒り、切なさ、苛立ち、悲しみなど色々な感情がうごめく。恐らくその中には皆さんが思っている感情とは反対のものも混じっている。

ブライアン(ジョン・ボイエガ)は、何かをしてセキュリティから建物から追い出された。娘に電話をするも、プリペイ携帯の残りがなくあまり話せなかった。次の日、ブライアンはウェルズ・ファーゴという有名な銀行の前にいた...

あまり内容を書けなかったが、2017年に起きた実話の映画化なので書いてしまっても良かったかもしれない。ブライアンは、アメリカ海兵隊に属していた「ベテラン」。イラク戦争では2回もイラクに駐留していた。セリフで徐々にブライアンの全貌が明らかになっていく。リンカーンテクニカル大学だったかな? という大学に通うために、ベテランに与えられている「GIビル」という奨学金ような感じで軍が大学資金を出してくれるものを使って大学に通っていたようだ。そして2回のイラク駐留で銃により怪我をして、恩給を貰っていた。が、しかし... ブライアンは、「GIビル」の罠とまではいわないけれど、気を付けないといけないことを知らなかったのかしていなかった。GIビルにも確か2種類ある。そしてGIビルを貰うには、一定の成績を収め、そして授業に出席しなければならない。どういう経緯で大学に通わなくなったのかは、劇中触れていなかったので分からないが、貰えるお金は少しだけ減るがオンライン受講でも貰える。多分ブライアンはそれを知らない。そして、この映画製作者たちもそれを調べようとしていないことに、もどかしく感じた。

本作は、オンラインサイトの『They Didn't Have to Kill Him』という記事を元に制作されている。ブライアンがGIビルのことを知ってようが知らぬまいが、そのタイトルは真なのである。VAは、そのシステムをブライアンに伝えるだけでなく、ブライアンの話を聞いて、別の支援システム・団体があることを伝えるべきであった。国のために命をかけて戦った若者を建物の外に放り投げるだけでなく、できることは山のようにあったのだ。劇中でそのような描写があったように、1人のベテランに割ける時間は限られているであろう。しかし、そんな大量の傷ついたベテランを作り出したのが、この国のトップたちだ。

そして、この国はすべてお金で動く。ブライアンは上手くシステムを使えば、もっと恩給が貰えたはずなのも知っている。だが、それにすらお金が掛かるのも知っている。弁護士と名乗る人たちは、ベテランたちが体と心を傷つけてもらった恩給から、労働の対価とは言え20%も取っていく(1回だけど)。そして確実にお金がもらえる案件しか彼らは動かないことが多いと聞く。あとは地道に自分でどうにかするしかない。

ブライアンと同じく海兵隊のベテランであるマイケル・K・ウィリアムズが演じたイーライとの会話でいろいろな事が分かってくる。この2人の熱演があったからこそ、余計に主人公に感情移入してしまう。だけど劇中では、ニコール・ベハリー演じる女性がストックホルム症候群になることなく... という訳でもないけれど、観客とは裏腹に感情的にならないのも良い。

なまじ知っているだけに、本作の生ぬるさに苛立ちも感じる。だがそれ以上にブライアンには憐みを感じる。だけれど、ブライアンの行動は正当化できるものでは決してない。でも、ブライアンが叫んでいたように、「お願いだからブライアンの話を聞いて!」。それは心の底から感じた。

 トリビア
2017年に実際に起きた事件をジョン・ボイエガ主演で映画化。サンダンス映画祭をはじめとするインディペンテント系アワードで賞を獲得。

 その他

 受賞歴
* Annapolis Film Festival
2022 Winner Jury Prize Best Actor : John Boyega (actor)
2022 Winner Jury Prize Best Feature Film

* Cleveland International Film Festival
2022 Winner American Independents Competition

* Sundance Film Festival
2022 Winner U.S. Dramatic Special Jury Award : Ensemble Cast
2022 Nominee Grand Jury Prize : Dramatic

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
https://www.imdb.com/title/tt12311620/
https://en.wikipedia.org/wiki/Breaking_(film)
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
Not Available
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2022-09-09
>> HOME