2680
Cast >>Anita Sanders (Barbara), Terry Carter (American), Nino Segurini (Paolo) ...
Director >>Tinto Brass
Writer >>Tinto Brass
Producer >>Dino De Laurentiis
Genre >>Drama
Country >>Italy

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Counterculter, that is.
バーバラ(アニタ・サンダース)は夫の仕事の都合でロンドンに来ていた。夫が仕事中はする事のないバーバラを夫は公園で降ろした。そこでバーバラはフリーセックスを目の当たりにする。そんな時に乗った電車でアメリカ黒人(テリー・カーター)がバーバラとぴったりとくっ付き、なぜかその男はバーバラを一日付回した。バーバラは異国のロンドンにて開放的な妄想を繰り広げていくのだった。

エロチシズムに拘る男ティント・ブラスによる前衛的アートな作品である。台詞を余り入れずに映像だけで伝えようとしている。時代もあってか、もろにカウンターカルチャーの影響を受けていて、その映像や音楽にもその影響が十分に感じられる。反戦や反体制を訴える衝撃的な映像によって、それらに対して強いメッセージを残そうとしている。そして映画作家としてブラスは、戦争の残忍な映像は厳しく検閲を受けないのに、なぜに性だけは厳しい検閲を受けるのだという意見を強く感じる。もちろんこの映画以降もエロチシズムに拘り続ける男の強い意志を感じる官能的なシーンも多い。しかし黒人男性を主人公の1人に使ったのはいいが、そこにある筈の強いメッセージがこの映画のラストには全く感じなかった。単なるタブーへの興味にしか感じる事が出来なかったのが残念な点だ。

生か死か。正か誤か。白か黒か。前衛アートか古典か。選択は他に何億とあるように感じる。
(Reviewed >> 10/17/09:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
イタリアの映画監督ティント・ブラスによる前衛的アートエロチシズム映画。ブラスは官能的な映画を沢山撮っている。
主演の黒人男性を演じたのが、「フォクシー・ブラウン」や「アビィ」に出演していたテリー・カーター。
イタリア語の原題は「Nerosubianco」。ポスターでは「eros(エロス)」の部分が赤で強調されており、英語の題名の「Attraction」の「action(行為)」の部分が赤で強調されていた。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0063340/
Not available from Wikipedia
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12685

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2009-10-18
>> HOME