1855
Cast >>Taraji P. Henson (Melinda), Lyriq Bent (Robert), Crystle Stewart (Diana) ...
Director >>Tyler Perry
Writer >>Tyler Perry
Producer >>Tyler Perry, Mark E. Smith, Will Areu, Ozzie Areu
Genre >>Thriller
Country >>USA
Release (US) >>03 / 30 / 2018

 総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >>2 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
"He owes me"
(Reviewed >> 4/27/18:劇場にて鑑賞)

 100本映画
義理堅いタラジ・P・ヘンソンの情に厚い女気が恨みに代わる時

タラジ・P・ヘンソン主演、タイラー・ペリー監督のスリラー作品。タイトルの「Acrimony」って、アメリカ人でもあまり聞かない英語だそうで、これが公開する前、辞書サイトに調べる人が殺到したそうだ。辛辣とかとげとげしさとか恨みとか... そういう苦々しい意味を持つ言葉。

裁判所から接近禁止命令を受け、そしてカウンセリングを受けていた女性…… メリンダ・ゲイル(タラジ・P・ヘンソン)という女だった。カウンセリング中、彼女は大学時代の話を始める。ロバート(リリク・ベント)という男にメリンダが初めて会ったのが、その時だったからだ。彼らは出会い、そして恋に落ちた。ロバートは発明家で大きな夢があったが、それ以外は要領も悪く、いわゆるうだつの上がらない男ではあった。そんなロバートをメリンダは献身的にそして経済的にも支えたが、他の女性ダイアナと浮気している所を発見してしまい、メリンダは衝撃的にリベンジしてしまう。しかし、その後仲直りをして、結婚。相変わらずうだつの上がらないロバートだったが、発明したものをとある会社に売り込んでいた。その会社にたまたま働いていたのが、ダイアナだった。2人は接近していくが...

オスカーノミニーでもあるタラジ・P・ヘンソンって、オファー断らないんじゃないかな?って位、たまになんで?っていう作品にも出たりする。多分、今回はタイラー・ペリー作品だったから出たんだろうなーとは思う。結構義理堅いんじゃないかと。出だしはニーナ・シモンが掛かったりして、とても期待出来るんだけど、やっぱりーって感じ。『Empire 成功の代償』で、タラジ・P・ヘンソンがキーキー言っているのは面白いんだけど、この映画でクレイジーに仕返ししていくのは、面白くなかった。ヘンソンが演じた女性が、どんどんクレイジーになっていく様は、あの状況からは理解出来るんだけど、共感は全く出来ない。まあ、タイラー・ペリーの作品なので、どこかで自分や他人を許すことをしないと、こういう結末になりますよって事かもしれないけれど、で?とは思った。不快感しか感じない結末。っていうか、ホラー映画。メリンダもロバートもダイアナも嫌い。と、誰も好きになれなかった。だから結末どうでも良かった!この映画で良い人が居るとしたら、オファーを断らず、真面目にやり遂げたタラジ・P・ヘンソン姐さんでしょう...

 トリビア
タイラー・ペリーとタラジ・P・ヘンソンが『I Can Do Bad All by Myself』(2009) に続いて再び組んだ最新作。浮気する夫へ復讐する妻(ヘンソン)。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt6063050/
https://en.wikipedia.org/wiki/Acrimony_(film)
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2018-03-13
>> HOME