1685
Cast >>Marcus Dupree, Barry Switzer
Director >>Jonathan Hock
Writer >>
Producer >>
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>N/A 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Heartache but inspire real fear
他の学生よりも一回り大きかったマーカス・デュプリー。彼が生まれ育った所は、公民権運動中に3人の活動家が殺されたミシシッピーの小さな町だった。そこで彼はフットボールのスーパースターとして活躍するが…

マーカス・デュプリーというフットボール選手の名前を知る日本人は皆無に等しい。しかし彼は高校フットボールのスーパースターだった。数々の記録を残している。その高校時代の試合を見る限り、絶頂期のジム・ブラウンを思い出させる程の、いやそれ以上のポテンシャルを持ったプレーぶりが見られる。彼が生まれ育ったのはミシシッピー州のフィラデルフィアという町。公民権運動中に3人の若い運動家達が殺された、人種隔離された悪名高い町。その町で人種融合が行われたばかりのフィラデルフィア高校に通ったデュプリー。彼の凄まじい活躍は、その人種融合に一役かった。白人も黒人も心からデュプリーの活躍を応援し励みとしていたのだった。そのデュプリーを欲しがる大学のコーチ達。多くの人は地元ミシシッピー大学での活躍を期待していたが、バリー・スウィッラー率いる名門オクラホマ大学に進む。スウィッラーの執拗な勧誘があったからだった。しかし、デュプリーはスウィッラーの元で思うように結果が出せずに居た。スウィッラーもそのデュプリーに対して、どう接していいのか分からず、冷たくあしらった。結果、デュプリーは大学を去ってしまうのだった… その後は転落していく。NFL入りは当たり前の筈だったが、大学を去った事ですぐにNFL入りは出来ず、別のリーグUSFLに入らなければならなかった。彼がNFL入りしたのは、26歳の時だった。しかも2年しか在籍していない。現在はトラックドライバーをし、そしてオイルで汚れたミシシッピーの湾岸を清掃している。

全ての事情を見せ付けられた後、やっぱり無念という言葉しか浮かばない。才能がありながらも、適応出来ずに去っていく者は数多く居る。彼もその一人にしかすぎない。確かに彼にも間違いがあった。全てが人のせいではない。確かに大学コーチの強欲は常軌を逸している。でもたった一つの選択ミスが、人生を狂わせてしまう。その恐ろしさを見て学ぶ、スポーツ精神とは何か、夢とは何か、人生とは何か。
(Reviewed >> 8/11/12:TVにて鑑賞)

 100本映画
偶然観ました。これこそ「30 for 30」って思いましたわ。マーカス・デュプリーというフットボール選手を追うドキュメンタリー。マーカス・デュプリーは、ある一部には誰もが知る名選手。だけど、アメリカ人の多くはその名前を覚えている人は少ない。でもNFLでプレーもしている。まあ、日本人で知る人は殆どいない。私も知らなかったし、歩くフットボール辞典のうちの夫も知らなかったぽい。まあさんまは確実に知らないね。

でも、ミシシッピー州のフィラデルフィアの人達は、彼の名前を覚えている。このミシシッピー州のフィラデルフィアという町は、あの悪名高き公民権運動の活動家が殺された場所でもある。この事件については「Murder in Mississippi / マーダー・イン・ミシシッピ/炎の十字架 (1999) (TV) 」っていう映画になったり、他にもドキュメンタリーとか色々な作品になっている事件。

そこで公民権運動後に、やっと人種融合された高校に通ったのが、マーカス・デュプリー。彼は体格に恵まれて、他の高校生よりも一回りも二回りも大きかった。しかもスピードにも恵まれて、フットボールでは敵無し状態。実際にこのドキュメンタリーでも、彼が高校時代の試合の映像が流れますが、本当に凄い!ジム・ブラウンの全盛期を見ているかのような走りっぷり。あ、ちなみにポジションはジム・ブラウンと同じランニングバック。まあもちろん大学側も早くからデュプリー争奪戦を始める。デュプリーは家族と離れたくない理由で、地元のミシシッピー大学に行きたかったみたいだが、当時の大学フットボールナンバーワンのオクラホマ大学のコーチから熱烈なアプローチを受けて、オクラホマに進む。

でも今度は逆に恵まれていた体系が、足かせとなる。ちょっと太りすぎていたのだった。怪我とかもあり、中々上手く大学に慣れなかったデュプリーに追い討ちをかけたのが、熱烈アプローチをしたコーチ。コーチとの相性が悪かったんでしょうね。デュプリーは大学を辞めてしまい、地元ミシシッピーの短大に入学。しかし勝手に辞めた事で、NCAA側が制裁。NFLに行く道は閉ざされた。でもこの頃にはNFLとは別にUSFLという別のフットボールリーグが存在していた。そこのニュー・オリンズのチームと契約。アメリカではまあまあ有名だったけど、USFLは今は無く、あのようにNFLが第一スポーツとしてアメリカで君臨しているので分かる通り、やっぱりフットボールやるならNFLだよね。

と、まあ切なくなるドキュメンタリー。晴れ舞台で活躍している人達だけが、ナンバーワンじゃない。でも、色んな柵やら苦い思いを断ち切って晴れ舞台で大活躍しているのが、真のスポーツマンでもあり、ナンバーワンの称号を手に入れる事が出来る。だからこそ、せっかくNBAやNFLとかに進んで、バカな事やってキャリアを台無しにする人達を観ると、本当に情けなくなるのです。チャド・ジョンソン(オチョシンコ)、君の事だぞ!!

 トリビア
ESPNが製作の「30 for 30」スポーツショートドキュメンタリーの1作品。高校生時代に数々の記録をつくり、多くの大学が獲得に乗り出したフットボール選手マーカス・デュプリーのドキュメンタリー。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1408430/
http://en.wikipedia.org/wiki/30_for_30
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-03-14
>> HOME