1749
Cast >>Marion Barry Jr., Jeff Baxter, Eric Bias, James Bias, Jay Bias, Len Bias, Lonise Bias, Michelle Bias, Kevin Blackistone, James Brown ...
Director >>Kirk Fraser
Writer >>Kirk Fraser
Producer >>Laura Coxson, Mark Durand, Bradley Kaplan
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>N/A 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
There is no if in history, but if he were in NBA...
大学のオールアメリカンとしてパトリック・ユーイングやデビット・ロビンソンと戦い、そしてNCAAのトーナメントではあのマイケル・ジョーダンとも戦っていたのが、レン・バイアス。彼は1986年のドラフトで当時チャンピオンだったボストン・セルティックスに2位指名を受けた。しかしその2日後、彼は急死してしまう...

この1986年のドラフトは凄かった。ロン・ハーパーが8位、あのデニス・ロドマンが1週目の27位指名、クロアチアのドラゼン・ペトロビッチが60位、前年度はパトリック・ユーイング、その前の1984年がマイケル・ジョーダンだった。NBAにとっては全盛期。その中でもジョーダンのライバルとして現れたのが、このレン・バイアスだった。中学の頃にはバスケットボールのチームからクビにされるほどダメな選手だったが、高校に入ってから才能が開花。大学はバイアスの父がレンの弟や妹達が兄の大学の雰囲気が感じられる良い環境という事で実家に近いメリーランド大学に進む。素晴らしい活躍を見せるが、今になってみればこれが彼にとっての悲劇の始まりだったのかもしれない。しかし大学ではフットボール選手に混じって体格を改善し作り上げていった。努力は人一倍していた。しかしキャンパス外でも昔からの友人と会えた。その一人がブライアン・トリブル。ドラフトから帰ってきて、彼らは大学の寮でトリブルが持っていたコカインをやり始めた。そのコカインで彼は急死してしまう。そこに至るまで、そして悲劇の後の悲劇をカーク・フレイザー監督は克明に追っていく。

レン・バイアスの人柄から、コカインの怖さまで、こちらが深くのめり込んでしまうほどに生々しく迫ってくるドキュメンタリーは中々ない。
(Reviewed >> 8/19/11:DVDにて鑑賞)

 100本映画
こういう物語には私、弱いわけで... 「ER」のベントン先生が監督した「Rebound: The Legend of Earl ’The Goat’ Manigault / リバウンド (1996)」にも似ているストーリー。でもこちらは、最近凝ってみているESPNが制作のドキュメンタリーの1つ。しかも監督がBETの「American Gangster」の監督。デンゼルのあの映画じゃなくて、テレビのドキュメンタリー番組ね。まあデンゼルがあの映画で演じたフランク・ルーカスとかも取り上げられてましたが、有名なギャングを取り上げて紹介する番組。あのヴィング・レイムスのオジキがあの太い声でナレーションしているのですが、麻薬などの「黒い交際」をめぐる事情がとーーーってもダークで入り込んでしまうドキュメンタリーです。その監督が取ったので、こちらもとっても入り込んでしまいました。

レン・バイアスというバスケットボール選手を追うドキュメンタリー。レン・バイアスはマイケル・ジョーダンとかパトリック・ユーイングやデビット・ロビンソンというスーパースターだらけだったバスケットの黄金期に存在した。大学時代にはノースカロライナ大学時代のマイケル・ジョーダンとも対戦している。その頃にはマイケルかレン・バイアスか?とまで言われた人物。でもよっぽどのバスケットボールファンでないと、日本ではこのレン・バイアスという名前を知る人は少ないと思う。確かに大学で活躍してもNBAで全く活躍しない選手は沢山居る。あの神とまで言われたマイケル・ジョーダンだって、ドラフト1位じゃない。マイケル・ジョーダンよりも上位でピックされた選手はあまりNBAでは活躍せずに終わっている。でもこのレン・バイアスはNBAでは確実に活躍していた筈であった。夫にレン・バイアスを覚えているか聞いてみたら、「当たり前じゃん!」と言われた。夫曰く「丁度いい時に丁度いいチームにピックされたんだよね。あの当時のボストン・セルティックスはチャンピオンで、ラリー・バードとかロバート・パリッシュが居たけど、30代で少し年を取ってきた時期だからね、若いレン・バイアスが入ってチームは活性化されるし、バイアスにとってもベテランのバードなどから教えて貰えただろうし」と。なるほどである。ちなみに同じ年のドラフトにはロン・ハーパーが8位、デニス・ロドマンが27位。このレン・バイアスは2位でボストンに指名されていた。



ではなぜ我々はこのレン・バイアスを全く知らないのか?それは、ドラフトが終了した2日後にオーバードーズで亡くなったからである。オーバードーズというと、麻薬中毒だったと思われるかもしれない。所が違う。たった一回の火遊びが、彼の命を奪ったのです。私的にはオーバードーズ=麻薬とズブズブだと思っていたのです。ちなみに上であげたベントン先生の映画でドン・チードルが演じていたバスケ選手は中毒。でも彼はオーバードーズで死ぬことは無かった。麻薬の怖さを改めて知らされましたね。ちなみに彼が一回やったのがコカイン。コカインとモルトビール(安いビール)をやっていた。彼の葬式には、マイケル・ジョーダンも彼の家族に花を送ったらしい。

このレン・バイアス、生まれながらにバスケの才能があった訳じゃないらしい。中学時代にはバスケチームからクビになってしまう程だった。でも高校に入ってコーチが代わって、才能が開花。大学は地元のメリーランド大学に進む。それは父親の希望でレンの下に居る弟や妹にとって大学という所を身近に感じて欲しいからという理由で地元に決めた。大学でも努力して、シーズンオフの時には体作りの為に、フットボールチームの練習に参加していたそうである。でも地元だった事が逆にこの悲劇を生んでしまったのかもしれない。昔からの友達ブライアン・トリブルがコカインをあの日持っていたからである。

我々が知らないレン・バイアスという選手を知るのにもいいドキュメンタリーだが、アメリカの80年代のあの麻薬狂騒時代の恐ろしさを知るのにもいいドキュメンタリー。悲劇はこれでもか!という位に恐ろしい程に迫ってくる。当事者から家族から当時バイアスの居たDCエリアの若手記者で今は人気スポーツキャスターのマイケル・ウィルボーンなどから色々と話を聞いていて、話の進め方も上手いし忠実に核心に迫っている。それはタイトル通り。文字通り、バイアスの名前である「バイアスなしで」という意味と、Biasの意味である「先入観や偏見なしに」この悲劇を追っている。このドキュメンタリーと、上でもあげた「Rebound: The Legend of Earl ’The Goat’ Manigault / リバウンド (1996)」を合わせて見てもらいたい。ドン・チードルとフォレスト・ウィッテカーが共演している佳作。

 トリビア
ESPNが製作の「30 for 30」スポーツショートドキュメンタリーの1作品。NBAドラフトの二日後に麻薬のオーバードウズで亡くなってしまったレン・バイアスについて、数々のBETの番組を手がけるカーク・フレイザーが製作したドキュメンタリー。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1507574/
http://en.wikipedia.org/wiki/30_for_30
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

Last Modified: 2010-03-14
>> HOME