1229
Cast >>Harry Belafonte
Director >>Susanne Rostock
Writer >>Susanne Rostock
Producer >>Gina Belafonte, Jim Brown, Michael Cohl, William Eigen, Julius R. Nasso
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>N/A 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
The theater was a place of social truth
ハーレムに生まれ、ジャマイカで育った稀代のエンターテイナーであるハリー・ベラフォンテ。彼の歴史とアメリカや世界の歴史を追うドキュメンタリー。

1927年にハーレムで生まれたハリー・ベラフォンテ。ジャマイカ人の母とマルティニークの父を持ったベラフォンテは、どことなくエキゾチックでハンサムなルックスだった。たまたま見に行った演劇に惹かれて、舞台に立つようになり、ベラフォンテのトレードマークともなった歌声は、その舞台で発見された。最初はジャズを歌わせられていたが、どうも自分でもしっくりいかないと思っていたところに出会ったのが、レッドベリーの曲だったという。そこで歌の勉強をし始めた時に出会ったのが、ポール・ロブソン。このロブソンの存在が無かったら、ベラフォンテは今のような活動家になっていただろうか?しかしこのロブソンとの関係が、ベラフォンテを苦しめる時もあった。しかし彼はそれを後悔などしていないし、寧ろ誇りに思っている。ベラフォンテが居なかったら、ウィ・アー・ザ・ワールドも無かった。今のように芸能人が慈善活動に積極的になったのも、このベラフォンテありきだと感じた。彼の歩んだ時代が彼を作り、そして彼が生きてきた時代が彼を欲したと感じる。

ベラフォンテは、85歳となった今でも現役の活動歩兵である。エンターテイナーとして彼の信念を歌い演じ、そして活動家として世界中を駆け巡った、彼が戦った記録の全てがここにはある。尊敬という言葉しか浮かばない。
(Reviewed >> 8/13/12:DVDにて鑑賞)

 100本映画
ハリー・ベラフォンテと言えば、バナナ・ボートですか?野茂英雄がメジャーリーグに行った時に替え歌された曲なので、日本人にも馴染みが非常にある。でも私的には「Carmen Jones / カルメン (1954)」のハリー・ベラフォンテですね!「カルメン」のベラフォンテは、この世の物と思えない程に美しい。あの美しさに負けないのは、やっぱり当時はドロシー・ダンドリッジでしたね。やっぱり美男美女がスクリーンで恋に落ちると、こちらもドキドキ・ワクワクするもんですよ!!残念なのが歌える二人なのに、歌が吹き替えだった事かな。


後はシドニー・ポワチエの親友ね。面白いことに2人ともに西インド諸島に馴染みが深いというか、故郷は西インド諸島と言ってもいいのに、生まれは2人ともにアメリカ。ポワチエはたまたまフロリダで生まれ、ベラフォンテはハーレム。でもポワチエはバハマで育ち、ベラフォンテも幼少の頃はお母さんの故郷のジャマイカに渡り、そっちで育った。同じ時代に主演男優として活躍した2人は、本当に仲良いよね。ポワチエの自伝本にも、随所にベラフォンテが出てくる。なのでこのドキュメンタリーでも、ポワチエがベラフォンテについて語ってます。その語り口がこれまた長年の親友らしくて、良い!公民権運動家としても活躍したベラフォンテは、ミシシッピーで活動家3人が殺された時に、お金をミシシッピーまで運ばなくてはならなかった。ベラフォンテはすぐにポワチエに電話する。でも詳細は伝えない。「週末暇?」と、友達を飲みに誘うかのような電話をした。ポワチエは「暇だけど」と答えると、ベラフォンテは「じゃあ、一緒にミシシッピーに行って欲しい」と頼んだ。ポワチエは「今回は行くけど、お前もう2度と電話するなよ!」と返したという。ベラフォンテはやり手だよね。ベラフォンテがTV界で人種融合を目指したという部分は、本当に面白かった。


そしてベラフォンテは、ポール・ロブソンの弟分。カリプソを世界に広めたベラフォンテだったけど、最初の頃はジャズを歌わされたらしい。でも違うと思ってた。そんな時にとあるクラブでレッドベリーを観て、フォークに心酔する。ベラフォンテの映画でレッドベリーの話が聞けるとは思わず、びっくりした。それで音楽について色々と調べていた時にポール・ロブソンにたどり着いた。それでロブソンがベラフォンテのステージを見に行って、親交が始まったらしい。まあでもそのロブソンとの親交が、ベラフォンテも赤狩りの被害を受けた訳だけど、でももちろんベラフォンテは後悔などしてない様子。寧ろ誇りに思ってるんじゃないかな。そんなベラフォンテは今でも活動を怠らない。先日も、エンターテイメントの現在のパワーカップルであるジェイZとビヨンセが、社会的な活動をしてない事に「2人にはがっかり」と苦言ビヨンセ、慌てたのか次の日には白々しく国連大使として頑張ってますよーってアピールしてましたよね。まあでもやっぱり、ハリー・ベラフォンテが50年以上も活動家として活躍してなかったら、ビヨンセだってビビらなかっただろうね。ベラフォンテの言葉には重みがある。語り口が素晴らしい。名言が沢山ある。


ベラフォンテが居なかったら?ワシントン大行進はあっただろうか?あのウィ・アー・ザ・ワールドは生まれただろうか?ブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーみたいな活動家カップルが居ただろうか?ハリー・ベラフォンテが居なかったら… 考えただけでも恐ろしい。確実に世界をちょっと良くした人。

 トリビア
歌手であり俳優であり、そして公民権運動の運動家でもあったハリー・ベラフォランテを追うドキュメンタリー映画。サンダンス映画祭でプレミア公開され、ベルリン映画祭でも公開予定。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2011 Won Best Movie of the Year (Documentary)

 サウンドトラック
1. Mark Twain
2. Sylvie
3. Mama Look A Boo Boo
4. Scarlet Ribbons (For Her Hair)
5. Cocoanut Woman
6. Banana Boat Song (Day-O)
7. Island In The Sun (From "Island In The Sun")
8. Jump Down, Spin Around
9. Man Smart (Woman Smarter)
10. Jamaica Farewell
11. Matilda
12. My Angel (Malaika)
13. Jump In The Line
14. A Hole In The Bucket
15. Turn The World Around
16. Can't Cross Over (River Come Down)

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1787797/
http://en.wikipedia.org/wiki/Sing_Your_Song
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2011-03-07
>> HOME