238
Cast >>Michael Jai White (Undercover Brother), Vince Swann (Lionel), Barry Bostwick (The Man), Laila Odom (Chief Honey), Melanie Loren (Unattainable Sistah), Gary Owen (Militant Brother), Affion Crockett (Sarcastic Brother), Brandon Hirsch (Harvard Brother) ...
Director >>Leslie Small
Writer >>Ian Edwards, Stephen Mazur
Producer >>Mike Elliott, Joseph P. Genier, Hal Lieberman
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
"That's me, Undercover Brother. Super fly, super spy and proud agent of the BROTHERHOOD, forever ready to kick ass in pursuit of social justice"
(Reviewed >> 11/7/19:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Solid『Undercover Brother 2』

Undercover Brother / アンダーカバー・ブラザー (2002)』、好きだった。ジェームズ・ブラウンやブーツィー・コリンズやビリー・ディ・ウィリアムスという本当にカッコいい人たちを引っ張りだして、パロディを本格的に仕上げたことも上手さの一つだった。なんといっても、後に『12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)』にてアカデミー脚色賞を受賞したジョン・リドリーが、エッジのきいたコメディの世界観を創り出している。その続編。前作ではコメディアンのエディ・グリフィンが主役のアンダーカバー・ブラザーを演じていたが、今回はアクションスターのマイケル・ジェイ・ホワイト。監督もマルコム・D・リーから、レスリー・スモールに変更となっている。ちなみに前作から引き続き出演している人は居ない。

2003年、前作で描かれた任務を終えて、アンダーカバー・ブラザー(マイケル・ジェイ・ホワイト)は、フッドに戻ってきた。そこで、アンダーカバー・ブラザーは弟のライオネル(ヴィンス・スワン)が、犬のトリマーになっていたことを知る。ライオネルは、アンダーカバー・ブラザーのように「ブ・ラ・ザ・−・フ・ッ・ド」でシークレットエージェントになることを夢見て、トレーニングするが上手くいかず兄に一蹴される。アンダーカバー・ブラザーが任務で乗り込んだところで包囲され、アンダーカバー・ブラザーは絶体絶命の危機に陥るが、ライオネルが踏み込んできて... それから16年が経ち2019年に...

ってね、意外とちゃんと『アンダーカバー・ブラザー』なんですよ。プロットにはまだ出てきていませんが、ザ・マンとその息子も登場します。まあでも、DVDのジャケとかから想像するにチープな感じするでしょ?そのチープさは拭いされていない。私ですら、この映画に出た人で知っているのは、マイケル・ジェイ・ホワイトとアフィオン・クロケットとゲイリー・オーウェンスくらいですもの。あ、でも監督と脚本家の1人は知っております。監督のレスリー・スモールは、スタンダップコメディライブの監督で有名。スタンダップコメディライブだったら、レスリー・スモールかスタン・レイサンですね。『アンダーカバー・ブラザー』絡みで書けば、エディ・グリフィンの『Eddie Griffin : Freedom of Speech / 日本未公開 (2008)』もレスリー・スモール。でもこういう長編作品の監督のイメージはない。そして脚本家の1人、イアン・エドワーズはスタンダップコメディアン。何度か見たことある。セリフとかは、今回もアンダーカバー・ブラザーぽい。フッドで人気だったクラブが、コーヒーショップになってしまっているのは、何となく前作の設定を引きずっていて面白かった。ライオネルも、今風になっていて面白い。でも、ピリっとするような風刺とか時事とか無かった。そしてぇーーーーーーーーー、マイケル・ジェイ・ホワイトが主役ならば、『Black Dynamite / 日本未公開 (2009)』の続編が観たかった。こちらはアクションも少な目だし、ネタバレになるのでプロットには書かなかったけれど、マイケル・ジェイ・ホワイトにその設定はあり得ない!っていうくらい、勿体ない使い方をしている。マイケル・ジェイ・ホワイトの個性殺してしまった。というか、やっぱりマイケル・ジェイ・ホワイトは知名度あるからギャラ高かったんだろうね。ライオネル役で話を動かしたいという魂胆が見えてしまった。前作の車のシーンのようなのが無いんだよね。あの「Give Up The Funk」を聴きながらキャデラックを運転していて、飛び出してきた車を避けようとドリフト繰り返し、片手で持っている着色料たっぷりのオレンジソーダをこぼさないあのシーン。で、決め台詞に「Ain't no thing」ですよ。ああいう最高のシーンがこの映画には無い。

主役も監督も制作者も全て変えた続編。だったら普通にマイケル・ジェイ・ホワイトのアクションが観たかった!と、思うのは私だけじゃないと思う。ない訳じゃないんだけど、物足りない。マイケル・ジェイ・ホワイト映画としても、アンダーカバー・ブラザー映画としても...

 トリビア
マルコム・D・リー監督&エディ・グリフィン主演の『アンダーカバー・ブラザー』の続編を、なぜかアクション俳優マイケル・ジェイ・ホワイトが引き継いだ続編。監督のレスリー・スモールは、スタンダップコメディライブの監督として知られている。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
https://www.imdb.com/title/tt6843446/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available

Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2019-11-14
>> HOME