10309
Cast >>Mykelti Williamson (Uncle George), Antwan 'Big Boi' Patton (Marcus), Tip "T.I." Harris (Rashad), Keith David (John Garnett), Lauren London (New-New), Jackie Long (Esquire), Evan Ross (Anton "Ant" Swann), Jason Weaver (Teddy), Albert Daniels (Brooklyn), Bone Crusher (Security), Jazze Pha (DJ) ....
Director >>Chris Robinson
Writer >>Antwone Fisher
Producer >>Dallas Austin, Will Smith, Tionne 'T-Boz' Watkins
Genre >>Drama
Country >>USA
Release (US) >>03 / 31 / 2006

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>5

 レビュー
Welcome to Atlanta where the playas play

高校卒業を間近に控えていたラシャド(T.I.)は、両親を交通事故で亡くし、弟のアント(E・ロス)を何よりも大切にしていた。掃除人をしているジョージおじさん(M・ウィリアムソン)が、2人の両親が残した家のローンを払いながら面倒を見てきた。ラシャドは、日曜の夜にローラースケートリンクで友達と一緒に過ごす事が唯一の楽しみだった。そこで、ニュー・ニューという女の子に出会い、初めて人に心を許す事を知る。ATL(アトランタ)に住むラシャドにとって、卒業シーズンは暑い夏の始まりでもあった...

音楽業界に於いて、アメリカ南部という場所が、以前にも増して脅威になりつつある。今年のオスカーの1番印象に残ったのが、南部テネシー出身「Three 6 Mafia」の受賞シーン。以前ラップと言えば、西か東か...だった。今は、その中間にある南部出身者がビルボートのチャートを賑わしている。この映画のタイトル、ATL(アトランタ)は、その中心で活躍している。所が映画となると、南部と言えば未だに「風と共に去りぬ」だし、ブラックムービーでも「Sounder」や「Eve's Bayou」位で、南部の脅威を感じさせてくれる作品が少なかった。両作品ともに、現代の文化を扱った作品でなく、南部の回顧録的な映画だった。現代の南部におけるブラックカルチャーを扱った作品は、やっと去年の「Hustle & Flow」で紹介された位だ。「ドラムライン」という作品もあったが、南部に拘った作りでは無かったし。

今回は、そんな南部の若者達の青春が垣間見られるのが面白い。キャラクターの1人をニューヨーク出身にした事で、南部のスラングとNYのスラングの違いを会話にしている辺りも面白い。それだけでなくて、若者が大人になっていく成長過程の映画でもあって、南部版「ボーイズン・ザ・フッド」的で色々と楽しめる。映画として、何と言っても叔父さんを演じたマイケルティ・ウィリアムソンの存在が、興味深い。父でもない存在で、決して父の振りをしない、普通の大人の男という、彼の存在が現実味があり面白かった。

ラッパーのT.I.やBig Boiが主演の映画なので、音楽の面でも間違いなく楽しめる。

これから、こういう南部の青春映画が増えると面白いかもしれない。今回の映画は、アトランタ100%の映画だったので、これからはテネシーやアラバマ、アーカンソー、テキサス産の青春映画が出来たら、土地それぞれの面白さがあって楽しそうだ。

映画産業にも於いて、アメリカ南部が脅威になって欲しい...と願ってしまう映画。
(Reviewed >> 4/9/06:劇場にて観賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
「ATL」(アトランタ)が舞台の青春映画。主演に人気ラッパーのT.I.。ダイアナ・ロスの息子エヴァン・ロスがT.I.の弟役。「フォレスト・ガンプ」のババ役のマイケルティ・ウィリアムソンが2人の伯父さん役。アトランタ出身のラッパーデュオ「アウトキャスト」のBig Boiも出演している。T.I.の相手役を務めるのが新人ローレン・ロンドン。
歌手のモニカやボーン・クラッシャー、ジャジー・フェイ等、アトランタ出身者の多くがチョイ役で出演している。プロデューサーも、アトランタ出身のミュージックプロデューサー&映画「ドラムライン」にも参加したダラス・オースティンと、TLCのT-Boz、そしてなぜかウィル・スミス(彼だけフィラデルフィア出身)が名を連ねた。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2006 Won Best Male Supporting Performance of the Year (Drama) : Mykelti Williamson

 サウンドトラック
1. "Georgia" - Ludacris and Field Mob featuring Jamie Foxx
2. "Dat Boy Chevy" - Noah
3. "Gold Teeth Shining" - D Large and The Crunkettes
4. "Kryptonite (I'm on It)" - Purple Ribbon All-Stars featuring Big Boi, Killer Mike, Blackowned C-Bone and Rock D the Legend
5. "And Then What" - Young Jeezy featuring Mannie Fresh
6. "Presidential" - Youngbloodz
7. "What's Up" - Xscape
8. "Move Bitch" - Disturbing tha Peace featuring Ludacris, Mystikal and I-20
9. "Sexy Lil' Country Chick" - Da Backwudz
10. "Gangsta" - Sliv
11. "Southern Girl" - Maze featuring Frankie Beverly
12. "Check My Footwork" - Mr. Biggtime
13. "I Ain't Heard of That" - Slim Thug featuring Pharrell Williams (as Pharrell) and Bun B.
14. "Git Up, Git Out" - Outkast
15. "Bubble Gum" - B.H.I. featuring K-Rab
16. "Must Be Nice" - Lyfe Jennings
17. "Blackberry Molasses" - Mista
18. "At Your Best (You Are Love)" - Aaliyah
19. "Hard Headed" - Bobby Creekwater
20. "Do It to It" - Cherish featuring Sean Paul
21. "Let's Get Personal" - Scola
22. "Where Did It Go Wrong?" - Anthony Hamilton
23. "Before I Let Go" - Maze
24. "Is That You God?" - Cee-Lo
25. "Motherless Child" - O.V. Wright
26. "Money in da Bank" - Lil Scrappy
27. "Love's Deceit" - Big Rube
28. "Right Now" - Cee-Lo
29. "What You Know" - T.I.
30. "Ride wit Me" - T.I.

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://imdb.com/title/tt0466856/
http://en.wikipedia.org/wiki/ATL_%28film%29
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
from Amazon.com
Not Available
Not Available
Not Available
Not Availablefrom Amazon.co.jp
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2006-05-17
>> HOME