2411
Cast >>Lawrence Cook (Dan Freeman), Paula Kelly (Dahomey), Janet League (Joy), J. A. Preston (Dawson), Paul Butler (Do-Daddy Dean), Don Blakley (Stud Davis), David Lemieux (Pretty Willie) ....
Director >>Ivan Dixon
Writer >>Sam Greenlee (also novel), Melvin Clay
Producer >>Ivan Dixon, Sam Greenlee
Genre >>Action
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>3 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
見えない人間

選挙の黒人票集めの為に、CIA(中央情報局)が初めて黒人を雇う事になった。多くの精鋭が集まってきたが、選ばれたのがダン・フリーマン(ローレンス・クック)のたった1人だった。優秀な成績で、CIAに入ったのにも関わらず、重要な仕事をさせてもらえずに、いつも雑務ばかりだった。CIAの態度にうんざりしたダンは、CIAで学んだ技術を使って、黒人組織「ブラック・コブラ」を地元シカゴで結成するが...

全てが上手く出来ている。元々、人気小説の映画化だが、物語や台詞だけなく、主人公の名前やタイトルまで意味があるように思える。主人公の名前「フリーマン」は、奴隷から解放された黒人が好んだ名前だし、タイトルの「Spook」は、主人公のCIAでの立場をよく反映している。お化け(Spook)のように、見えない人間。存在を認められていない、主人公の立場がよく分かる。そして、この物語を監督のアイヴァン・ディクソンは、見事に映像化しているように思えた。CIAの真っ白で無機質な空間である廊下で、真っ黒のスーツを着ている主人公。それだけで、息苦しさを感じる。そして、暴動のシーンも人々の表情が動的で印象に残る。当時の殺気を感じる。

また、アーミーの指揮官のブラックフェイス(黒塗り)にして、麻薬漬けにし、呆気ない最後は意味深い。

ラストの主人公の台詞も意味深い。

見えない人間(Spook)だった主人公が、最後に自由人(Freeman)になれたかどうか、みんなの目で確かめて欲しい。
(Reviewed >> 6/25/06:DVDにて観賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
ベストセラーとなったサム・グリーンリーの小説を「野獣戦争/Trouble Man」のアイヴァン・ディクソンが映画化。ディクソンは、シドニー・ポワチエの共演俳優としても知られている。ちなみに売れる前はポワチエの「手錠のまゝの脱獄 」等のスタントをしている。
サウンドトラックは、ハービー・ハンコックが担当している。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Revolution
2. The Spook Who Sat by the Door (Reprise)
3. Revenge
4. At the Lounge
5. Training Day
6. The Stick Up
7. Main Theme
8. Underground
9. The Sppok Who Sat by the Door
10. The Big Rip Off
12. The Pick Up
13. It Begins
14. Dialog (The Plan/CIA Spook/Best of the Best/Step Outside/Junkie/Man & Machine/Bad Move/I'm Black/Network)

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0070726/
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Spook_Who_Sat_By_The_Door
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book

Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2006-08-08
>> HOME