Attack the Lerato, The Guard will Follow to Help!!

The BEST OF SOUL 2011

毎年恒例となった?がんばった人への
私からの迷惑な賞...


2011/1/1-2011/12/31までに米にて劇場ワイド公開
又はTV放映、劇場公開されず(映画祭のみ)でDVD等で発売された中から選んでみました。
見てない作品もあるので、何とも言えないんですが...(毎年恒例の言い訳です)


Best Male Performance of the Year
Laurence Fishburne
>> Thurgood / 日本未公開 (TV)

サーグッド・マーシャルにはお会いした事がありませんが、たぶんこうだったんだろうなーという説得力感が凄い。さすが。


Best Female Performance of the Year
Salli Richardson-Whitfield
>> I Will Follow / 日本未公開

エヴァ・デュヴルネが描きたい女性像を見事に綺麗に表現していた。素敵な女優になった。


Best Male Supporting Performance of the Year
Don Cheadle
>> The Guard / ザ・ガード ~西部の相棒~

とんでもない主人公に、淡々と付き合っていたのが面白かった。ドン・チードルは主役でも助演でも光る素晴らしさを持ってる俳優。


Best Female Supporting Performance of the Year
Octavia Spencer
>> The Help / ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

文句のつけようがない程に完璧。


Best Director of the Year
Ava DuVernay
>> I Will Follow / 日本未公開

これからが楽しみな女流監督が久々に登場したな!って思わせてくれた。


MVP
None
>> None

今年は飛びぬけてがんばった人が居ないので、該当者なしで。


Best Newcomer of the Year
John Boyega (Actor)
>> Attack the Block / アタック・ザ・ブロック

顔はデンゼル・ワシントンにそっくり。これから頑張れば、演技力もデンゼル・ワシントンにそっくり!となるような気がしたので。


Best Independence Film of the Year
同性愛になやむティーンを、ものすごく繊細に描いていた秀作!

私の感想はこちら



Best Movie of the Year (Drama)

今までとは違った角度でルワンダ残虐が描かれているのが気に入りました。

私の感想はこちら



Best Movie of the Year (Comedy/Musical)

逃げるんじゃなくて、やっつけちゃおう!っていう男気に惚れました。しかもイギリスが作るなんていう意外性も面白かった。

私の感想はこちら



Best Movie of the Year (Documentary)

ハリー・ベラフォンテの人道的な男の熱さと懐の深さを実感。やっぱりすごい人でした!

私の感想はこちら

次点は、「Beats Rhymes & Life: The Travels of a Tribe Called Quest / ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~」。



映画秘宝 ベスト10&とほほ映画

ベスト10
A Screaming Man / 終わりなき叫び
Attack the Block / アタック・ザ・ブロック
Viva Riva! / 日本未公開
I Will Follow / 日本未公開
Submarine / サブマリン
The Help / ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Bridesmaids / ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
Beats Rhymes & Life: The Travels of a Tribe Called Quest / ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~
Paul / 宇宙人ポール
Shaolin / 新少林寺/SHAOLIN

とほほ
Conan the Barbarian / コナン・ザ・バーバリアン
Dance Fu / 日本未公開
Green Lantern / グリーン・ランタン

<ベストガイ> ユースフ・ジャオロA Screaming Man / 終わりなき叫び
<ベストガール> オクタビア・スペンサーThe Help / ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
<ベストシーン> 『Viva Riva! / 日本未公開』の格子越しのラブシーン
<死んでほしい奴>WNBA選手で日本を侮辱した選手


2011年総まとめ

2011年は、ブラックムービーの基本に戻って、インディ系の映画が素晴らしかった。エヴァ・デュヴルネの「I Will Follow」、そしてディー・リースの「Pariah」、アリック・ブラウンの「キニアルワンダ」等、とても充実していた。 しかもエヴァ・デュヴァルネやディー・リースという女流監督の活躍も著しいものがあり、非常に今後が楽しみとなる年であった。
そして、ハリー・ベラフォンテの「Sing Your Song」、ア・トライブ・コールド・クエストの「Beats Rhymes & Life」、 VH1で放送した「Planet Rock: The Story of Hip-Hop and the Crack Generation」などの音楽ドキュメンタリーが非常に充実していた。
その分?コメディアンが活躍するようなコメディ映画がイマイチでした。


2011年作品で見た作品(以下の作品から選出しました)

Abduction, The Adjustment Bureau, Attack the Block, Battle: Los Angeles, Beats Rhymes & Life, Big Mommas: Like Father ..., The Black Mamba, The Black Power Mixtape, Bridesmaids, Blue Valentine, Colombiana, Conan the Barbarian, Contagion, Corman's World, Dance Fu, Dysfunctional Friends, Everything Must Go, Fast Five, Footloose, Green Lantern, The Guard, The Heart Specialist, The Help, Horrible Bosses, The Hangover Part II, I Will Follow, Joy Road, Jumping The Broom, Kinyarwanda, Larry Crowne, The Mortician, A Mother's Love, Never Back Down 2, On Shoulders of Giants, Pariah, Paul, Planet Rock: Story of Hip-Hop and ..., Real Steel, Shaolin, Shiiku, Sing Your Song, The Sitter, The Sunset Limited, Super 8, Tactical For, Taken from Me, Things Fall Apart, 30 Minutes or Less, Thurgood, Tower Heist, The Tree of Life, Tupac : The Lost Prison Tapes, Video Girl, We The Party, X-Men: First Class


Last modified 12/13/11

>> Home