2133
Cast >>Matt Damon (David Norris), Emily Blunt (Elise Sellas), Anthony Mackie (Harry Mitchell), John Slattery (Richardson), Anthony Ruivivar (McCrady), Michael Kelly (Charlie Traynor), Terence Stamp (Thompson) ...
Director >>George Nolfi
Writer >>George Nolfi
Producer >>George Nolfi, Chris Moore, Michael Hackett, Bill Carraro, Isa Dick Hackett, Joel Viertel
Genre >>Romance
Country >>USA
Release (US) >>03 / 04 / 2011
Release (JP) >>05 / 27 / 2011

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Adjustment to Matt Damon
デビット・ノリス(マット・デイモン)は史上最も若い下院議員で、今度は最も若い上院議員となるべく立候補したばかりだった。最初は他を圧倒的にリードしていたが、選挙直前に過去のスキャンダルが発覚し敗れてしまった。その敗北スピーチの練習をトイレでしていたら、女性(エミリー・ブラント)が現れた。言葉を交わす内に惹かれ合い、キスをした。名前も分からず諦めていたが、ある日バスの中で偶然にまた会った。しかしそれはとある組織の者達にとっては、あってはならない偶然だった。そこに属する男(アンソニー・マッキー)がうたた寝をした為に起こったミス。彼等はデビットを拉致し...

マット・デイモン主演のサスペンスラブストーリー。てっきりマット・デイモンのいつもの感じのサスペンスアクション映画かと思えば、ちゃんとしたラブストーリーでもある。こういう感じはマット・デイモンしか出来ないかなーとも思った。政治家にまでなってしまうような正統派な匂いのする男。彼らしくラブストーリーを作ると、こんな感じになるんでしょうね。時々イギリス訛りが出てしまうエミリー・ブラントも実にチャーミング。愛は全てを打ち勝つ事が出来るのか?普遍的なメッセージであり、ハリウッドに味付けされると少し味気なく感じる。チェアマン?ザ・マン?システム?神?見えない存在への恐怖を掻き立てる、ちょっと変わったラブストーリー。

マット・デイモンがラブストーリーを演じると、こうなる。彼だからこうなったのか、彼にしか出来なかったのか... 中々面白い一風変わったラブストーリーである。
(Reviewed >> 4/22/11:劇場にて鑑賞)

 100本映画
何で見たかは言わずもかな。うひひ。もちろんアンソニー・マッキーが出ていたからです。出ていなかったら見てませんから。というか、マット・デイモンを大スクリーンで見たのは初めてですから。このマット・デイモンはたまにカート・ラッセル時々マーク・ウォールバーグですね。ウォールバーグとデイモンは同じボストン出身だから、同じ出かもしれないけれど、デイモンはお金持ちの地区でウォールバーグは労働階級ですからね。やっぱり違うかも。でも時たま似てる。そんな事より、アンソニー・マッキーですよ。去年一年はアンソニー・マッキーにやられぱなしでしたわ。その前年はキウェテル・イジョフォーね。キウェテルが「2012 / 2012 (2009)」とか「Salt / ソルト (2010)」とかつまらない映画に出始めた所で、アンソニーが「The Hurt Locker / ハート・ロッカー (2008)」とか「Night Catches Us / 日本未公開 (2010)」とかに出て、私はすっかり心奪われましたね。まあ彼の場合「Brother to Brother / 日本未公開 (2004)」でヤラレてましたけどね。あのセクシーな流し目は最高っす。

とまあ、内容ね。マット・デイモンらしなと思う(大スクリーンで見た事ないくせにこの口調)。彼がラブストーリーをやろうとすると、こういう風になるという感じ。もちろんラブコメでもないし、「きみに読む物語」みたいなニコラス・スパークス系の純粋なラブドラマじゃない。どことなく政治的で、サスペンス。そこがマット・デイモン(帽子はイマイチ似合わない)。そこにセクシーな流し目そしてすきっ歯の男が上手く絡んでくるんですよー。彼の演じた役は非現実的な職業を持ち、みんながその中で人間らしさを失い機械的になっている所で、1人だけ人間的な良心を持つ男。ハリウッドでは1・2を争う名バイプレイヤーに成長していると思う。「The Hurt Locker / ハート・ロッカー (2008)」でも証明してますよね。最近聞く、彼が出演するという映画でもやっぱり名バイプレイヤーぶりが期待されているような作品が多い。でも本当は主役で沢山見たい。

今は何でもグーグルで一回調べてしまいますわよね。ちょっとあの台詞にはツボにはまった。

しかし...ケツあごカップルか...あれでもしアンソニー・マッキーの役をラテン系のザキヤマ(アンタッチャブルのうるさい方で帽子は似合う)が演じていたら、出演者がケツあごばかりで、やかましーわ!(R.I.P.アンタッチャブル)となってましたね。そういう意味でもアンソニーはすきっ歯でナイスアシスト!

 トリビア
「マイノリティ・リポート」等でもお馴染みのフィリップ・K・ディックの短編小説「調整班」が原作のスリラーサスペンスラブロマンス映画。マット・デイモンが主役のデイビットを演じ、エミリー・ブラントが相手役を務めた。アンソニー・マッキーが2人に絡む「調整員」の一人を演じる。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1385826/
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Adjustment_Bureau
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=339088

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
Not Available
Book
from Amazon.com
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
from Amazon.co.jpNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2011-04-22
>> HOME