899
Timmie Rogers (ティミー・ロジャース)

職業 >>役者, コメディアン, ダンサー, ミュージシャン,
生年月日 >>07月04日1915年
出生地 >>Detroit, Michigan, USA
忌日 >>12/17/2006 (享年 91 歳)
配偶者/パートナー >>Barbara (? - 17 December 2006) (his death)
子供 >>2 children

 熱き思い
映画ではほんの少ししか見れないのが残念です。もっともっと見たかった。もっと見れたらもっと有名になっていたでしょうね。

 バイオ
1915年デトロイトで生まれたティミー・ロジャース。父は奴隷の息子で、12歳の時に逃げ出して、船での皿洗いをしていた。言葉もそこで覚えたので、他の国の言葉も話せたという。母のリリアンはずる賢い女性で、禁酒時代にウィスキーが家にあったりしたそうだ。その両親が離婚。

ティミーは8歳にして街角でダンスをして小銭を稼ぐようになった。ボールルームの灰皿を取り替える仕事をしながら、ダンスを勉強。1932年の17歳の頃には「ティミー&フレディ」というダンスコンビを組んで成功したが、1944年に解散。

その頃の黒人パフォーマーは襤褸を着て白人観客を笑わせていたが、ロジャースは黒人パフォーマーとして始めてタキシードを着てステージに立ち、黒人差別制度を皮肉った「I've Got a Passport From Georgia」を歌った。舞台のマネージャーは怒っていたが、ロジャースは「寂しくなりますね」とその場を後にしたという。

それでも、ナット・キング・コールの前座を務め、コールには曲も作っている。そして1949年にはオールブラックキャストによるミュージカルバラエティ番組「Sugar Hill Times」にハリー・べラフォンテ等と出演。その頃にはハーレムのアポロシアターに出演。彼の有名なフレーズとなる「Oh, Yeah!」をその頃から始めるようになる。

50年代には当時には珍しく、黒人では中々難しかった、自分のネタをレコードにして販売するようになり、セールスも良く、後の黒人コメディアンのレコードに影響を与えたという。

その頃には人気のジャッキー・グリーソンの番組「Jackie Gleason and His American Scene Magazine」に出演し、お茶の間に顔が知られるようになった。

その後もTV番組のゲスト出演等をし活躍し、90年代の初頭までは毎日クラブのステージに立っていたという。2006年の12月に91歳で他界した。

 トリビア & etc...
* 別ソースでは生年月日が1914年のもある。

 主演作
* "Where I Live" .... Hubert (1 episode, 1993)
* "Martin" .... Audience Member (1 episode, 1993)
* The Five Heartbeats (1991) .... Buddy Lewis
* "227" .... Spencer Anderson (1 episode, 1988)
* "Frank's Place" .... Mason (1 episode, 1987)
* "Good Times" .... Donald (1 episode, 1978)
* Sparkle (1976) .... Comic M.C.
* "Sanford and Son" .... Smiley Rogers (1 episode, 1975)
* "The Melba Moore-Clifton Davis Show" (1972) TV series .... Regular
* "Jackie Gleason and His American Scene Magazine" .... Guest Comedian (3 episodes, 1964-1966)
* "Sugar Hill Times" (1949) TV series .... Regular

 受賞歴

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/name/nm0737237/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
Buy from Amazon.comBuy from Amazon.co.jp

Last Modified: 2010-09-13
>> HOME