1500
Cast >>Alassane Sy (Djibril), Sky Nicole Grey (Trini), Danai Gurira (Sisi), Mohamed Dione (Pesher), Anthony Okungbowa (Bekay), Osas Ighodaro (Adinike) ...
Director >>Andrew Dosunmu
Writer >>Eugene M. Gussenhoven
Producer >>Katie Mustard, Matthew Parker
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>4 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"The Only path I know is music"
ジブリル(Alassane Sy)はセネガルのダカールから移民としてニューヨークにやってきた21歳の若者。露天で違法CD売りをし、他のアフリカからの移民の男達と一緒に狭いハーレムのアパートで大勢で暮らしミュージシャンになる事を夢みている。NYに来て4年が経つが未だに彼女も居ないし、ミュージシャンとしても芽が出なかった。そんなある日、違法CDを卸しているハスラーのビーケー(Anthony Okungbowa)の女の一人であるトリニ(スカイ・ニコール・グレイ)と出会う。2人は恋に落ちるが、ビーケーから離れようとするトリニ、そしてデモ制作の為にビーケーからお金を借りてしまったジブリルはトラブルに巻き込まれていく…

ニューヨークのハーレムを舞台にしたアフリカからの移民たちの物語。ビーケーを演じた俳優は「たまたまアフリカからの移民としただけで、どこの国の人が移民としてやってきても同じじゃないかな」って答えていた。確かに似たことはあると思う。この映画でも国は違うかもしれないけれど、アフリカ人同士が固まっている。主人公はセネガル出身の設定だが、監督はナイジェリア出身。冒頭の言葉もナイジェリアの子供向け作家の言葉だし、音楽もナイジェリアが多い。アメリカが舞台なのに、アメリカ人はこの物語に絡んでこない。雇用する側もアフリカ人。助ける人もアフリカ人。彼女だってアフリカ人。男が集まってやるのはサッカー。アメリカ人だったらバスケットかフットボールだろう。だから余計にこの物語の主人公達が人種のサラダボールと言われているNYで、どれだけ孤独か分かる。彼らがやってきた理由は成功するという事だけ。アメリカの文化とか様式なんてどうだっていいのだ。
そして今までも同じような映画があったけれど、確実に違うのがオシャレという事。主人公の服装やらセットデザインもオシャレ。その監督のオシャレ感覚にピッタリとあったのが、撮影技師ブラッドフォード・ヤングのカメラ。とても美しい。

淡々と起承転結もなく進んでいくストーリー。たった最後の10分間だけが、ストーリーテラーとなる。しかし監督アンドリュー・ドスンムのオシャレ感と、ブラッドフォード・ヤングのカメラは今までに見たことないような美しいハーレムと寂しいニューヨークを表現している。
(Reviewed >> 1/4/13:DVDにて鑑賞)

 100本映画
ナイジェリア出身のアンドリュー・ドスンムが監督作品が今年の映画初め。

今年の11月位から映画館ではずっと2時間以上の映画を見せられているので、この1時間20分というのにもちょっと喜ぶ。それくらいがちょうど良いよ。しかしこの映画、起承転結とか無視!1時間位はあんまり何も起きない。所謂小波が続くのです。でもその小波の1時間で、主人公がセネガルのダカール出身の21歳でミュージシャンを目指している事はよーく分かった。そして舞台はニューヨークのハーレム。違法CDの露店をやっている。日本人も来るらしい。4年居るけど彼女は居ない。露店の元締めの女を好きになってしまう。彼女もアフリカからの移民。アフリカからの移民同士がまとまっている。最後の20分位で突然話が起承転結していきます!凄いスピードで!!でも飽きないね。アンドリュー・ドスンムはイヴ・サンローランでアシスタントデザイナーやっていたらしいので、主人公達の衣装が可愛い。そして撮影技師のブラッドフォード・ヤングの映像が最高に好き。

ニューヨークを舞台にしたアフリカからの移民の話で「Prince of Broadway / 日本未公開 (2008)」があるけど、あっちは色んな移民が絡み合ってたけど、このドスンムのはもうアフリカからの移民だけという凄く狭い範囲。男達が集まると、サッカーやるんだよね。アメリカ人が混じると、さすがにサッカーは無理。バスケットかフットボールになるもんね。アメリカの黒人にサッカーやろう!とか言ったら、「はあ?」ってなるね。

物語は唐突なんだけど、ちょっと在り来たり。これはドスンムのオシャレ感とブラッドフォード・ヤングの映像の美しさを楽しむ映画。もちろん脚本がもうちょっと良かったら、凄く話題になったであろう作品。ブラッドフォード・ヤングは「Pariah / 日本未公開 (2011)」とかも撮っていて、去年話題になった「Middle of Nowhere / 日本未公開 (2012)」も撮っている。私、かなり期待しております!いずれアーネスト・ディッカーソンみたいに撮影技師から監督にならないかなーという期待もしている。とにかく彼が取る作品は光の入れ方が美しく印象的。癖になる。そしてIMDBにもクレジットされてないのだけど、私は見つけましたよ、エンドのクレジットで!アーサー・ジャファの名前を!セカンドユニットで担当していたみたい。アーサー・ジャファも有名な撮影技師。「Daughters of the Dust / 自由への旅立ち (1991)」とか「Crooklyn / クルックリン (1994)」撮ってた人ね。アーネスト・ディッカーソンのせいで、割りと撮影技師マニアなの、私。

所でアンドリュー・ドスンムが松葉杖をつきながら撮影していたのが気になった。で、彼が使った音楽で、ナイジェリアの曲で「Kokoro」とか「Sakura」なんていう日本語なのも気になった。そして日本人の人達も台詞ないのにクレジットされていたり。色々と気になった。親日なのかしら?

主人公が好きになっちゃう女の子が可愛かった。彼女はアフリカからの移民の設定な筈だけど、本人はジャマイカからの移民らしい。ジャマイカの作品「Better Mus Come / 日本未公開 (2010)」にも出演していた。

変な癖があるんだけど、それが逆に癖になるような感じ。このアンドリュー・ドスンムとブラッドフォード・ヤングのコンビでまた観てみたい。違う脚本でね。

 トリビア
イヴ・サンローランのアシスタントデザイナーとしてキャリアを積み、写真家でもありミュージックビデオを監督でもあるナイジェリア出身のアンドリュー・ドスンムが監督したニューヨークに移民したアフリカ人の物語。
サンダンス映画祭の「NEXT (<=>)」にて公開される。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1545464/
http://en.wikipedia.org/wiki/Restless_City
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

Last Modified: 2010-12-27
>> HOME