1976
Cast >>Robert Judd (Ted Turner), Catherine Peppers (Mrs. Turner), Lela Small (Grandma Turner), Yvonne Ross (Corrie Turner), Reggie Rock Bythewood (Floyd Turner), Ramon Saunders (Val Turner), Queenie Endelson (Dog) ...
Director >>Robert A. Endelson
Writer >>Straw Weisman
Producer >>Robert A. Endelson, William Mishkin
Genre >>Crime
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
The measure of a man is dignity.
白人のケイン(ウィリアム・サンダーソン)、ヒスパニックのチノ、中国人のリンの3人は刑務所から輸送中に、NYの町で故意の事故に遭い脱走した。3人は看守から奪った銃で車を奪い、そして強盗と殺人を繰り返して、アメリカから出る為に北へ向かった。小さな町で強盗の為に入った酒屋で、黒人の若い女の子コリー・ターナー(イヴォンヌ・ロス)を見つけ、彼らはコリーを人質にターナー家に向かうのだった。そこには車椅子のお婆ちゃん(レラ・スモール)、お母さん(キャサリン・ペッパーズ)、弟のフロイド(レジー・ロック・バイスウッド)が居た。そして牧師のお父さんテッド(ロバート・ジャッド)が帰ってきた。ターナー家の戦いが始まるのだった...

イギリスやスウェーデンでは、余りの内容の際どさに上映禁止となっている。しかしわが国日本では上映されている。イギリスやスウェーデンでは、その内容とケインの言葉が検閲に引っかかった。ケインは映画史上最悪の差別男である。16歳で初めて刑務所に入って以来、彼は全てを他人のせいにして生きている。両親と恋人からの裏切り。それらが彼を差別者に仕立てあげた。しかしこの映画の面白さは、そんなケインに対して観客は決して同情なんか出来ないようにさせている点だ。演じたウィリアム・サウンダーソンが見事なまでに最低な男を演じているので、同情する隙など与えない。ケインは犯罪者なのだ。泣き言なんて聞かなくて正解。ケインと戦うことになるのが、黒人家族。牧師の父親は何事もないようになあなあ主義でケインに対抗する。それが余計にケインをイライラさせている。お婆ちゃんと息子はお父さんとは違い負けん気が強く「ブラック・パワー」を口にする。

一見史上最悪なエクスプロイテーション映画だが、実に奥深い人種問題や社会問題を含ませている。まやかしのパワーを道具によって手に入れた男。それに対して威厳だけで立ち向かう男。その男達のラストシーンにて、史上最強のエクスプロイテーションとなったのだった。
(Reviewed >> 09/24/11:DVDにて鑑賞)

 100本映画
これは初夏ごろだったと思うけど、ツイッターのアメリカ在住のフォロワーさんに教えてもらった本の中に紹介されてました。そしてその中で一番見たくなった作品がこれです。

Blaxploitation Cinema: The Essential Reference GuideBlaxploitation Cinema: The Essential Reference Guide
Josiah Howard

Fab Pr
売り上げランキング : 203618

Amazonで詳しく見る


著者はイケメンで、インタビュー記事が面白いです。必見です。買って正解だった。インタビューはブラックスプロイテーションの監督にしてます。でも殆どが白人の映画監督。インタビューを受けた監督の中では「Penitentiary / 日本未公開 (1979)」のジャマー・ファナカと「TNT Jackson / TNTジャクソン (1975)」のシリオ・H・サンティアゴ以外はみんな白人の監督です。という訳でこの映画も白人監督。インタビュー記事を読んでいて引っかかったのが、この監督がこの映画きりでしかもこの映画が上映される前にこの業界を引退してしまったという事。そして「Sweet Sweetback’s Baadasssss Song / スウィート・スウィートバック (1971)」が好きで、メルヴィン・ヴァン・ピープルスが彼のヒーローだと言っている点が気になったのです。あと「Dancing in September / TVショウ/夢と野望の間で (2000)」のレジー・ロック・バイスウッド監督が子役で出演しているのも気になった。彼はもうちょっと後に「The Brother from Another Planet / ブラザー・フロム・アナザー・プラネット (1984)」にもチョイ役で出てますけどね。

と言うわけで、この作品はハンフリー・ボガートも出演している1955年の「必死の逃亡者」の黒人版と言われている。3人の脱獄者が平和で割と裕福な牧師の黒人一家の家に押し入る3人の脱獄者が白人、ヒスパニック、中国人(演じているのは日系人)と様々。白人の男がリーダーで3人は酷い事ばかりしていきます。白人のリーダーを演じたのがウィリアム・サンダーソン。彼の演技があまりに素晴らしすぎて、同情なんか出来ない程です。酷い男を見事に演じきってますね。この彼が演じた役を「映画史上最悪な差別男」と言う人が多い。「The Birth of a Nation / 國民の創生 (1915)」なんて目じゃないと。でも彼のそういう演技が、この映画をより現実的に見せている。そういう緊迫した場面だと、そういう汚い言葉ばかりでしょ?映画みたいに(って映画なんですけど)後からNAACPの攻撃やらが怖くて、正しい英語なんて使わないでしょ?まあこれでもかって位に差別用語を発する。お父さんに奴隷用語とか言わせてるからね。酷いよー、本当に。でもそれだけじゃないのが、この映画の面白さだと思う。この黒人一家のおばあちゃんと息子(これをバイスウッドが演じている)は、ブラックパワーの継承者。サンダーソンにも容赦なく、食いかかっていくのです。このおばあちゃんも、まあ口悪い。いや口悪いというより怖いもの知らず!でもそういう部分が、差別とは昔から戦ってきましたという事で毅然な態度に表れているんだと感じる。

しかしこの3人は女・子供にも容赦なし。映画を超えた映画ですね。今じゃ絶対に出来ないと思う。でも当時でもイギリスとスウェーデンは「ふざけるな!」と?上映禁止。今でもその両国では発禁になっております。でも日本ではなぜか公開。多分差別語の部分がやわらかく訳されてるんだと思います。

で最後ですよ。一家の大黒柱のお父さんが頑張るのですよ。それまでチョイチョイ弱かったお父さんが頑張るのですよ!!監督のインタビューに寄れば、演じたロバート・ジャッドはNG無しでいつもワンテイクだったそう。彼もサンダーソンと同じく名演技を見せています。名演技と言えば、一家の犬の演技も凄いね。クレジット見ると、監督の飼っている犬のようですが...

ちなみにポスターやジャケットで使われているサンダーソンとお父さんが上半身裸で取っ組み合いしているセクシーなシーンは残念ながらありませんので、ご了承の上ご購入くださいな。ボーナス映像も凄いです。予告編があるのですが、白人バージョンと黒人バージョンがある。白人バージョンには白人と黒人のラブシーンは無く、黒人のレイプシーンがある。黒人バージョンには黒人のナレーションでジャイブトーク。「ブラックパワー!」があって、黒人が抵抗しているシーンが多い。そして白人沢山やられる...みたいな。面白いので見比べて欲しい。

ブラックスプロイテーション映画として大正解!な映画です。

 トリビア
囚人達が黒人の説教師の家に立て篭もる。囚人の中でもリーダー格の白人は黒人嫌いだった...
今は監督として活動するレジー・ロック・バイスウッドが出演。
イギリスやスウェーデンでは検閲を受け、今でも発禁となっている。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0076023/
http://en.wikipedia.org/wiki/Fight_for_Your_Life
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25239

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

Last Modified: 2011-08-15
>> HOME