226
Cast >>Lakeith Stanfield (Colin Warner), Nnamdi Asomugha (Carl King), Nestor Carbonell (Bruce Regenstreich), Gbenga Akinnagbe (Sampson), Natalie Paul (Antoinette), Marsha Stephanie Blake (Briana) ...
Director >>Matt Ruskin
Writer >>Matt Ruskin
Producer >>Matt Ruskin, Nnamdi Asomugha, Natalie Galazka
Genre >>Drama
Country >>USA
Release (US) >>08 / 25 / 2017

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"Sometime I feel like it is me"
(Reviewed >> 11/16/17:VODにて鑑賞)

 100本映画
まさかの時の友は真の友『Crown Heights』

アメリカにはこんな酷い裁判が過去幾つもあり、今もある。そして大抵はそれは有色人種に起きる。なんでそうなっちゃうの?というアメリカの司法制度。しかし、とある人気スターがお金と名声を手に入れ、彼らと同じように上手くお金使って司法制度を潜り抜けたら...そこには天国じゃなくて地獄が待っていた。最近やっと解放されたけど...(誰の事か分かりますよね?ニヤリ)。特に、80年代のニューヨークは酷かった。『The Central Park Five / 日本未公開 (2012)』もそうだった。当時の検事が腐りきっていたと書いた方が明確かもしれない。そしてこの映画タイトルにもなっているニューヨークのクラウンハイツでもまた... あ、実話です。

1980年4月。コリン(ラキース・スタンフィールド)はいつものように起床。友人のKC(ナムディ・アソムハ)は彼女と共に起床。2人は資格を取る為に近所の車修理屋で勉強しながら働いていた。そしてコリンは車を盗み、TVを盗んだ。そして近所の気になる女性アントネッテ(ナタリー・ポール)に手を貸し、次の日の約束をした。その直後、コリンはパトカーに囲まれ逮捕された。「なぜマーヴィンを殺したのか?」そう尋問を受けるコリンだったが、まずマーヴィンという男を知らず、全面否定したコリン。しかし目撃者がコリンを見たと証言。無実なので司法取引をしなかったコリン。刑務所に入り、保釈金も認められなかったが、無実なのですぐに出られると思っていた。友人のKCが何とかしようと躍起になるが、21年をそこで過ごすとは思ってもいなかった...

コリンが刑務所生活を過ごす年数が何年かおきに画面に字幕となって出てくるんだけど、それが出る度に「わお!」「わーーお!」「そんな馬鹿な!」と大きなリアクションをしてしまいました。それぐらい、この話はビックリするし辛い。そして怖い。こんな事がまかり通ってしまうなんて。『The Central Park Five』もそうだったけれど、司法と検事がとにかくアホ。「はあ?」ってなりますよ。80年代のニューヨークのは特にアホ!無実なので司法取引しません!と潔白を証明しようとする。なので裁判で争いますよね、でも虚偽の目撃証言とか出てきて(大抵検事と司法取引した信用できない男)、それだけでアウトー!有罪で、初犯なのに終身刑。アホでしょ?まずちゃんと捜査もされていないからね。検事も適当。いや、検事が一番適当!!!とにかく、引っ張り出してきた男を有罪にしてしまいたい。それだけ。去年オスカーにもノミネートされたエヴァ・デュヴァネイ監督の『13th / 13th −憲法修正第13条− (2016) (VOD)』でも、司法制度と監獄システムは名前を変えただけの奴隷制度だって描かれておりましたよね。そういう事なのです。

そんなコリンだったけれど、みんなと違ったのは、KCという友人が居た事。もうね、こんな友人欲しくなる!21年もかかってしまったけれど、でも無実を証明できたのはKCのお陰。KCは、コリンの為に躍起になっている時に、裁判手続きをするという仕事を知る。すぐにテストを受けて合格。KCは一生懸命すぎで色々と犠牲にした事も多い。そんなコリンとKCは互いを「brethren」と呼び合う。2人はトリニダードからの移民で、しかもトリニダードに居た5歳からの知り合い。「brethren」って聞きなれない言葉なので、トリニダード独特の言葉なのかと思ったら、古い英語でBrotherの意味だった。恐らく血のつながった兄弟よりも兄弟。

この話自体にも凄く驚いたけれど、私は刑務所内で結婚したコリンが新妻と刑務所内で...に一番びっくりした!刑務所内での面会とかって体に触れる事すら許されないと思っていたし、『Brothers / 日本未公開 (1977)』にそういう描写があったので。あれは刑務所的な粋な計らいだったのかな?そんな所に計らいは要らない!ちゃんとした司法制度作って!っていう方がまず先かと。

ラキース・スタンフィールドもナムディ・アソムハもナタリー・ポールも素晴らしかった。ラキース・スタンフィールドって、前から書いているように元々がどうも母性本能をくすぐる人なので、見ているだけでコリンを助けたいなって思ってしまったし、物語をより過酷に見せていた。ナムディ・アソムハは頼れる友達だけど、そんな友達もやっぱり犠牲にしている物が沢山ある。アソムハはスピリット・アワードで助演男優賞にノミネートされてますね。発表では如何に!それにしても、『The Hip Hop Project / 日本未公開 (2006)』のマット・ラスキン監督がこのようなドラマ作品を撮るようになるとは!

あ、ちなみに後日談として、コリンはニューヨークから賠償金2.7ミリオンドルを手に入れております。もうニューヨークにはこりごり?なのか、現在はアトランタ在住。KCは、今もニューヨークに住み、コリンのように冤罪で刑務所に入っている人々を助ける団体で頑張っております!!(あー、良かった。この後日談に滅茶苦茶救われる)今日の写真は、ご本人のコリン・ワーナーとKC、そしてその2人を演じたラキース・スタンフィールドとナムディ・アソムハです(向かって左からナムディ、KC、コリン、ラキース)。

 トリビア
1980年にNYで実際に起きた事件を映画化。やってもいない殺人で21年間も刑務所暮らしをする羽目になったコリン・ワーナー役を、アメリカ版『デスノート』でL役を演じるラキース・スタンフィールドが演じる。そのコリンの無実を信じ、証明しようとする友人カール・キング役には、元NFL選手で女優ケリー・ワシントンの夫であるナムディ・アソムハ。アソムハは制作者としても参加。『The Hip Hop Project』のマット・ラスキン監督。
2017年サンダンス映画祭の「U.S. Dramatic」に出展。ドラマ部門観客賞を受賞!(1/28/2017)
アマゾンが映画配給権利を獲得し、ストリーミングだけではなく、劇場公開も予定しているとの事。(1/27/2017)

 その他

 受賞歴
* Sundance Film Festival
2017 Won Audience Award Dramatic

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt3268340/
https://en.wikipedia.org/wiki/Crown_Heights_(film)
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

Last Modified: 2017-01-25
>> HOME